スポンサーリンク

船釣りタックル紹介 ライトアマダイ編

 

ライトタックルを使用した、アマダイ釣りの基本的なタックルです。(イラストをクリックすると拡大して見る事ができます)

通常のアマダイで使用するタックルよりもライト(軽い)なタックルやオモリを使用して釣りをするのが、ライトアマダイ釣りです。道糸が細く、ドラグを使用した魚とのやり取りが必要な場合もある為、ゲーム性の高い釣りになります。アマダイは岩礁混じりの砂泥底に生息している為、PE1号などの細い道糸では、すぐに切れてしまう場合もあり、岩礁がある程度見込まれているポイントなどでは、道糸の先にフロロカーボン製ハリスを使用(通称:リーダー)するなどの対策が必要になります。

釣果を伸ばす為には相手を知る事が大事です。と言う事でアマダイの紹介です。

 

アマダイについて

日本で食用にされているアマダイは「アカアマダイ」、「キアマダイ」、「シロアマダイ」の3種類存在します。漁獲量が多く、主に釣りのターゲットとされているのが「アカアマダイ」です。

アカアマダイってどんな魚?

60cm位にまで成長し、水深20~150m程の岩礁混じりの砂泥底に巣穴を掘り、巣穴の中でエサを待ち構えている魚です。その為、釣りで狙う場合は海底を狙います。

縄張り意識が強く、巣穴に近づいてきた他のアカアマダイを威嚇する事があります。

集団で穴を掘る習性がありますが、その割には数を釣る事が少々難しい魚です。

肉食性で、エビなどの甲殻類、ゴカイなどの多毛類、小魚を主に捕食しています。

旬は秋~春の寒い時期で、身に甘みがある事がアマダイの名前の由来の1つとも言われ、骨が硬くて身は水分量が多い為、捌くのが難しい事も特徴の1つです。

 

キアマダイってどんな魚?

40cm位にまで成長し、水深30~300m程の砂泥底に生息している為、アカアマダイより やや深場にいる魚です。

形はアカアマダイに似ていますが、その名の通り魚体は黄色っぽく、特に頭部、背ビレ、尾ビレの色は黄色が濃い事が特徴です。

旬は冬になりますが、ほとんど釣れない為、かなり貴重な魚になります。

 

シロアマダイってどんな魚?

60cm位にまで成長し、水深30~100m程の砂泥底に生息している為、アカアマダイより やや浅場にいる魚です。

形はアカアマダイに似ていますが、その名の通り、アカアマダイより白っぽい事が特徴です。

旬は秋~冬で、あまり釣れない魚で3種類のアマダイの中では一番美味と言われ、アカアマダイやキアマダイより高級魚として扱われています。

 

リールの選び方

使用する道糸が200m以上巻ける 小型電動リール 又は 両軸リールを使用します。

タックルを手に持ち、誘いをかける事が必要な釣りになりますので、小さく軽いものが向いています。

オススメリールサイズは・・・

ダイワは150~250番

シマノは200~800番

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向けのアマダイ釣りに向いている手巻きリールです。このサイズは汎用性が高く、他の様々な釣りでも使用する事ができます。

 

入門用オススメ電動リール

価格を抑えた初心者向けのアマダイ釣りに向いている電動リールです。手巻きリールに比べ、価格は上がってしまいますが、水深が一目でわかるカウンターなど、電動リールには便利な機能が付いています。

 

高性能オススメ電動リール

ダイワ、シマノの高性能の電動リールです。性能重視の為、価格は上がってしまいますが、グレードの低いリールには無い機能や、パワー、スピードなど様々な面で性能が高くなっています。

 

バッテリーについて

電動リールを使用する為にはバッテリーが必要になります。バッテリーの種類で電動リールのパワーやスピードが上がる事はご存じでしょうか?

電動リールの性能UP!? リチウムイオンバッテリーとは?

 

ロッドの選び方

アマダイ専用ロッドが最も扱いやすいですが、コマセロッドやタチウオロッドなどでも代用可能です。

汎用の船釣りロッドの場合は、全長1.4~2.4m程で、8:2~6:4調子、使用するオモリが扱えるロッドを使用します。

入門用オススメロッド

価格を抑えた、初心者向けのライトアマダイ釣りで使用できる釣り竿です。

 

ステップアップ用オススメロッド

初心者向けのロッドより基本性能が高く、しなやかさ、感度などが上がっている為、扱いやすくなっています。

 

高性能オススメロッド

ダイワ、シマノの高性能ロッドです。性能重視の為、価格は上がってしまいますが、グリップの形状にもこだわり、細かい所の作りもしっかりしている為、見た目も良いロッドになっています。

 

道糸の選び方

道糸はPE1~3号を最低200mはリールに巻いて使用します。

太い道糸ほど、潮の影響を受けやすくなり、アタリを取りづらくなってしまう為、注意が必要です。

 

道糸の結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

オススメ道糸

とにかく安い道糸を使用したい方にオススメ

 

安い道糸を使用したいけど、激安な物では心配と言う方にオススメです。

 

高性能な道糸を使用したい方にオススメです。高密度12ブレイドラインの為、PEライン特有の糸鳴り音が大幅に削減されています。

 

リーダー使用方法

PE1~1.5号の細い道糸の場合、海底の岩などに道糸が擦れてしまうと、すぐに切れてしまいます。その為、道糸の先に4~6号のフロロカーボン製ハリスを使用(通称:リーダー)すると、切れる確率を減らす事ができます。

 

 

仕掛け

片テンビン、オモリ、幹糸、枝糸、針、ガン玉、夜光玉を使用した仕掛けです。基本は通常のアマダイ釣りで使用する仕掛けと同じです。

アマダイ釣りに慣れていない場合は完成品の仕掛けが便利です。

 

片テンビンについて

アーム長30~45cmの片テンビンを使用します。

 

オモリについて

40~60号のオモリを使用します。

オモリの号数は、エリアや船宿で決められている為、事前に確認が必要です。

 

幹糸について

2.5~4号のフロロカーボン製ハリスを使用します。

 

枝糸について

2~3号のフロロカーボン製ハリスを使用します。

幹糸と同じ、又は細い号数のものを使用します。

 

針について

チヌ3~5号、丸カイズ12~14号を使用します。

チヌ針の特徴は、軽くエサを水中で自然に近い形で漂わせる事ができ、丸カイズ針の特徴は、軸が細長い為、付けエサのオキアミをまっすぐに付けやすい事です。

 

ガン玉について

潮の流れが速い場合などに使用します。無くても問題ありません。

サイズはB~3Bです。

 

夜光玉について

仕掛けをアピールする為に使用します。

外道が多い場合などは外します。

 

便利グッズ

マグネット仕掛け置き

風が強い日やポイント移動時、風で仕掛けが流され扱いにくい状況になる事があります。

このような状況で活躍するのが、第一精工の「ウルトラマグネット」です。

ウルトラマグネットは磁石で出来ている仕掛け置きで、ロッドホルダーなどに挟み込んで固定します。磁石が比較的強くなっている為、小さな針でもしっかり固定する事ができるので、ポイント移動時や、風が強い日などでも仕掛けが扱いやすくなり、仕掛けが絡まる事も防止できます。

 

最後に

その他のアマダイ釣りはこちらへ

船釣りタックル紹介 アマダイ編

船釣りタックル紹介 アマダイ(深場)編

 

アマダイの仕掛けを自作してみてはいかがでしょうか?作成方法や仕掛けの詳しい紹介はこちらへ

船釣りの仕掛けを自作しよう アマダイ編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧