スポンサーリンク

船釣りの仕掛けを自作しよう カワハギ編

カワハギは釣り人が気が付かないうちにエサが食べられてしまう、エサ取りが非常に上手い魚です。そして、釣りのターゲットとしても人気が高く、カワハギ船を出船している船宿は多くあります。

人気ターゲットだけに、各メーカーから様々な仕掛けが販売されていて、カワハギ釣りで使用する針の形だけでも数多くの種類が存在し、仕掛けを工夫する事もカワハギ釣りの楽しみの一つです。

そんなカワハギの仕掛けを自作してみてはいかがでしょうか?

自作の仕掛けの利点はコストを抑えられる事です。作る楽しさもあり、自作の仕掛けで釣れた時の喜びは完成品の仕掛けを使用して釣れた時より大きいと思います。そして、仕掛けを自作できる技術があれば、船の上で傷んだハリスを切って、仕掛けを作り直す事もできるようになる為、一つの仕掛けを長持ちさせる事だってできます。

 

必要な材料

  • フロロカーボン製ハリス(幹糸で使用) 3~4号
  • フロロカーボン製ハリス(枝糸で使用) 1.5~3号
  • 針 ハゲ4~6号、チヌ0.5~1号、丸セイゴ6~9号
  • スナップ付きサルカン(道糸側)6~7号
  • スナップ付きサルカン(オモリ側)7~8号

仕掛けの種類により必要なもの

  • ハリス止め付きビーズ

 

ハリスについて

幹糸に3~4号のフロロカーボン製のハリスを使用します。

枝糸に1.5~3号のフロロカーボン製のハリスを使用します。

 

通常のハリスは100m前後で販売されているものが多いですが、こちらは200mでお買い得なハリスになります。

 

針について

ハゲ4~6号、チヌ0.5~1号、丸セイゴ6~9号を使用します。

 

ハゲ針の特徴

現在の主流になっている針で、小さな吸い込みアタリをとらえる事ができ、アタリがあったら即アワセで使用します。エサが付けやすい事も特徴の針

 

チヌ針の特徴

強度があり、大型のカワハギ向けの針

 

丸セイゴ針の特徴

吸い込ませ重視で、ハゲ針と共にカワハギ釣りでは人気の高い形状の針

 

スナップ付きサルカンについて

幹糸側に6~7号、オモリ側に7~8号を使用します。

 

ハリス止め付きビーズについて

幹糸と枝糸(ハリス)を接続する為に使用します。直結仕掛けの場合は使用しません。

枝糸(ハリス)の交換が簡単に行えるようになる為、各メーカーから販売されている多くの完成品のカワハギ仕掛けでも使用されています。

 

通常は1袋12個入りですが、お徳用パックは1袋48個入りになっていて、12個入りを4袋買うよりお得に購入できます。

 

作ってみよう

材料がそろったら作ってみましょう。

ハリス止め付きビーズを使用した仕掛け

一般的なカワハギの仕掛け。ハリス止め付きビーズを使用する事で、枝糸(ハリス)の交換を簡単に行う事ができます。

 

幹糸と枝糸(ハリス)の接続方法

ハリス止め付きビーズを8の字結びで止めます。

 

針とハリスの結び方

外掛け結びで針とハリスを結びます。カワハギ釣りでは針とハリスを消耗する事が多い為、多めに作りましょう。

 

スナップ付きサルカンへの結び方

スナップ付きサルカンへは、クリンチノットや強度の高い完全結びで結びます。

 

結び方はこちらへ
これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

直結仕掛け

幹糸と枝糸(ハリス)を直接結ぶ仕掛けです。ハリスの交換は出来なくなりますが感度は上がります。

 

幹糸と枝糸(ハリス)の接続方法

 

針と枝糸(ハリス)の結び方、スナップ付きサルカンへの結び方は、ハリス止め付きビーズを使用した仕掛けを参考にして下さい。

 

最後に

カワハギ釣りのタックルもイラスト付きで紹介しています。代用で使用できる他の釣りのロッドや、現行版を中心にこの釣りで使用できる具体的なリール・ロッドやラインなどの情報はこちらへ

船釣りタックル紹介 カワハギ編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧