船釣りの仕掛けを自作しよう ヤリイカ・スルメイカ(ブランコ仕掛け)編

ヤリイカ、スルメイカは船のイカ釣りの中でも人気のターゲットです。エサは使用せず、プラヅノ(イカヅノ)と呼ばれるプラスチック製の疑似餌を数本使用した仕掛けになります。

そして、この釣りは根掛かりは少ないものの、オマツリは付き物です。オマツリを解くのに時間がかかるようだったら、仕掛けを取り替えた方が良い状況もありますので、予備の仕掛けは必要になります。

そんなヤリイカ、スルメイカの仕掛けを自作してみてはいかがでしょうか?

仕掛けは「ブランコ」「直結」の2種類あり、それぞれ特徴が違う仕掛けになります。

今回はブランコ仕掛けの紹介です。ブランコはヤリイカ釣りで主に使用される事が多い仕掛けで、直結仕掛けに比べ、扱いやすく、掛かったイカを引き揚げやすい事が特徴です。

 

「ブランコ」「直結」の違い

釣具屋で完成品の仕掛けを見てみると「直ブラ」、「ブランコ」の2種類あり、初心者の方は2つの仕掛けの違いがイマイチわからないと思います。

そこで、2つの仕掛けは何が違うかと言うと・・・

ブランコの特徴

ブランコは直結に比べるとアタリは取りにくいですが、バラしにくく、イカを船に引き揚げる時は楽になります。

ヤリイカ釣りでは主にブランコを使用します。ブランコは、サバの邪魔に弱いといった弱点がある為、サバが多い場合は直結の方が有利になる事もあります。

 

直結の特徴

イカが掛かりリールを巻いてくる時に糸を たるませると、すぐにバレてしまいます。イカを船に引き揚げる時も、ブランコより扱いが難しく、バレやすい傾向にあります。しかし、手返しが早くアタリがとりやすい仕掛けです。

 

直結仕掛けはこちらへ

船釣りの仕掛けを自作しよう ヤリイカ・スルメイカ(直結仕掛け)編

 

その他

イカの仕掛けの種類で「直ブラ」と言うのも存在します。こちらはプラヅノではなく、スッテと言う仕掛けを使用した マルイカ用の仕掛けになります。マルイカ釣りの「直ブラ」仕掛けについてはこちらへ

船釣りの仕掛けを自作しよう マルイカ(直ブラ仕掛け)編

 

必要な材料

 

ヤリイカ用

  • ハリス(幹糸で使用) 4~6号
  • ハリス(枝糸で使用) 2~4号
  • プラヅノ(イカヅノ) 11cm、14cm
  • サルカン 2~3号
  • スナップ付きサルカン 2~4号

場合により使用する材料(無くても作成可能)

  • 回転ビーズ

 

スルメイカ用

  • ハリス(幹糸で使用) 4~8号
  • ハリス(枝糸で使用) 4~5号
  • プラヅノ(イカヅノ) 14cm、18cm
  • サルカン 2~3号
  • スナップ付きサルカン 2~4号

場合により使用する材料(無くても作成可能)

  • 回転ビーズ

 

ハリスについて

ヤリイカ用では、幹糸4~6号、枝糸2~4号のハリスを使用します。

スルメイカ用では、幹糸4~8号、枝糸4~5号のハリスを使用します。

イカは目が良い為、素材は透明度の高いフロロカーボン製を使用します。

 

通常のハリスは100m前後で販売されているものが多いですが、こちらは200mでお買い得なハリスになります。

 

プラヅノ(イカヅノ)について

プラヅノ(イカヅノ)のサイズは11cm、14cm、18cmの3種類あります。

ヤリイカ釣りでは主に11cmを使用し、イカのサイズが大きい場合に14cmを使用します。

スルメイカ釣りでは主に14cm、18cmを使用します。

プラヅノ(イカヅノ)の数は、ヤリイカ釣りでは5~8本使用します。ヤリイカは海底付近にいる為、あまり数を増やしても意味がありません。スルメイカ釣りでは5~15本使用します。スルメイカはヤリイカに比べ、広範囲を活発的に泳いでいる為、数を増やす事は効果的です。

カラーについては、これさえあれば大丈夫といったカラーはありません。その日ごとや時間帯によっても反応が良いカラーは変わりますので、色々試してみると面白いかもしれません。

 

サルカンについて

サルカンのサイズは、道糸側に2~3号、オモリ側に2~4号を使用します。

道糸側にスナップ無し、オモリ側にスナップ付きを使用すると、仕掛けを使用する時に迷わず準備する事ができます。

 

サルカンにはボールベアリングが組み込まれ、回転性能を高めた高性能サルカンも存在します。通常のサルカンは号数が上がればサイズは小さくなりますが、ボールベアリングサルカンは号数が上がるとサイズが大きくなる為、サイズ選びでは注意が必要です。

 

回転ビーズについて

幹糸と枝糸を接続する為に使用します。

回転ビーズを使用する事で、簡単に枝糸とプラヅノを交換できるようになります。そして、イカが掛かりリールを巻き上げてくる途中、イカが回転しながら上がってくる事があります。幹糸に枝糸を直接結んでいる仕掛けの場合、イカが回転する事によって幹糸と枝糸がねじれて傷んでしまいますが、回転ビーズを使用する事でビーズ本体が回転する為、ねじれを抑える事ができます。

回転ビーズにも色々種類がありますが、オススメはダイワの「快適D-ビーズマーキング」です。

快適D-ビーズマーキングには、他の回転ビーズには無い特徴があります。その特徴をイラストにしてみました。

最大の特徴は、枝糸の通り道が斜め上向きになっていて、水中でプラヅノの位置が通常の回転ビーズより高くなります。プラヅノが水中で自然な感じで漂うようになったり、幹糸とプラヅノが絡まる事を防ぐ効果があります。

 

通常は1袋12個入りですが、お徳用パックは1袋36個入りになっていて、12個入りを3袋買うよりお得に購入できます。

 

作ってみよう

材料がそろったら作ってみましょう。

 

 

幹糸と枝糸の接続方法

幹糸と枝糸を接続する方法を2パターン紹介します。

ヨリチチワに接続(パターン1)

 

ヨリチチワと枝糸の結び方は慣れている結び方でOKです。しかし、釣りの最中にスッテを交換する場合など、できるだけ簡単に結びたいところです。そこでオススメなのが「深海結び」です。深海結びはその名の通り、深海魚釣りでよく使用されている結び方です。深海魚釣りでは針を沢山使用するため、枝糸を素早く簡単に結べる「深海結び」が大活躍します。

 

回転ビーズを使用(パターン2)

 

枝糸とプラヅノの結び方

 

金具と幹糸の結び方

ヤリイカ、スルメイカ釣りでは、使用するオモリは100号以上が多く、狙う水深は100mを超えるポイントが多い釣りです。そのような状況では、ラインや結び目にかかる負荷は大きくなる為、適当に結んでしまうと最悪切れてしまう事もあります。その為、幹糸や枝糸はしっかり結ぶ事が必要です。

金具とラインの基本的な結び方はこちらへ
これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

仕掛けの保管方法

作成した仕掛けを保管する場合、何も考えずにケースに入れてしまったら、糸が絡まって使えなくなってしまいます。プラヅノ(イカヅノ)を収納する専用のケースなどを使用すると、糸が絡まることなく作成した仕掛けを収納することができます。

 

ハードケースタイプのプラヅノ収納用品です。ハードケースタイプはカンナ部(針)もしっかり収容できる為、他の仕掛けや釣り具を傷付ける事がありません。

 

ソフトタイプのイカヅノ収納用品です。ソフトタイプは薄く、かさばらずに収納する事ができます。

 

ハードケースとソフトタイプの組み合わせのイカヅノ収納用品です。こちらもカンナ部(針)もしっかり収容できる為、他の仕掛けや釣り具を傷付ける事がありません。

 

最後に

直結仕掛けはこちらへ

船釣りの仕掛けを自作しよう ヤリイカ・スルメイカ(直結仕掛け)編

 

ヤリイカ釣りのタックルも紹介しています。代用で使用できる他の釣りのロッドや、現行版を中心にこの釣りで使用できる具体的なリール・ロッドやラインなどの情報はこちらへ

船釣りタックル紹介 ヤリイカ編

 

スルメイカ釣りのタックルも紹介しています。代用で使用できる他の釣りのロッドや、現行版を中心にこの釣りで使用できる具体的なリール・ロッドやラインなどの情報はこちらへ

船釣りタックル紹介 スルメイカ編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧