スポンサーリンク

船釣りの仕掛けを自作しよう ヒラメ編

 

泳がせ釣り用のヒラメ仕掛けを自作してみてはいかがでしょうか?

ヒラメは人気の高いターゲットです。専用の竿や仕掛けが各メーカーから、様々な種類のものが販売されている事や、釣具屋ではヒラメ専用のコーナーがある店が多いことで、この釣りの人気の高さが伺えます。

ヒラメは砂地に生息している為、根掛かりの可能性が少なく、仕掛けを無くす可能性は少ない釣りですが、数匹釣った仕掛けや、大物を釣り上げた仕掛けは、ヒラメの鋭い歯でハリスが傷んでいる場合がある為、予備の仕掛けは多めに持って行きたいところです。

そんなヒラメの仕掛けを自作してみてはいかがでしょうか?この仕掛けはヒラメ以外にも、根魚などの生き餌の泳がせ釣りにも使用できます。

自作の仕掛けの利点はコストを抑えられる事です。作る楽しさもあり、自作の仕掛けで釣れた時の喜びは完成品の仕掛けを使用して釣れた時より大きいと思います。

 

必要な材料

孫針あり

  • ハリス(幹糸で使用)5~8号
  • ハリス(捨糸で使用)3~4号
  • ハリス 4~6号
  • 針 チヌ6~10号、伊勢尼12~14号
  • 針 トリプルフック8号(孫針もシングルフックの場合は使用しない)
  • 親子サルカン 4×5号
  • スナップ付きサルカン(道糸側で使用) 3~5号
  • スナップ付きサルカン(オモリ側で使用) 5~6号
  • ソフトビーズ

 

孫針なし

  • ハリス(幹糸で使用)5~8号
  • ハリス(捨糸で使用)3~4号
  • ハリス 4~6号
  • 針 チヌ5~10号、伊勢尼12~14号
  • 親子サルカン 4×5号
  • スナップ付きサルカン(道糸側で使用) 3~5号
  • スナップ付きサルカン(オモリ側で使用) 5~6号
  • ソフトビーズ

 

ハリスについて

幹糸には5~8号、捨糸には3~4号、ハリスには4~6号のフロロカーボン素材の船用ハリスを使用します。

活き餌がカタクチイワシのように小さい場合は、ハリスには4~5号を使用します。

 

通常のハリスは100m前後で販売されているものが多いですが、こちらは200mでお買い得なハリスになります。

 

針について

親針にチヌ6~10号、伊勢尼12~14号を使用します。

孫針にチヌ6~8号、伊勢尼11~13号、又はトリプルフック8号を使用します。

孫針なしの場合、チヌ5~10号、伊勢尼12~14号を使用し、活き餌がカタクチイワシのように小さい場合は、チヌ5~6号、伊勢尼12号を使用します。

 

針は海水に対応できるように処理されたものを使用します。

 

親子サルカンについて

サイズ4×5を使用します。同等の強度のあるトリプルサルカンでもOKです。

 

スナップ付きサルカンについて

道糸側に3~5号を使用します。

オモリ側に5~6号を使用します。

 

ソフトビーズについて

ソフトビーズ(柔らかい素材のビーズ)を針に取り付ける事によって、活き餌に付けた針がズレるのを防止する役割があります。簡単に動いてしまうと役目を果たさない為、取り付けた時、簡単には動かない、針に対してやや小さめのソフトビーズを使用します。

取り付ける位置は、この後のイラストで説明します。

 

作ってみよう

材料がそろったら作ってみましょう。

ヒラメ仕掛け(孫針あり)

 

ライトヒラメ仕掛け(孫針あり)

 

サルカンへのハリスの結び方

サルカンなどの金具とハリスを結ぶ時は、強度の強い完全結びで結びます。

捨糸側への負荷は軽い為、クリンチノットなどでもOKです。

 

結び方はこちらへ
これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

完全結びが終わったあとに編込みをする事で、更に強度が上がります。

 

針とハリスの結び方(孫針がトリプルフック)

針とハリスの結び方(孫針がシングルフック)

 

ヒラメ仕掛け(孫針なし)

 

ライトヒラメ仕掛け(孫針なし)

 

針とハリスの結び方(孫針なし)

 

最後に

ヒラメ釣りのタックルも紹介しています。代用で使用できる他の釣りのロッドや、現行版を中心にこの釣りで使用できる具体的なリール・ロッドやラインなどの情報はこちらへ

船釣りタックル紹介 ヒラメ(泳がせ)編

船釣りタックル紹介 ライトヒラメ編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧