スポンサーリンク

船釣りタックル紹介 シーバスジギング編

 

船、小型ボートでのシーバスジギングの基本的なタックルです。(イラストをクリックすると拡大して見る事ができます)

海のルアーフィッシングの中でも特に人気が高いターゲットのシーバス。正式和名は「スズキ」という魚で出世魚としても有名です。

オカッパリでは、ルアーを投げる事ができなければ釣る事は難しく、初心者ではハードルの高いターゲットです。しかし、船のジギングでは「メタルジグ」というルアーを船長から指示されたタナ(水深)まで沈めて、リールを巻くだけでも釣れる可能性がある為、まだシーバスを釣った事がない人にもオススメな釣りです。

釣果を伸ばす為には、相手を知る事が大事です。と言う事でスズキの紹介です。

 

スズキってどんな魚?

大きい個体では1mを超えるまで成長し、成長するにつれ呼び名が変わる出世魚です。30cm以下を「セイゴ」、30~50cmを「フッコ」、50cm以上を「スズキ」と呼び、釣り人の間では「シーバス」と呼ばれ、ルアーフィッシングの中でも特に人気の高いターゲットです。

夜行性の為、夜が釣れる確率が高い魚で、一年中狙う事はできますが、バチ抜けの時期や秋は活発にエサを追い回す為、釣りやすい時期になります。

主に、小魚やエビなどの甲殻類、ゴカイなどの多毛類を捕食しています。

海水魚ですが、淡水と海水が混ざりあう汽水域にも侵入し、時に川をさかのぼる事もあり、淡水にも適応できる特徴があります。

産卵期は秋~冬で、旬は初夏~秋ですが、活動範囲が広く生息域によっては臭みがある個体もいます。

 

バチ抜けとは

通常は砂の中で生息している「イソメ」や「ゴカイ」などの多毛類が、産卵の為に砂の中から出てきて、水中を漂う現象です。地域により多少ズレはありますが、冬~春がバチ抜けの時期で、干満差の大きい大潮の日に起きる事が多い現象です。

 

リールの選び方

使用するラインが150m以上巻けるベイトリールを主に使用しますが、スピニングリールも使用する事はできます。

ベイトリールの特徴

  • 糸ヨレが少ない
  • フォール中(ジグを沈めている状態)のアタリが取りやすい
  • ほとんどの機種にブレーキが付いている為、フォールのスピードを調整する事ができる
  • 水深が一目でわかる「カウンター付き」もある
  • バックラッシュ等のライントラブルが起こりやすい

スピニングリールの特徴

  • ルアーの落下速度が速い
  • バックラッシュ等のライントラブルが少ない
  • ハンドルを右巻き、左巻きのどちらにも替えられる機種が多い
  • ジグを投げやすい

シーバスはフォール中(ジグを沈めている状態)にジグに食いついてくる事が多く、ベイトリールは構造上、フォール中のアタリが取りやすい特徴があります。その為、シーバスジギングではベイトリールがオススメです。

リールには「ギア比」があり、数値が大きいとリールのハンドル1回転でラインを巻き取れる長さが長くなります。ルアーをゆっくり動かす事がメインの場合や、リールにパワーが必要な場合はギア比の小さいリールを、ルアーを素早く回収し手返しよく釣りをする場合などは、ギア比の高いリールがオススメです。

オススメリールサイズは・・・

ダイワは100~150番

シマノは100~200番

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向けのシーバスジギングに向いているベイトリールです。このサイズは汎用性が高く、他の様々な釣りでも使用する事ができます。

 

ステップアップ用オススメリール

ダイワ、シマノの中級機種。ドラグの性能も良く汎用性が高いです。そして安いリールより壊れにくいと言った利点があります。

 

高性能オススメリール

ダイワ、シマノのライトジギング用ベイトリールの上位機種。性能重視の為、価格は高額になってしまいますが、ドラグ性能、ハンドルを回した時の滑らかさなど、様々な面でトップクラスの性能を誇っています。そして、水深が一目でわかるカウンター付きです。

 

ロッドの選び方

40~60gのジグを扱う事のできるベイジギングロッドやタチウオジギングロッドを使用します。

代用として、青物ジギングロッドでも使用可能です。しかし、重いジグ(100g以上)を扱うロッドなどはシーバス用の軽いジグを扱うには硬すぎる為、不向きです。

ルアーロッドは大きく分けて「スピニングロッド」「ベイトロッド」の2種類に分かれます。

スピニングロッドにはスピニングリールを組合わせて使用(通称:スピニングタックル)し、ベイトロッドにはベイトリールを組合わせて使用(通称:ベイトタックル)します。使用するリールに合わせてロッドを選びます。

ルアーロッドの場合、長さはft(フィート)で表す事が多く、1ft=30.48cmとなります。

入門用オススメロッド

価格を抑えた初心者向けベイジギングロッドです。

 

ステップアップ用オススメロッド

初心者向けのロッドより基本性能が高く、しなやかさ、感度などが上がっている為、扱いやすくなっています。

 

高性能オススメロッド

ダイワ、シマノの高性能ロッドです。性能重視の為、価格は上がってしまいますが、グリップの形状にもこだわり、細かい所の作りもしっかりしている為、見た目も良いロッドになっています。

 

ラインの選び方

PEラインの0.6~1.0号を使用します。

長さは150mあれば十分ですが、トラブルを考慮して200mは巻いておくと安心です。

ラインは1mごと又は10mごとにマーキングや色分けされているものを使用します。タチウオジギング用、ベイジギング用、ジギング用、船釣り用などは、マーキングや色分けされています。

色分けされていないラインは、船長から指示されるシーバスのいるタナ(水深)を正確に狙う事ができません。キャスティング用PEラインは、マーキングや色分けが無いものが多い為、この釣りでは不向きです。(カウンター付きリールを使用していれば正確にタナを狙う事はできます)

 

リーダーの選び方

ショックリーダーは20~25lb(5~7号)を2~3m使用します。

素材については主にナイロン、フロロカーボンの2種類あり、それぞれ以下のような特徴があります。

ナイロンリーダーの特徴

利点は価格が安く糸グセはフロロカーボン製より付きにくい為、扱いやすく初心者向け。

欠点は伸縮性がある為、感度は劣ります。

 

フロロカーボンリーダーの特徴

利点はナイロンより擦れに強く、透明度が高い事です。

欠点は糸グセが付きやすい為、扱いにくい事です。

 

リーダーの結び方

PEラインとショックリーダーの結び方でオススメはFGノットです。FGノットは時間がかかりますが結び目が細くなる特徴があります。

 

FGノットの結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインとライン編

 

金具との結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

メタルジグについて

メタルジグは、ほとんどが金属でできているルアー(疑似餌)です。使用されている金属の素材で大きさが変わり、現在 主に使用されている素材は「鉛」と「タングステン」になります。

鉛は多くの釣具で使用されている金属で、メタルジグでも鉛製のものが多く存在します。タングステンは鉛に比べ、比重が重い事が特徴で、タングステン製のメタルジグは鉛製のメタルジグより小さくなります。小さくなる分、フォール中の水による抵抗が減る為、速く沈みます。それぞれの素材の特徴を把握して、状況により使い分けると効果的です。

アクションについては、大きく分けて2パターンに分かれます。水の抵抗を利用して ヒラヒラ沈んでいくタイプと、アクション無しでストレートに沈んでいくタイプがあります。シーバスの場合はフォール中(ジグを沈めている状態)に食いついてくる事が多い為、アピールしながら沈んでいくタイプがオススメです。

シーバスジギングでは、主に40~60gのメタルジグを使用します。

フックについて

リーダー側のフックを「アシストフック」、ジグの先端側(魚で例えると尾ビレ側)のフックを「リアフック」と言います。イラストのように、スナップやスプリットリングを使用して取付けます。

フックが一つの「シングルフック」と二つの「ダブルフック」があります。

シングルフックの特徴

  • 高活性時に有効
  • リーダーと絡まる確率が少ない
  • 魚をバラしにくい

ダブルフックの特徴

  • 低活性時に有効
  • 魚が針に掛かる確率がシングルより高い
  • アワセの時に力が分散される為、シンブルより針掛かりが浅くなる
  • スレ掛かりが増える

シングルフック、ダブルフックとも、ラインが短いショートタイプは主にリアで使用します。

 

スナップについて

イラストのように、スナップ、スプリットリング、スイベル(サルカン)を使用して、ショックリーダーとメタルジグを結びます。

ショックリーダーを直接メタルジグに結んでしまうと、メタルジグの交換が簡単にできなくなり、オマツリした時にラインやリーダーを解く事が難しくなってしまう場合があります。ひどいオマツリでは、一度ジグをリーダーから外す事で解きやすくなります。

 

最後に

船やボートからのシーバスキャスティング用タックルはこちらへ

船釣りタックル紹介 シーバス(スピニングタックル)編

船釣りタックル紹介 シーバス(ベイトタックル)編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧