スポンサーリンク

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

釣りをする為に必要不可欠な事と言えば。ライン(釣り糸)を結べるようになる事ではないでしょうか?

まず、最初に必要になるのは、ラインとサルカンやスナップなどの金具とを結ぶ作業です。これができれば、ほとんどの釣りを楽しむ事ができます。別の言い方をすれば、これができなければ、釣りをする事ができないような重要な作業です。

初心者がよくやるのが、片結びだけで糸を結んでしまうなど、自己流や適当に結んでしまうやり方です。対象が小さい魚の時は、どうにかなる事がありますが、船釣りや大物を引っ掛けた場合などでは、結び目がほどけたり、糸が切れてしまう可能性は大幅に上がってしまいます。

「せっかくの大物が・・・」適当に結んで大物に逃げられ悔しい思いをする前に、ラインの結び方をしっかりマスターしておきましょう。

 

ラインとラインの結び方はこちらへどうぞ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインとライン編

 

どんな結び方がいいの?

ラインと金具の結び方にも、色々な結び方がありますが、最初に覚えておきたい結び方がクリンチノットです。最もポピュラーな結び方です。

簡単で強度の強いパロマーノット。釣り具メーカーの「DAIWA」もスナップなどに結ぶ場合に推奨しています。

船釣りや大物釣りなどでは、クリンチノットでは強度に少し不安があります。そこで登場するのが完全結びです。別名「漁師結び」とも言われ、プロが使用する結び方なので強度はバッチリです。

この3つの結び方をマスターすれば、様々な種類の釣りに対応できます。(イラストではサルカンを使用していますが、サルカンをルアーフィッシングで使用するスナップなどに置き換えてもOKです)

クリンチノット

まずは、釣りをするのに基本中の基本、クリンチノットの結び方です。(このページにあるイラストは、クリックするとすべて拡大して見る事ができます)

 

パロマーノット

簡単で結節力の強い結び方です。

 

完全結び

他の結び方より少し複雑ですが、強度が強いオススメな結び方です。

 

 

道糸の先端の結び方

船釣りで使用する道糸の先端の結び方を2種類紹介します。1つ目は、アジやカワハギなど対象魚があまり大きくない場合に使用します。2つ目は、キハダマグロやヒラマサなど大型の魚を狙う場合に使用します。

道糸の先端の結び方

 

道糸の先端の結び方(大型魚対応)

便利グッズ

太いラインなどでは、最後の締め付け時には、かなりの力が必要になります。素手だと結構痛いですよね。そんな締め付け時に役に立つのが タカ産業の「相棒」です。筒の周りにゴムが巻いてある道具で、ゴムの部分にラインを巻き付けて、締め付け時などに使用します。コンパクトなので、釣り場に持って行っても邪魔にはなりません。