スポンサーリンク

船釣りタックル紹介 ライトヒラメ編

 

活き餌を使用する船でのライトヒラメ釣りの基本的なタックルです。(イラストをクリックすると拡大して見る事ができます)

ライトヒラメ釣りは、その名の通り、通常のヒラメ釣りで使用されているオモリより軽いもの、道糸も細いものを使用する釣り方です。仕掛けが軽く道糸が細い為、ヒラメのアタリが取りやすく、ゲーム性も増す為、人気が出てきた船釣りです。

船宿によって、使用できるオモリの重さが決められている場合が多い為、初めて行く船宿などでは、ライトヒラメ釣りを希望する場合、事前に確認が必要です。

この釣りで重要なのが「」です。べた凪で無風の方が釣りをやりやすいのですが、無風の場合は船が風に流されず、広範囲を探る事ができません。ヒラメは日中、砂に隠れてエサの小魚が近づいて来るのを待っています。その為、風がある日の方が、船が風に流されて広範囲を探れるので、釣れる確率が上がります。船のエンジンを使用し、少しずつ移動するエンジン流しを行っている船宿もあります。

釣果を伸ばす為には相手を知る事が大事です。と言う事でヒラメの紹介です。

 

ヒラメってどんな魚?

雌(メス)で1m前後、雄(オス)で60cm程になる肉食魚です。重量が1kg未満は「ソゲ」と言われています。200mより浅い水深の砂地に生息していますが、釣りで狙うのは、深くても80m程までで、多くは50mより浅いポイントを狙います。

主に夜に活動し、昼間は砂の中に頭だけ出して隠れ、近づいてきた小魚を襲い捕食しています。時には、数mほどジャンプして離れたターゲットの小魚を襲うこともあります。

「カレイ」とよく比べられますが、左ヒラメ右カレイと言い、頭を上にして左を向いたらヒラメ、右を向いたらカレイになります。(一部例外あり)それ以外にも大きな違いがあり、ヒラメはカレイより口が大きく歯が鋭いので、ヒラメを扱う場合は注意して口の中に指を入れないで下さい。

産卵期は地域によって差はありますが、本州では春先~初夏で、南に行くほど早い傾向があり、産卵期に浅場に移動してくる為、砂浜や堤防などからの釣りでも狙いやすくなります。

旬は秋~冬で、産卵期を過ぎると脂が落ちてしまい、味も落ちてしまいます。

ヒラメの表面にヌメリがある場合がありますが、このヌメリは不味い為、身に付いてしまうと味は落ちてしまいます。特に刺身にする場合は、ヌメリが付かないように気を付けましょう。

 

リールの選び方

使用する道糸が150m以上巻ける 小型両軸リール 又は ベイトリールを使用します。狙う水深が浅い為、電動リールは必要ありません。

釣りの最中は、タックルを持ってヒラメのアタリを待つ釣りになる為、軽く、大型のヒラメにも負けないパワーのあるリールが向いています。

オススメリールサイズは・・・

ダイワは150~250番

シマノは200~800番

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向けのライトヒラメ釣りに向いている両軸リールです。このサイズは汎用性が高く、他の様々な釣りでも使用する事ができます。

 

ステップアップ用オススメリール

初心者向けリールより基本性能が高く、耐久性も上がっている為、少し高性能なリールが欲しい、長くリールを使用したい方などにも向いています。

 

高性能オススメリール

ダイワ、シマノの高性能ルアー用ベイトリールです。ルアー用ベイトリールは基本性能が高く、パワーもあり、握りやすい形状になっている為、ヒラメ釣りに向いています。

 

ロッドの選び方

ライトヒラメロッドが最も扱いやすいですが、コマセマダイロッドでも代用可能です。

汎用の船釣りロッドの場合は、全長2.0~2.7m程で、7:3~6:4調子、使用するオモリが扱えるロッドを使用します。

コマセマダイロッドでも、5:5の胴調子のロッドは感度が悪くなる為、ヒラメ釣りには向きません。感度が悪いと、底を取る(仕掛けを落として海底を感じ取る)ことや、ヒラメのアタリを感じ取ることが難しくなってしまう為です。ヒラメは底付近に潜んでいるので、底を取ることが重要です。

こちらも、リール同様に軽いロッドがオススメです。

入門用オススメロッド

価格を抑えたライトヒラメ釣り専用の初心者向けロッドです。

 

ステップアップ用オススメロッド

初心者向けのロッドより基本性能が高く、しなやかさ、感度などが上がっている為、扱いやすくなっています。

 

高性能オススメロッド

ダイワ、シマノの高性能ロッドです。性能重視の為、価格は上がってしまいますが、グリップの形状にもこだわり、細かい所の作りもしっかりしている為、見た目も良いロッドになっています。

 

道糸の選び方

道糸はPEラインの2~3号を使用します。

ヒラメはあまり深い場所にはいないので、道糸は150mあれば十分です。

大型のヒラメはパワーがあり、中途半端な道糸の結び方では不安があります。場合により、青物がヒットする可能性もあるので、道糸はしっかり結びましょう。

 

道糸の結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

オススメ道糸

とにかく安い道糸を使用したい方にオススメ

 

安い道糸を使用したいけど、激安な物では心配と言う方にオススメです。

 

高性能な道糸を使用したい方にオススメです。高密度12ブレイドラインの為、PEライン特有の糸鳴り音が大幅に削減されています。

 

仕掛け

オモリ、幹糸、枝糸(ハリス)、捨糸、親針、孫針を使用した仕掛けです。初めてヒラメ釣りをする場合は完成品の仕掛けの使用をオススメします。

針を飲まれたり、数匹釣った仕掛けは傷んでしまう為、予備は多めに持って行きましょう。

 

オモリについて

20~60号のオモリを使用します。時期や地域、船宿で決められている場合があるので、わからない時は事前に船宿に確認しましょう。

ヒラメは光るものや「キラキラ」光が反射するものに興味を示す習性がある為、派手なオモリは効果的です。

 

幹糸について

幹糸は5~7号を60~80cm使用します。

フロロカーボン製の船用ハリスがオススメです。

 

枝糸(ハリス)について

枝糸(ハリス)は4~6号を50~100cm使用します。

親針~孫針間は、14~15cm使用します。

フロロカーボン製の船用ハリスがオススメです。

 

捨糸について

捨糸は3~4号を30~50cm使用します。

フロロカーボン製の船用ハリスがオススメです。

 

親針について

チヌ6~8号、伊勢尼12~13号を使用します。

 

孫針について

トリプルフックは8号を使用します。

シングルフックはチヌ6~8号、伊勢尼11~13号を使用します。

地域や船宿で孫針の形状(トリプルフック 又は シングルフック)が決められているところもあるので、わからない時は事前に船宿に確認しましょう。

 

その他

ヒラメは光るものや「キラキラ」光が反射するものに興味を示す習性がある為、イラストのような仕掛けを付けるのも効果的です。

 

便利グッズ

活き餌で小魚を使用する釣りでは、小魚への負担を抑えて仕掛けの針に刺す事で、海中で元気に泳ぎ回り、ヒラメにアピールする事で釣れる確率が上がります。しかし、小魚に仕掛けの針を刺す時、小魚は必至で暴れる為、時間をかけてしまうと小魚は弱ってしまいます。

そんな時に活躍するのが、アジスクイ網です。

ラバーネットでできている為、小魚への負担を減らす事ができ、釣り用に設計されている為、ネットは比較的浅く小魚を手で掴みやすくなっています。

作りもしっかりしていて高級感もある為、機能性、見た目の良さの両方を兼ね揃えたネットです。

 

釣り方

まず、大物がヒットしてもいいように、ドラグをしっかり合わせます。(自信が無い人は船長に頼みましょう)

仕掛けを投入しオモリが海底についたら、船長の指示したタナに合わせます。指示が無ければ、オモリが海底を引きずらない程度のタナに合わせます。船は動力が無くても風や潮の影響で常に移動していますので、こまめに底を確認しながらタナを合わせ、アタリを待ちます。

ヒラメのアタリがあったら、竿先を下げて餌をじっくりと食い込ませます。(ここで焦って早合わせしてしまうと針に掛りません)待っていると、大きく引き込まれますので、ここでアワセます。

ルアー釣りのように、強くアワセるのはNGです。ゆっくり丁寧にアワセます。

あとは、ゆっくりリールを巻き上げますが、大型のヒラメの場合はドラグを使用した魚とのやりとりが必要になります。大型がヒットしても、焦らず冷静に対処しましょう。

 

最後に

通常のタックル・仕掛けを使用するヒラメ釣りはこちらへ

船釣りタックル紹介 ヒラメ(泳がせ)編

 

仕掛けを自作してみてはいかがでしょうか?作成方法はこちらへ

船釣りの仕掛けを自作しよう ヒラメ編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧