スポンサーリンク

船釣りの仕掛けを自作しよう メバル編

船釣りでのメバルの仕掛けを自作してみてはいかがでしょうか?

メバルは根掛かりが多い場所に生息している事が多い為、根掛かりなどで仕掛けをダメにする可能性が高い釣りです。

メバルは漢字で「眼張」と表されるように、目が大きく視力が良い為、他の釣りに比べて細いハリスを使用する傾向があります。その為、仕掛けは傷みやすく、予備の仕掛けが多めに必要な釣りになります。

自作の仕掛けの利点はコストを抑えられる事です。作る楽しさもあり、自作の仕掛けで釣れた時の喜びは完成品の仕掛けを使用して釣れた時より大きいと思います。

今回、作り方を紹介するのは、エサにモエビを使用した、通称「エビメバル」の仕掛けと、生きイワシを使用した、通称「イワシメバル」の仕掛けです。イワシメバルの仕掛けは、ドジョウでも使用する事ができます。

 

必要な材料

  • ハリス(幹糸で使用) 1.5~3号
  • ハリス(枝糸で使用) 0.8~2号
  • 針 メバル8~10号、ヤマメ8~10号、丸セイゴ10~12号
  • スナップ付きサルカン 6~7号

仕掛けの種類により必要なもの

  • 回転ビーズ

 

ハリスについて

エビメバルの場合、幹糸に1.5~3号、枝糸に0.8~2号を使用します。

イワシメバルの場合、幹糸に1.5~2号、枝糸に0.8~1号を使用します。

両方とも、フロロカーボン素材の船用ハリスを使用し、枝糸は幹糸より細いハリスを使用します。

 

通常のハリスは100m前後で販売されているものが多いですが、こちらは200mでお買い得なハリスになります。

 

針について

メバル8~10号、ヤマメ8~10号、丸セイゴ10~12号を使用します。

 

スナップ付きサルカンについて

サイズ6~7号を道糸側とオモリ側の2か所で使用します。

 

回転ビーズについて

幹糸と枝糸(ハリス)を結ぶ時に使用します。幹糸に枝糸(ハリス)を直接結ぶ場合は必要ありません。

使用する幹糸と枝糸の太さに合わせてサイズを選びます。

 

オススメはダイワの「快適D-ビーズマーキング」です。

回転ビーズには色々な種類があります。「どれも一緒じゃない?」と思う方もいるかと思いますが、快適D-ビーズマーキングには、他の回転ビーズには無い特徴があります。その特徴をイラストにしてみました。

最大の特徴は、ハリスの通り道が斜め上向きになっていて、水中で針の位置が通常の回転ビーズより高くなります。エサが水中で自然な感じで漂うようになったり、ハリスに張りを持たせ、幹糸とハリスが絡まる事を防ぐ効果があります。

通常は1袋12個入りですが、お徳用パックは1袋36個入りになっていて、12個入りを3袋買うよりお得に購入できます。

 

作ってみよう

材料がそろったら作ってみましょう。

 

 

幹糸と枝糸の接続方法

幹糸と枝糸のオススメな接続方法は2パターンあります。

幹糸に直接結ぶ

幹糸に枝糸を直接結びます。シンプルでコストは低いですが、枝糸の交換はできません。

 

回転ビーズを使用

8の字結びで回転ビーズを固定します。

回転ビーズのコストは上がってしまいますが、枝糸の交換が簡単にできます。

 

針と枝糸の結び方

外掛け結びで針と枝糸(ハリス)を結びます。

高活性時は、枝糸(ハリス)は太目、低活性時は細めにすると効果的です。

スナップ付きサルカンを結んだら、仕掛けは完成です。

 

幹糸とサルカンの結び方はこちらへ
これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

最後に

メバル釣りのタックルも紹介しています。代用で使用できる他の釣りのロッドや、現行版を中心にこの釣りで使用できる具体的なリール・ロッドやラインなどの情報はこちらへ

船釣りタックル紹介 メバル(エビメバル)編

船釣りタックル紹介 メバル(泳がせ)編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧