スポンサーリンク

マルイカの仕掛けを自作しよう

マルイカ(正式名称:ケンサキイカ)釣りは、ゲーム性が高く、食べても美味しいイカなので、この釣りに ハマっている人は多いかと思います。

船宿のサイトや新聞などで、「マルイカ絶好調」などと紹介されると、釣具屋からマルイカ釣りで使用する完成品の仕掛けが売り切れてしまう事って、結構ありますよね。直ブラの仕掛けが欲しかったのに、直結仕掛けしか残っていないなんてことも。

インターネットで買おうにも、まとめ買いでもしないと、送料を含めると高くついてしまう場合があります。

こんな時こそ、マルイカの仕掛けを作ってしまいましょう。他の釣りの仕掛けに比べると、少々手間はかかりますが、それほど難しくはありません。

 

仕掛けの種類

船のイカ釣りの仕掛けで、よく耳にするのは 直ブラブランコ直結 の3種類ではないでしょうか?どんな違いがあるのかと言うと、うーん、文字だけでは説明しにくい・・・。

と、言うことでイラストを作ってみました。(このページにあるイラストは、クリックするとすべて拡大して見る事ができます)

これでイカ釣りの仕掛けが、あまり詳しくなくてもイメージはできるかと思います。

直ブラは、マルイカ釣りで最もポピュラーな仕掛けです。直結に比べるとアタリは取りにくいですが、イカをバラしにくいです。

ブランコは、直ブラのハリスを長くした仕掛けです。一番アタリは取れませんが、バラしにくく、イカを船に引き揚げる時は楽です。

直結は、イカが掛かり、リールを巻いてくる途中に道糸を たるませるとバレてしまいます。イカを船に引き上げる時も、他の仕掛けより扱いが難しく、バレやすい傾向にあります。しかし、手返しが早く、アタリを取りやすい為、慣れている人向けの仕掛けです。

この3つの仕掛けを組み合わせ、5本スッテの内、上2つを直結で使用し 残りを直ブラや、上3つを直ブラで使用し 残りをブランコなど、色々試してみると面白いかもしれません。

プラヅノ(イカヅノ)と言うスッテより長いものを使用した、ブランコ、直結の仕掛けも存在します。こちらは、ヤリイカやスルメイカ用の仕掛けになります。ヤリイカ、スルメイカ釣りの仕掛けはこちらへ

ヤリイカ・スルメイカの仕掛けを自作しよう

 

必要なもの

  • 幹糸
  • ハリス(エダスと言う場合もあり)
  • スッテ
  • サルカン、スナップ付きサルカン
  • ビーズ(無くてもOK)
  • 回転ビーズ(ダイワ 快適D-ビーズマーキング L)(無くてもOK)

※ダイワ 快適D-ビーズマーキング(L)はお徳用パックの購入をオススメします。

 

必要な材料の写真です。

マルイカ釣りでは、スッテが特に重要です。スッテのサイズは3~6cmを使用します。主に4~5cmを使いますが、イカのサイズが小さい時などに3cm、イカのサイズが大きい時や深場を狙う場合に5cm以上を使用します。

スッテにもルアーと同じように、フローティング(浮く)、サスペンド(水中でほぼ停止)、シンキング(沈む)タイプがあります。直ブラでは シンキングが向いていて、ブランコには フローティング、サスペンドが向いています。直結はどのタイプを使用しても、ほぼ違いはありません。

そして、一つの仕掛けにスッテのサイズは統一しなくても良いので、5本スッテの場合、2本が5cm、別の2本が4cm、残り1本が3.5cmなど自由な組み合わせが可能です。

カラーは、これさえあれば大丈夫といったカラーはありません。その日ごとや時間帯によっても反応が良いカラーは変わりますので、色々試してみると面白いかもしれません。

幹糸、ハリスは ナイロンより透明度の高いフロロカーボンを使用します。幹糸は4~5号、ハリスは2~3号を使用します。

サルカンのサイズは、あまりにもサイズが違うもの(アジング用やマグロ用など)でなければOKです。オモリ側にスナップ付き、リール側にスナップ無しを使用すると、仕掛けを使用する時に迷わず準備する事ができます。

 

100m巻きのハリスが多いですが、こちらは200m巻きのお買い得ハリスです。

 

快適D-ビーズマーキングについて

快適D-ビーズマーキングの他にも、同じように使用する事ができる回転ビーズは、数種類あります。「どれも一緒じゃない?」と思う方もいるかと思いますが、快適D-ビーズマーキングには、他の回転ビーズには無い特徴があります。その特徴をイラストにしてみました。

最大の特徴は、ハリスの通り道が斜め上向きになっていて、水中でスッテの位置が通常の回転ビーズより高くなります。スッテが水中で自然な感じで漂うようになったり、幹糸とスッテが絡まる事を防ぐ効果があります。

回転ビーズにも色々なサイズがあります。使用する幹糸とハリスの太さが使用する回転ビーズに適合しているか確認が必要です。

 

作ってみよう

直ブラ

マルイカ釣りで、よく使用されている直ブラの仕掛けを作ってみましょう。

幹糸にスッテを接続しますが、今回はこの3パターンの紹介です。

ヨリチチワに直接スッテを接続

使用する材料が少なくシンプルな仕掛けです。しかし、スッテの取替えが出来ない弱点もあります。

 

短めのハリスを使用し、スッテに接続

まず、ヨリチチワを作成します。

 

ヨリチチワとスッテの間に 1~3cm程のハリスを使用してスッテを接続します。

ヨリチチワとハリスの結び方は、慣れている結び方でOKです。しかし、釣りの最中にスッテを交換する場合などには、できるだけ簡単に結びたいところです。そこでオススメなのが、今回紹介します「深海結び」です。深海結びは、その名の通り、深海魚釣りでよく使用されている結び方です。深海魚釣りでは、針を沢山使用するため、ハリスを素早く簡単に結べる「深海結び」が大活躍します。

 

回転ビーズ(ダイワ 快適D-ビーズマーキング)の使用

3つのパターンの中で、一番簡単に作成できる仕掛けです。

幹糸に回転ビーズを通し、固定したい箇所の上下で8の字結びをするだけです。欠点は、ビーズが必要になってしまう為、コストが上がってしまうことです。しかし、回転ビーズは再利用可能なので、割れたり無くしたりしなければ、何度でも再利用可能です。

 

ブランコ

ブランコの仕掛けを作ってみましょう。

ブランコは直ブラのハリスを長くした仕掛けになります。幹糸やハリスの結び方は、直ブラを参考にして下さい。

 

直結

直結の仕掛けを作ってみましょう。

スッテと幹糸の結び方は、直ブラの「ハリスとスッテの結び方」を参考にして下さい。

 

スッテのカンナ部(針の部分)に幹糸を直接結びますが、今回はこの2パターンの紹介です。

幹糸のみでカンナ部に接続

使用する材料が少なくシンプルな仕掛けです。

 

ビーズを使用し、カンナ部に接続

ビーズを使用する事によって、簡単にカンナ部へ接続できるようになります。

接続した時に、幹糸がビーズから抜けない事を確認して下さい。

 

仕掛けの保管方法

作成した仕掛けを保管する場合、何も考えずにケースに入れてしまったら、糸が絡まって使えなくなってしまいます。スッテを収納する専用のケースなどを使用すると、糸が絡まることなく、作成した仕掛けを収納することができます。

釣り終了後、仕掛けの痛みが少なく、次の釣りでも使用する場合にもスッテを収納する専用ケースがあると便利です。

 

ハードケースタイプのイカヅノ収納用品です。ハードケースタイプはカンナ部(針)もしっかり収容できる為、他の仕掛けや釣り具を傷付ける事がありません。

※品名がヤリイカなどで使用するイカヅノになっていますが、スッテでも使用できます。

 

ソフトタイプのイカヅノ収納用品です。ソフトタイプは薄く、かさばらずに収納する事ができます。

 

ハードケースとソフトタイプの組み合わせのイカヅノ収納用品です。こちらもカンナ部(針)もしっかり収容できる為、他の仕掛けや釣り具を傷付ける事がありません。

 

最後に

マルイカ釣りのタックルも紹介しています。代用で使用できる他の釣りのロッドや、現行版を中心にこの釣りで使用できる具体的なリール・ロッドやラインなどの情報はこちらへ

タックル紹介 マルイカ編

 

その他の釣りも色々紹介していますので、興味がある方はサイトマップもご覧ください。

サイトマップ