スポンサーリンク

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインとライン編

釣りをする為に必要不可欠な事と言えば。ライン(釣り糸)を結べるようになる事ではないでしょうか?

ラインとサルカン、スナップなどの金具を結べれば、簡単なエサ釣りはできるようになりますが、PEラインを使用したルアーフィッシングなどでは、ラインとラインを結ぶ事が必要になってきます。ラインと金具を結ぶより少々難しいですが、練習してマスターしましょう。

そして、釣りではライントラブルは付き物です。例えばバックラッシュやラインブレイク、船釣りでは、オマツリや歯の鋭い魚に切られてしまうなんて事もあります。そんなトラブル時に素早くラインとラインを結ぶ事で釣果UPにもつながります。

 

ラインと金具の結び方はこちらもどうぞ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

どんな結び方がいいの?

ラインとラインの結び方にも、色々な結び方がありますが、まずは基本の電車結び。強度は高くはありませんが、釣りの最中にラインやハリスが切れてしまった場合など、トラブル対応などに使用すると便利です。

PEラインとリーダーを結ぶのにオススメなのがトリプルエイトノットFGノットです。

トリプルエイトノットは簡単に作成できますが、強度は低く、結び目が比較的大きくなってしまいます。なので、釣り場でラインとリーダーを結ぶ事になった場合などに使用すると便利です。アジングやメバリング、ライトエギング位なら、しっかり結べていれば強度に問題はありません。

FGノットはラインとリーダーを結ぶ定番のノットです。シーバスやエギングなど、様々な釣りに対応できます。強度もあり、結び目が細いといった利点がありますが、作成に時間がかかる、しっかり結ばないと、簡単にすっぽ抜けてしまうなどの欠点もあります。

そして最後に紹介するのがPRノットです。ラインとリーダーを結ぶ最強のノットとも言われています。強度はトップクラスなので、マグロなどの大型魚にも対応できます。専用の道具が必要になってしまう、作成に時間がかかるなどの欠点もあります。

この結び方をマスターすれば、様々な種類の釣りに対応できます。

 

電車結び

まずは基本の電車結びの結び方です。(このページにあるイラストは、クリックするとすべて拡大して見る事ができます)

 

トリプルエイトノット

PEラインとリーダーを簡単に結べるトリプルエイトノット。作成時間の短さはトップクラスです。

 

FGノット

定番中の定番のFGノット。多くの釣り人が使用している結び方です。

 

PRノット

最強のPRノット。工程が多いですが、ヒラマサやマグロなどの大型魚にも対応可能です。

 

PRノットを作成する為には、専用のボビンが必要になります。

 

テンション調整式のボビンです。価格は少々高めですが、扱いやすくオススメです。

ライトモデル(314BK)はPE1~3号

ノーマルモデル(313BK)はPE3~6号対応

 

便利グッズ

太いラインなどでは、最後の締め付け時には、かなりの力が必要になります。素手だと結構痛いですよね。そんな締め付け時に役に立つのが タカ産業の「相棒」です。筒の周りにゴムが巻いてある道具で、ゴムの部分にラインを巻き付けて、締め付け時などに使用します。コンパクトなので、釣り場に持って行っても邪魔にはなりません。