スポンサーリンク

シリヤケイカの仕掛けを自作しよう

東京湾の海釣り施設で、ブームになりつつあるシリヤケイカ釣り。シリヤケイカはコウイカの仲間ですが、コウイカがほとんどいないような湾奥でも釣る事ができるイカです。

陸っぱりでのイカ釣りと言えば、エギを使用するエギングが有名ですが、エギに似た「スッテ」と言う仕掛けを使用した釣りもあります。

釣具屋に行くと、イカ釣りの仕掛けは様々なものが売られています。エギや船釣り用の完成品の仕掛けは、数多く見かける事があると思いますが、スッテを使用した完成品の仕掛けは、あまり見かけないと思います。陸っぱりでスッテを使用した釣りは、エギングに比べると、まだまだマイナーな為、仕掛けの種類自体が少ないんです。

仕掛けが無いなら、作ってしまいましょう。材料さえ揃えれば、作る事はそれほど難しくはありません。

シリヤケイカを狙う場合、エギングだけで十分と言う人もいるかもしれませんが、スッテを使用した仕掛けは、アクションを加えず置き竿で狙う事ができます。釣りへ行く時は、エギとスッテの両方を持って行くと、色々な状況に対応できるのでオススメです。

 

スッテとエギの違い

先ほどから登場している、「スッテ」と「エギ」ですが、釣りに詳しくない人は、何それって感じですよね。多少、釣りの経験があって、エギの事は知っていても、スッテの事はよく知らないなんて人もいるかと思います。

スッテとエギ、両方ともイカを釣る為の疑似餌です。イカは魚を捕食する為、スッテとエギは魚に似せています。なので、スッテとエギもそっくりです。

それじゃ、スッテとエギは何が違うのかと言うと・・・

上がエギで、下がスッテです。

多少、形が違うものの、最大の違いは、エギにはオモリが付いていて、エギのみで使用する事ができますが、スッテにはオモリが付いていないので、オモリと一緒に使用します。(一部例外あり)

 

必要なもの

  • 幹糸
  • ハリス(幹糸と一緒でOK)
  • スッテ
  • サルカン、スナップ付きサルカン
  • 回転ビーズ(ダイワ 快適D-ビーズマーキング L)(無くてもOK)

必要な材料の写真です。

シリヤケイカ釣りでは、スッテが特に重要です。サイズは8~11cmで、サスペンドタイプ(水中でほぼ停止)を使用します。スッテの数は、一つの仕掛けに1~3本使用します。

オススメなのが、ヤマシタのととスッテRです。水中で水平姿勢をキープする優れもので、アクションを加えなくても、置き竿で釣れてしまいます。しかし、人気の為、シリヤケイカやコウイカのシーズンになると品薄になる傾向があります。

 

幹糸、ハリスはナイロン、又はフロロカーボンを使用します。幹糸は基本3~4号を使用しますが、スッテ1本の場合は5号を使用してもOKです。ハリスも3~4号を使用します。ルアー用のショックリーダーでもOKです。太さは12~16lb(2~3号)です。

サルカンのサイズは、あまりにもサイズが違うもの(アジング用やマグロ用など)でなければOKです。オモリ側にスナップ付き、リール側にスナップ無しを使用すると、仕掛けを使用する時に迷わず準備する事ができます。

 

快適D-ビーズマーキングについて

快適D-ビーズマーキングの他にも、同じように使用する事ができる回転ビーズは、数種類あります。「どれも一緒じゃない?」と思う方もいるかと思いますが、快適D-ビーズマーキングには、他の回転ビーズには無い特徴があります。その特徴をイラストにしてみました。

最大の特徴は、ハリスの通り道が斜め上向きになっていて、水中でスッテの位置が通常の回転ビーズより高くなります。スッテが水中で自然な感じで漂うようになったり、幹糸とスッテが絡まる事を防ぐ効果があります。

回転ビーズを使用する時の注意点で、ビーズにも色々なサイズがあります。使用する幹糸とハリスの太さが、使用する回転ビーズに適合しているか確認が必要です。

 

作ってみよう

スッテ1本の仕掛け

スッテ1本のみ、ハリスを長くする事が可能です。(スッテ2本以上だと、扱いずらい)

 

幹糸にスッテを接続しますが、今回はこの3パターンの紹介です。

ヨリチチワに接続

ヨリチチワを作成し、そこにハリスを結びます。使用する材料が少なくシンプルな仕掛けです。ヨリチチワは船のイカ釣りで使用される結び方です。

 

ヨリチチワとハリスの結び方は、慣れている結び方でOKです。しかし、ハリスを短くした場合、複雑な結び方では少々大変なので、出来るだけ簡単に結びたいところです。そこでオススメなのが「深海結び」です。

深海結びは、その名の通り、深海魚狙いの船釣りで よく使用されている結び方です。深海魚釣りでは、針を沢山使用する為、ハリスを素早く簡単に結べる深海結びを使用します。

 

回転ビーズの使用

3つのパターンの中で、一番簡単に作成できる仕掛けで、幹糸に回転ビーズを通し、固定したい箇所の上下で8の字結びをするだけです。欠点は、回転ビーズが必要になってしまう事ですが、割れたりしなければ、何度でも再利用可能です。

 

親子サルカン、トリプルサルカンの使用

こちらも比較的簡単に作成できる仕掛けです。回転ビーズ同様に、親子サルカンやトリプルサルカンが必要になります。この仕掛けのみ、簡単に捨て糸を細くする事ができるので、オモリが根掛かりしても、スッテが戻ってくる確率がUPします。

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

スッテ2~3本の仕掛け

各箇所の結び方は、スッテ1本の仕掛けを参照して下さい。

スッテを2本のみ使用する場合は寸法などはそのままで、イラストのスッテを1本減らして下さい。

この仕掛けで、親子サルカンやトリプルサルカンを使用すると、仕掛けが絡まりやすくなり、オマツリした場合に、ほどくのが大変になる為、オススメできません。

 

仕掛けの保管方法

作成した仕掛けを保管する場合、何も考えずにケースに入れてしまったら、糸が絡まって使えなくなってしまいます。スッテを収納する専用のケースなどを使用すると、糸が絡まることなく、作成した仕掛けを収納することができます。

釣り終了後、仕掛けの痛みが少なく、次の釣りでも使用する場合にもスッテを収納する専用ケースがあると便利です。

 

ソフトタイプのイカヅノ収納用品です。ソフトタイプは薄く、かさばらずに収納する事ができます。

※品名がヤリイカなどで使用するイカヅノになっていますが、スッテでも使用できます。

 

ハードケースとソフトタイプの組み合わせのイカヅノ収納用品です。こちらはカンナ部(針)をしっかり収容できる為、他の仕掛けや釣り具を傷付ける事がありません。

 

最後に

「エギ」を使用したタックルと仕掛けはこちらへ

タックル紹介 シリヤケイカ(エギング)編

 

「スッテ」を使用したタックルと仕掛けはこちらへ

タックル紹介 シリヤケイカ(スッテ仕掛け)編

 

その他の釣りも色々紹介していますので、興味がある方はサイトマップもご覧ください。

サイトマップ