スポンサーリンク

船釣りの仕掛けを自作しよう イシモチ編

堤防や砂浜からの投げ釣りでお馴染みのイシモチですが、東京湾を中心にイシモチ狙いの船を出している船宿があります。船釣りの中では比較的ライトタックルで釣りをすることができ、あまり沖に出ない お手軽な船釣りで、サイズの割には引きが強く簡単に釣る事ができる魚の為、初心者でも十分に楽しめる釣りです。

仕掛けは胴突き2~3本針の仕掛けで、作りは簡単な仕掛けです。そんなイシモチの仕掛けを自作してみてはいかがでしょうか?

自作の仕掛けの利点はコストを抑えられる事です。作る楽しさもあり、自作の仕掛けで釣れた時の喜びは完成品の仕掛けを使用して釣れた時より大きいと思います。そして、仕掛けを自作できる技術があれば、船の上で傷んだハリスを切って、仕掛けを作り直す事もできるようになる為、一つの仕掛けを長持ちさせる事だってできます。

 

必要な材料

  • ハリス(幹糸で使用) 3~4号
  • ハリス(枝糸で使用) 2~3号
  • 針 丸セイゴ10~13号、ムツ10~13号
  • サルカン 9~10号
  • スナップ付きサルカン 9~10号
  • 夜光玉、ビーズ

仕掛けの種類により必要なもの

  • 回転ビーズ

 

ハリスについて

幹糸に3~4号、枝糸に2~3号のハリスを使用します。

低活性時は枝糸(ハリス)を細くすると効果的です。

 

通常のハリスは100m前後で販売されているものが多いですが、こちらは200mでお買い得なハリスになります。

 

針について

丸セイゴ10~13号、ムツ10~13号を使用します。

 

サルカン、スナップ付きサルカンについて

道糸側にサルカン9~10号、オモリ側にスナップ付きサルカン9~10号を使用します。

道糸側にサルカン、オモリ側にスナップ付きサルカンを使用すると、釣り場で仕掛けを迷わず準備する事ができます。

 

夜光玉、ビーズについて

エサをアピールさせる為に使用します。

濁りがある場合は夜光タイプが有効です。

 

回転ビーズについて

幹糸と枝糸(ハリス)を結ぶ時に使用します。幹糸に枝糸を直接結ぶ場合は必要ありません。

使用する幹糸と枝糸の太さに合わせてサイズを選びます。

 

オススメはダイワの「快適D-ビーズマーキング」です。

回転ビーズには色々な種類があります。「どれも一緒じゃない?」と思う方もいるかと思いますが、快適D-ビーズマーキングには、他の回転ビーズには無い特徴があります。その特徴をイラストにしてみました。

最大の特徴は、ハリスの通り道が斜め上向きになっていて、枝糸に張りを持たせ、ハリスが絡まる事を防ぐ効果があります。

通常は1袋12個入りですが、お徳用パックは1袋36個入りになっていて、12個入りを3袋買うよりお得に購入できます。

 

作ってみよう

材料がそろったら作ってみましょう。

2本針仕掛け

2本針の仕掛けは初心者でも簡単に扱えます。風が強い場合や、乗船人数が多くオマツリが多発する場合にも有効です。

3本針仕掛け

3本針の仕掛けは数を狙う場合や、この釣りに慣れている人向けの仕掛けです。

 

スナップ付きサルカンへの幹糸の結び方

スナップ付きサルカンへは、クリンチノットや強度の高い完全結びで結びます。

 

結び方はこちらへ
これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

針と枝糸(ハリス)の結び方

外掛け結びで針と枝糸(ハリス)を結びます。

夜光玉を使用する場合は針を結ぶ前にハリスに通します。

 

幹糸と枝糸(ハリス)の接続方法

幹糸と枝糸(ハリス)のオススメな接続方法は2パターンあります。

幹糸に直接結ぶ

幹糸に枝糸を直接結びます。シンプルでコストは低いですが、枝糸の交換はできません。

 

回転ビーズを使用

8の字結びで回転ビーズを固定します。

回転ビーズのコストは上がってしまいますが、枝糸の交換が簡単にできます。

これで完成です。

 

最後に

イシモチ釣りのタックルもイラスト付きで紹介しています。代用で使用できる他の釣りのロッドや、現行版を中心にこの釣りで使用できる具体的なリール・ロッドやラインなどの情報はこちらへ

船釣りタックル紹介 イシモチ編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧