スポンサーリンク

仕掛けを自作しよう モンゴウイカ(カミナリイカ)編

モンゴウイカ(正式和名:カミナリイカ)の仕掛けを自作してみてはいかがでしょうか?

仕掛けを自作する利点は、仕掛けに掛かるコストを下げる事ができます。そして、仕掛けを自作できる技術があれば、傷んだハリスを切って、仕掛けを作り直す事もできるようになる為、一つの仕掛けを長持ちさせる事だってできます。

今回は、「スッテ」という疑似餌を使用した仕掛けの作り方の紹介です。モンゴウイカは肉食性の為、主に小魚を襲い捕食しています。スッテはモンゴウイカが捕食している小魚に似せた疑似餌です。

 

スッテとエギの違い

疑似餌を使用するイカ釣りでは、「スッテ」と「エギ」を主に使用します。

スッテとエギの見た目は似ていますが、何が違うのかと言うと・・・

上がエギで、下がスッテです。

大きな違いは、エギにはオモリが付いていてエギ単体で使用する事ができますが、スッテにはオモリが付いていない為、釣りをする時はオモリが必要になります。(一部例外あり)

 

必要な材料

  • ハリス(幹糸で使用) 3~4号
  • ハリス(枝糸で使用) 3~4号
  • スッテ(コウイカ用) 8~11cm
  • サルカン 5~6号
  • スナップ付きサルカン 5~6号

場合により使用する材料(無くても作成可能)

  • 親子サルカン
  • トリプルサルカン
  • 回転ビーズ

 

ハリスについて

幹糸と枝糸に3~4号のフロロカーボン素材のハリスを使用し、枝糸は幹糸と同じか細い号数のハリスを使用します。

船釣り用のハリスや、ルアー用のショックリーダー(12~16lb)などを使用します。

 

通常の船用ハリスは100m前後で販売されているものが多いですが、こちらは200mでお買い得なハリスになります。

 

スッテについて

コウイカ用のスッテ、サイズ8~11cmを1~3本使用します。

スッテのカラーは、日中で潮が澄んでいる場合は、グリーン、パープル、ブルーなどのリアルカラー。日中でも潮が濁っている場合は、オレンジやピンクなどのアピールカラー。夜は、レッドヘッドや夜光、オレンジやピンクも効果的です。

 

サルカン、スナップ付きサルカンについて

道糸側に5~6号前後のサルカンを使用します。

オモリ側に5~6号前後のスナップ付きサルカンを使用します。

道糸側にスナップ無し、オモリ側にスナップ付きを使用すると、仕掛けを使用する時に迷わず準備する事ができます。

 

サルカンにはボールベアリングが組み込まれ、回転性能を高めた高性能サルカンも存在します。通常のサルカンは号数が上がればサイズは小さくなりますが、ボールベアリングサルカンは号数が上がるとサイズが大きくなる為、サイズ選びでは注意が必要です。

 

親子サルカン、トリプルサルカンについて

サルカンと同等の大きさのものを使用します。回転ビーズを使用する場合や、ヨリチチワに枝糸を直接結ぶ場合は、親子サルカン、トリプルサルカンを使用しません。

 

回転ビーズについて

幹糸と枝糸を接続する為に使用します。親子サルカン、トリプルサルカンを使用する場合や、ヨリチチワに枝糸を直接結ぶ場合は、回転ビーズを使用しません。

回転ビーズを使用する事で、簡単に枝糸とスッテを交換できるようになります。

回転ビーズにも色々種類がありますが、オススメはダイワの「快適D-ビーズマーキング」です。

快適D-ビーズマーキングには、他の回転ビーズには無い特徴があります。その特徴をイラストにしてみました。

最大の特徴は、枝糸の通り道が斜め上向きになっていて、水中でスッテの位置が通常の回転ビーズより高くなります。スッテが水中で自然な感じで漂うようになったり、幹糸とスッテが絡まる事を防ぐ効果があります。

 

通常は1袋12個入りですが、お徳用パックは1袋36個入りになっていて、12個入りを3袋買うよりお得に購入できます。

 

作ってみよう

材料がそろったら作ってみましょう。

 

 

幹糸と枝糸の接続方法

幹糸と枝糸を接続する方法を3パターン紹介します。

ヨリチチワに接続(パターン1)

 

ヨヨリチチワと枝糸の結び方は慣れている結び方でOKです。しかし、釣りの最中にスッテを交換する場合など、できるだけ簡単に結びたいところです。そこでオススメなのが「深海結び」です。深海結びはその名の通り、深海魚釣りでよく使用されている結び方です。深海魚釣りでは針を沢山使用するため、枝糸を素早く簡単に結べる「深海結び」が大活躍します。

 

回転ビーズの使用(パターン2)

 

親子サルカン、トリプルサルカンの使用(パターン3)

基本的な糸の結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

仕掛けの保管方法

作成した仕掛けを保管する場合、何も考えずにケースに入れてしまったら、糸が絡まって使えなくなってしまいます。スッテを収納する専用のケースなどを使用すると、糸が絡まることなく、作成した仕掛けを収納することができます。

釣り終了後、仕掛けの痛みが少なく、次の釣りでも使用する場合にもスッテを収納する専用ケースがあると便利です。

 

ソフトタイプのイカヅノ収納用品です。ソフトタイプは薄く、かさばらずに収納する事ができます。

※品名がヤリイカなどで使用するイカヅノになっていますが、スッテでも使用できます。

 

ハードケースとソフトタイプの組み合わせのイカヅノ収納用品です。こちらはカンナ部(針)をしっかり収容できる為、他の仕掛けや釣り具を傷付ける事がありません。

 

最後に

「エギ」を使用したエギングのタックルと仕掛けはこちらへ

タックル紹介 モンゴウイカ(エギング)編

 

「スッテ」を使用したタックルと仕掛けはこちらへ

タックル紹介 モンゴウイカ(スッテ仕掛け)編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧