スポンサーリンク

船釣りの仕掛けを自作しよう イナダ(ハマチ)コマセ釣り編

 

出世魚として有名なブリですが、ブリは かなりのパワーの持ち主です。そんなブリの大きさが35~60cm未満の時をイナダ(ハマチ)と言い、小さなブリだけあって、なかなかの引きで釣り人を楽しませてくれます。

高活性時は入れ食い状態になる事もあり、同じ仕掛けで釣り続けていると、仕掛けはすぐに傷んでしまい、仕掛けの数が必要になってきます。

そんな時は、仕掛けを自作してみてはいかがでしょうか?

自作する事により、仕掛けのコストを下げる事ができます。そして、仕掛けを自作できる技術があれば、釣りの最中に傷んだハリスだけ切って、使用していた針とハリスを結びなおす事により、仕掛けを長持ちさせる事だってできます。

 

必要な材料

  • ハリス 3~5号
  • 針 グレ9~10号、マダイ7~10号
  • スナップ付きサルカン 3~4号

仕掛けの種類により必要なもの

  • フロート玉
  • 夜光玉
  • 回転ビーズ

 

ハリスについて

3~5号のフロロカーボン素材の船用ハリスを使用し、低活性時などはハリスを細くすると有効です。

長さは、高活性時は短め、低活性時は長めにすると有効ですが、釣り当日に船長から指示があります。

 

通常のハリスは100m前後で販売されているものが多いですが、こちらは200mでお買い得なハリスになります。

 

針について

グレ9~10号、マダイ7~10号を使用します。

グレ針は、太く強度が高い為、大物にも対応でき高活性時に有効です。

マダイ針は、種類が多くオキアミが付けやすい特徴があり、低活性時に使用すると効果的です。

 

スナップ付きサルカンについて

サイズ3~4号を使用します。

 

フロート玉、夜光玉について

仕掛けをアピールさせる場合に使用します。

フロート玉は浮力が高い素材で出来ている為、使用する事でエサが沈む事を防ぎ、刺し餌がマキ餌と同調しやすくなります。

 

回転ビーズについて

2本針の仕掛けを作成する場合に使用します。

 

オススメはダイワの「快適D-ビーズマーキング」です。

回転ビーズには色々な種類があります。「どれも一緒じゃない?」と思う方もいるかと思いますが、快適D-ビーズマーキングには、他の回転ビーズには無い特徴があります。その特徴をイラストにしてみました。

最大の特徴は、ハリスの通り道が斜め上向きになっていて、枝糸に張りを持たせ、ハリスが絡まる事を防ぐ効果があります。

通常は1袋12個入りですが、お徳用パックは1袋36個入りになっていて、12個入りを3袋買うよりお得に購入できます。

 

作ってみよう

材料がそろったら作ってみましょう。

 

 

スナップ付きサルカンへのハリスの結び方

スナップ付きサルカンへは、強度の高い完全結びで結びます。

 

完全結びの結び方はこちらへ
これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

完全結びが終わったあとに編込みをする事で更に強度が上がりますが、時間がかかる事が弱点です。入れ食い状態や一時的に活性が上がる時などは、釣りをする時間を増やした方が数は伸ばせる為、仕掛け作りに時間をかける事はしないで、完全結びのみで対応します。

 

針とハリスの結び方

外掛け結びで針とハリスを結びます。

フロート玉や夜光玉を使用する場合は、針を結ぶ前にハリスに通します。

1本針の仕掛けは、これで完成です。

 

ハリスと枝糸の接続方法(2本針仕掛け)

ハリスと枝糸のオススメな接続方法は2パターンあります。

ハリスに直接結ぶ

ハリス(幹糸)に枝糸を直接結びます。シンプルでコストは低いですが、枝糸の交換はできません。

 

回転ビーズを使用

8の字結びで回転ビーズを固定します。

回転ビーズのコストは上がってしまいますが、枝糸の交換が簡単にできます。

2本針の仕掛けは、これで完成です。

 

最後に

イナダ(ハマチ)のコマセ釣りのタックルもイラスト付きで紹介しています。代用で使用できる他の釣りのロッドや、現行版を中心にこの釣りで使用できる具体的なリール・ロッドやラインなどの情報はこちらへ

船釣りタックル紹介 イナダ(ハマチ)コマセ釣り編

 

ワラサ(メジロ)のタックルはこちらへ

船釣りタックル紹介 ワラサ(メジロ)コマセ釣り編

 

 

イナダ(ハマチ)より一回り大きいワラサ(メジロ)の仕掛けの作り方はこちらへ

船釣りの仕掛けを自作しよう ワラサ(メジロ)コマセ釣り編

 

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧