スポンサーリンク

船釣りタックル紹介 カワハギ編

 

カワハギの船釣りでの基本的なタックル・仕掛けです。(イラストをクリックすると拡大して見る事ができます)

カワハギは釣る事が難しいと言われています。理由は、エサ取りが上手い為で、いつの間にか すべてのエサを取られているなんて事はよくあります。

そんな難しい相手なので、釣り具も色々進化を遂げてきました。カワハギほど、リール、ロッド、針やオモリなど、専用のものが多く存在するのは珍しいです。それだけ各メーカーが力を入れている釣りなので、人気の高さが うかがえます。

カワハギの魅力はにもあります。肝醤油で食べるカワハギの刺身は、極上の一品です。肝目当てで釣りをしている人もいるのではないでしょうか?

カワハギを釣る為には、相手を知る事が大事です。と言う事で、美味しいけど手ごわいカワハギの紹介です。

 

カワハギってどんな魚

30cm程にまで成長し、手のひらサイズを「ワッペン」とも言います。口は小さく丈夫な歯があり、この小さな口と歯で、ちょこちょこエサを食べる為、釣る事が難しい魚なのです。

水深100mより浅い砂底と岩礁が混ざる場所に生息し、底付近に潜んでいる事が多く、貝類や甲殻類を食べています。

丈夫でザラザラした皮に覆われていて、皮を簡単に剥がせる事ができる為、カワハギ(皮剥)の名前の由来になったと言われています。

旬は夏と秋~冬の2つあります。夏は身が美味しい時期で、秋~冬は身は痩せてしまいますが、肝が大きくなる時期です。美味しい肝が目当ての場合は、秋~冬に釣りに行く事をオススメします

カワハギは目立つものや派手なものを好みます。なので、仕掛けも目立つ色や派手なものを使用します。

 

リールの選び方

使用する道糸が100m以上巻ける 小型両軸リール 又は ベイトリールを使用します。

エサの付替えを多く行う可能性が高い為、ギア比が高く高速巻上できるタイプ、底ダチを頻繁に取り直す為、クラッチのしっかりしたリールで軽いものがオススメです。

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向け。まずはカワハギ釣りを始めよう と言う方にオススメです。

 

ステップアップ用オススメリール

ダイワ、シマノの中級リール。入門用に比べて性能は上がり、頑丈になりますので、初心者でも長く使いたいと言う方にもオススメです。

 

高性能オススメリール

ダイワ、シマノの上位機種。最高のものを使用したいならコレです。性能重視になりますので価格は高めです。

 

ロッドの選び方

カワハギロッドが最も扱いやすいですが、マルイカロッドやカレイロッドでも代用可能です。

汎用の船釣りロッドの場合は、全長1.5~2.1m程で、9:1~8:2の先調子、リール同様にできるだけ軽いもの、エサ取りが上手い魚なので、とにかく感度が良いロッドを使用します。

人気の高い釣りなので、多くのメーカーからカワハギ専用ロッドは販売されています。軽い事が武器になるこの釣りでは、高性能ロッドになると自重60g以下と かなり軽いロッドも存在します。

入門用オススメロッド

価格を抑えた初心者向け。まずはカワハギ釣りを始めよう と言う方にオススメです。

 

ステップアップ用オススメロッド

性能も良いダイワ、シマノの中級ロッド。安いロッドより感度が良い為、アタリがシビアなカワハギ釣りでは強い武器になります。

 

高性能オススメロッド

ダイワ、シマノの上位機種。最高のものを使用したいならコレです。性能重視になりますので価格は高めです。

 

道糸の選び方

道糸はPEラインの0.8~1.5号を使用します。あまり深い場所にはいない魚なので、道糸の長さは100mあれば十分ですが、トラブルを考慮して150mは巻いておくと安心です。太いPEラインやナイロン、フロロカーボンの道糸は感度が悪い為、この釣りには向きません。

細い道糸の方が、潮の影響が少なくアタリをとらえやすい為、この釣りに向いています。

 

道糸の結び方も紹介していますので、興味がある方はこちらもどうぞ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

オススメ道糸

とにかく安い道糸を使用したい方にオススメ

 

安い道糸を使用したいけど、激安な物では心配と言う方にオススメです。

 

高性能な道糸を使用したい方にオススメです。高密度12ブレイドラインの為、PEライン特有の糸鳴り音が大幅に削減されています。

 

仕掛け

カワハギ釣りでは仕掛けのロスが多い為、予備の仕掛けが沢山あった方が安心です。底付近を狙う為、根掛かりが多く、カワハギの頑丈な歯でハリスを切られてしまう事がよくあり、場合によっては針さえ折られてしまう事もあります。

特に消耗の激しい、ハリスと針の部分だけを簡単に取り換えられる仕掛けで、ダイワの快適 フックビーズM、ヤマシタのYHビーズを使用した仕掛けがオススメです。

 

消耗の激しい、ハリスと針のお得な50本入りパック

 

針について

カワハギほど、針の種類が多く存在する釣りは珍しいです。各メーカーが力を入れているジャンルの釣りの為、色々な形のカワハギ専用針が開発されています。

ここでは代表的な3種類の針の紹介です。

 

・ハゲ針 

最近の主流になってきている針で、各メーカーもハゲ針がベースの専用針を多く開発しています。特徴は、小さな吸い込みアタリをとらえる事ができ、アタリがあったら即アワセで使用します。

 

・チヌ針

強度があり、大型のカワハギ向け。

 

・丸セイゴ

吸い込ませ重視の針。ハゲ針と共にカワハギ釣りでは人気の高い形状の針。

 

オモリについて

サイズは25~30号を使用します。

オモリも針同様に色々な種類が存在し、キラキラ光るものや、派手なカラーのオモリが人気です。

ここでは代表的な4種類のオモリの紹介です。

 

・小田原型

様々な釣りで使用され、沖釣りでの使用頻度が高い形状のオモリ。最近ではラトル入りなど、音が出るタイプもあります。別名、六角型とも呼ばれています。

 

・カジ付き型

水中で回転しにくい為、仕掛けが安定します。船の上では転がりにくく、エサ付けが楽にできると言った利点もあります。

 

・丸型

根掛かりを減少させる形状のオモリ。根魚狙いの釣りでも使用される事が多いオモリです。別名、ダルマオモリとも呼ばれています。

 

・特殊形状

アピール度の高い、目立つように作られたオモリ。

 

 

集魚板、中オモリについて

オモリや仕掛けを派手にするだけではなく、仕掛けの上側にも派手な集魚板や中オモリを使用すると効果的です。ラトル入りの中オモリも存在しますので、色々試してみると面白いかもしれません。

 

とにかく派手なものが好きなカワハギ。さらに仕掛けを目立させるヒラヒラスカートと言う仕掛けもあります。オモリや中オモリ、集魚板などに取り付けて使用します。

 

最後に

その他の釣りも色々紹介していますので、興味がある方はサイトマップもご覧ください。

サイトマップ