スポンサーリンク

船釣りの仕掛けを自作しよう カツオ編

カツオのコマセ釣りの仕掛けは、針、ハリス、スナップ付きサルカンを使用したシンプルな仕掛けです。そして、カツオはかなりのパワーの持ち主です。そして、カツオが釣れるポイントでは、キメジ(サイズの小さいキハダマグロ)が釣れる可能性もあり、強い引きにも耐えられるように、針やスナップ付きサルカンとハリスを丈夫に結ぶ事が重要です。針とハリスの結び方は、多くの釣りで使用されている外掛け結びより、強度の高い南方延縄結びで結びます。

自作の仕掛けの利点はコストを抑えられる事です。作る楽しさもあり、自作の仕掛けで釣れた時の喜びは完成品の仕掛けを使用して釣れた時より大きいと思います。

 

必要な材料

  • ハリス 10~18号
  • 針 ヒラマサ12~16号
  • スナップ付きサルカン 1~1/0号

 

ハリスについて

ハリス10~18号を使用し、ハリスの太さはカツオのサイズによって使い分けます。

5kg以下は10~14号

5kg以上は14~18号

長さは状況により変わる為、釣り当日に船長から指示があります。

 

通常のハリスは100m前後で販売されているものが多いですが、こちらは200mでお買い得なハリスになります。

 

針について

ヒラマサ12~16号を使用しますが、ハリス同様にカツオのサイズによって使い分けます。

5kg以下は12~14号

5kg以上は15~16号

 

スナップ付きサルカンについて

サイズ1~1/0号を使用します。

 

作ってみよう

材料がそろったら作ってみましょう。

 

スナップ付きサルカンへのハリスの結び方

スナップ付きサルカンへは、強度の高い完全結びで結びます。

 

完全結びの結び方はこちらへ
これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

完全結びが終わったあとに編込みをする事で更に強度が上がります。

 

針とハリスの結び方

南方延縄結びで針とハリスを結びます。

 

仕掛けの保管方法

作成した仕掛けを保管する場合、そのままケースに入れてしまったら、糸が絡まって使えなくなってしまう場合があります。専用の仕掛け収納ケースなどを使用すると、糸が絡まることなく作成した仕掛けを収納することができ、船の上でもすぐに使用する事ができます。

 

最後に

キハダマグロやカツオのコマセ釣りのタックルもイラスト付きで紹介しています。代用で使用できる他の釣りのロッドや現行版を中心にこの釣りで使用できる具体的なリール・ロッドやラインなどの情報はこちらへ

船釣りタックル紹介 キハダマグロ(コマセ)編

船釣りタックル紹介 カツオ(コマセ)編

 

キハダマグロの仕掛けの作り方はこちらへ

船釣りの仕掛けを自作しよう キハダマグロ編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧