スポンサーリンク

ヤリイカ・スルメイカの仕掛けを自作しよう

専用タックルが販売されているなど、船釣りの中でも人気のヤリイカ、スルメイカ釣り。人気な釣りだけあって、ヤリイカ、スルメイカ仕掛け専用の売り場がある釣具屋は多いです。プラヅノ(イカヅノと言う場合もあり)と言う疑似餌を1つの仕掛けで5個以上使用するこの釣りは、完成品の仕掛けから、プラヅノのバラ売りまで、色々な形で仕掛けが売られています。

いつもは、完成品の仕掛けを使っている人も、たまには バラ売りのプラヅノを買って、仕掛けを作ってみてはいかがでしょうか?他の釣りの仕掛けに比べると、少々手間はかかりますが、それほど難しくはありません。

 

仕掛けの種類

釣具屋で、ヤリイカ、スルメイカの完成品の仕掛けを見てみると、見た目は ほぼ一緒でもブランコ直結の2種類あります。イカ釣りに慣れている人は当たり前に確認する仕掛けの種類ですが、初心者や慣れていない人は、ブランコと直結を間違えて買ってしまった事がある人もいるかと思います。

そこで、ブランコと直結の2種類の仕掛けを見比べるイラストを作ってみました。(このページにあるイラストは、クリックするとすべて拡大して見る事ができます)

これでイカ釣りの仕掛けが、あまり詳しくなくてもイメージはできるかと思います。

ブランコは、ヤリイカ、スルメイカの両方で使用される仕掛けです。直結に比べると、アタリは取りにくいですが、バラしにくく、イカを船に引き揚げる時は楽です。

直結は、主にスルメイカ釣りで使用する仕掛けです。イカが掛かり、リールを巻いてくる時に糸を たるませると、すぐにバレてしまいます。イカを船に引き揚げる時も、ブランコより扱いが難しく、バレやすい傾向にあります。しかし、手返しが早く、アタリがとりやすい仕掛けです。

スルメイカ釣りでは、ブランコと直結の両方使用可能ですが、時期や場所により、直結では釣れるのに、ブランコでは釣れないと言ったこともありますので、仕掛け選びに迷ったら、行く予定の船宿に釣れている仕掛けの種類を聞いてから準備しましょう。

イカの仕掛けの種類で「直ブラ」と言うのも存在します。こちらは、プラヅノではなく、スッテと言う仕掛けを使用した マルイカ用の仕掛けになります。マルイカ釣りの「直ブラ」「ブランコ」「直結」仕掛けはこちらへ

マルイカの仕掛けを自作しよう

 

必要なもの

  • 幹糸
  • ハリス(エダスと言う場合もあり)
  • プラヅノ(イカヅノと言う場合もあり)
  • サルカン、スナップ付きサルカン
  • ビーズ(直結用、なくてもOK)
  • 回転ビーズ(ダイワ 快適D-ビーズマーキング )(ブランコ用、無くてもOK)

※ダイワ 快適D-ビーズマーキング のサイズは 又はLLを使用(お徳用パックの購入をオススメします)

 

必要な材料の写真です。

プラヅノ(イカヅノ)について

プラヅノのサイズは、ヤリイカは11cmスルメイカは14cm 又は 18cmを使用します。

最近人気のプラヅノは、写真のデコボコした形の「たまご針」です。たまご針のプラヅノは実績も高いので、釣りに行く際は1つは持って行きたいオススメなプラヅノです。

カラーは、これさえあれば大丈夫といったカラーはありません。その日ごとや時間帯によっても反応が良いカラーは変わりますので、色々試してみると面白いかもしれません。

 

幹糸、ハリス(エダス)について

ヤリイカのブランコ仕掛けは、幹糸は4~6号、ハリスは2~4号を使用します。

スルメイカのブランコ仕掛けは、幹糸は4~8号、ハリスは4~5号を使用します。

スルメイカの直結仕掛けは、幹糸は8~10号を使用します。

 

100m巻きのハリスが多いですが、こちらは200m巻きのお買い得ハリスです。

 

サルカンについて

サルカンのサイズは、上側に2~3号オモリ側に2~4号を使用します。

上側にスナップ無し、オモリ側にスナップ付きを使用すると、仕掛けを使用する時に迷わず準備する事ができます。

 

回転ビーズについて

回転ビーズにも色々な種類や商品がありますが、「どれも一緒じゃない?」と思う方もいるかと思います。今回オススメしているダイワ 快適D-ビーズマーキングには、他の回転ビーズには無い特徴があります。その特徴をイラストにしてみました。

最大の特徴は、ハリスの通り道が斜め上向きになっていて、水中でプラヅノの位置が通常の回転ビーズより高くなります。プラヅノが水中で自然な感じで漂うようになったり、幹糸とプラヅノが絡まる事を防ぐ効果があります。

回転ビーズにも色々なサイズがあります。使用する幹糸とハリスの太さが使用する回転ビーズに適合しているか確認が必要です。

 

作ってみよう

ブランコ(ヤリイカ)

ヤリイカ釣りで使用する、ブランコの仕掛けを作ってみましょう。

幹糸にプラヅノを接続しますが、今回はこの2パターンの紹介です。

 

ヨリチチワに接続

まず、ヨリチチワを作成します。

 

プラヅノにハリスを結びます。

 

ヨリチチワとハリスの結び方は、自分が慣れている結び方でOKです。しかし、釣りの最中にプラヅノを交換する場合などには、できるだけ簡単に結びたいところです。そこでオススメなのが、今回紹介します「深海結び」です。深海結びは、その名の通り、深海魚釣りでよく使用されている結び方です。深海魚釣りでは、針を沢山使用するため、ハリスを素早く簡単に結べる「深海結び」が大活躍します。

 

回転ビーズ(ダイワ 快適D-ビーズマーキング)の使用

2つのパターンの中で、簡単に作成できる仕掛けです。

幹糸に回転ビーズを通し、固定したい箇所の上下で8の字結びをするだけです。欠点はビーズが必要になってしまう為、コストが上がってしまうことです。しかし、回転ビーズは再利用可能なので、割れたり無くしたりしなければ何度でも再利用可能です。

 

ブランコ(スルメイカ)

スルメイカ釣りで使用する、ブランコの仕掛けを作ってみましょう。

結び方は、ヤリイカのブランコと一緒なので、そちらを参照にして下さい。

 

直結(スルメイカ)

スルメイカ釣りで使用する、直結の仕掛けを作ってみましょう。

プラヅノと幹糸の結び方は、ブランコの「ハリスとプラヅノの結び方」を参考にして下さい。

プラヅノのカンナ部(針の部分)に幹糸を結びますが、今回はこの3パターンの紹介です。

 

直結用プラヅノを使用

直結用プラヅノをは、イラストのようにカンナ部の下にも糸が結べるようになっているものです。これを使用すれば、簡単に直結仕掛けを作成できます。

結び方は、ブランコの「ハリスとプラヅノの結び方」と同じでOKです。

 

幹糸のみでカンナ部に接続

使用する材料が少なくシンプルな仕掛けです。

 

ビーズを使用し、カンナ部に接続

ビーズを使用する事によって、簡単にカンナ部へ接続できるようになります。

接続した時に、幹糸がビーズから抜けない事を確認して下さい。

 

仕掛けの保管方法

作成した仕掛けを保管する場合、何も考えずにケースに入れてしまったら、糸が絡まって使えなくなってしまいます。イカヅノを収納する専用のケースなどを使用すると、糸が絡まることなく、作成した仕掛けを収納することができます。

釣り終了後、仕掛けの痛みが少なく、次の釣りでも使用する場合にもイカヅノを収納する専用ケースがあると便利です。

 

ハードケースタイプのイカヅノ収納用品です。ハードケースタイプはカンナ部(針)もしっかり収容できる為、他の仕掛けや釣り具を傷付ける事がありません。

 

ソフトタイプのイカヅノ収納用品です。ソフトタイプは薄く、かさばらずに収納する事ができます。

 

ハードケースとソフトタイプの組み合わせのイカヅノ収納用品です。こちらもカンナ部(針)もしっかり収容できる為、他の仕掛けや釣り具を傷付ける事がありません。

 

最後に

ヤリイカ釣りのタックルも紹介しています。代用で使用できる他の釣りのロッドや、現行版を中心にこの釣りで使用できる具体的なリール・ロッドやラインなどの情報はこちらへ

船釣りタックル紹介 ヤリイカ編

 

スルメイカ釣りのタックルも紹介しています。代用で使用できる他の釣りのロッドや、現行版を中心にこの釣りで使用できる具体的なリール・ロッドやラインなどの情報はこちらへ

船釣りタックル紹介 スルメイカ編

 

その他の釣りも色々紹介していますので、興味がある方はサイトマップもご覧ください。

サイトマップ