スポンサーリンク

船釣りの仕掛けを自作しよう アカムツ(のどぐろ)編

高級魚が狙える中深場釣り。

中でもアカムツ(のどぐろ)は超が付くほどの高級魚。刺身で食べられるくらい新鮮なものになると、なかなか気軽に買えるような価格ではないかと思います。釣って丁寧に絞めたアカムツは、ほぼ臭みは無く、「白身のトロ」と言われ、脂乗りは良く絶品です。

そんなアカムツの仕掛けを自作してみてはいかがでしょうか?

仕掛けを自作する利点は、仕掛けに掛かるコストを下げる事ができます。そして、仕掛けを自作できる技術があれば、傷んだハリスを切って、仕掛けを作り直す事もできるようになる為、一つの仕掛けを長持ちさせる事だってできます。

 

必要なもの

  • ハリス(幹糸で使用) 8~10号
  • ハリス(枝糸で使用) 6~8号
  • ムツ針 16~18号
  • サルカン 4~5号
  • スナップ付きサルカン 3~4号
  • 回転ビーズ(ダイワ 快適D-ビーズマーキング LL)

場合により必要なもの

  • YAMASHITA マシュマロボール

※マシュマロボールはサメや外道が多い場合は外します。

必要な材料の写真です。

 

ハリスについて

幹糸には8~10号、枝糸(ハリス)には6~8号のフロロカーボン素材の船用ハリスを使用します。

 

通常のハリスは100m前後で販売されているものが多いですが、こちらは200mでお買い得なハリスになります。

 

針について

むつ針16~18号を使用します。

 

ケイムラ仕様など、目立つように加工してある針も有効です。

 

アカムツ専用の特殊形状の針も販売されています。

 

マシュマロボールについて

アカムツやオニカサゴなど、中深場釣りで人気の高いマシュマロボール。アカムツは少し上を意識している為、針の部分に浮力のあるものを取付けると効果的で、マシュマロボールは浮力があり、アカムツ釣りで威力を発揮します。仕掛けをアピールさせる場合に使用し、色や大きさなど様々な種類がある事が特徴です。

 

回転ビーズについて

幹糸とエダスを結ぶ時に使用します。

オススメはダイワの「快適D-ビーズマーキング」です。

回転ビーズには色々な種類があります。「どれも一緒じゃない?」と思う方もいるかと思いますが、快適D-ビーズマーキングには他の回転ビーズには無い特徴があります。その特徴をイラストにしてみました。

最大の特徴は、ハリスの通り道が斜め上向きになっていて、水中で針の位置が通常の回転ビーズより高くなります。エサが水中で自然な感じで漂うようになったり、幹糸とハリスが絡まる事を防ぐ効果があります。

通常は1袋12個入りですが、お徳用パックは1袋36個入りになっていて、12個入りを3袋買うよりお得に購入できます。

 

作ってみよう

材料がそろったら作ってみましょう。

 

幹糸と枝糸(ハリス)の接続方法

回転ビーズ(快適D-ビーズマーキング)を使用して幹糸と枝糸(ハリス)を接続します。

8の字結びで回転ビーズを固定します。

 

針と枝糸(ハリス)の結び方

外掛け結びで針と枝糸(ハリス)を結びます。

 

サルカンと幹糸の結び方など、その他の結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

仕掛けの保管方法

作成した仕掛けを保管する場合、何も考えずにケースに入れてしまったら、糸が絡まって使えなくなってしまう場合があります。専用の仕掛け収納ケースなどを使用すると、糸が絡まることなく作成した仕掛けを収納することができ、船の上でもすぐに使用する事ができます。

 

使用方法

アカムツ(のどぐろ)は底付近にいる魚なので、ほぼ底付近を狙います。この時に仕掛けを一度底まで落とし、底が確認できたらすぐに道糸のたるみをとり底から浮かせます。ここからスタートと言うわけですが、注意事項があります。アタリを待っている時に、オモリが底に付きっぱなしの状態はNGです。オマツリの原因になるので、まわりの人に迷惑をかけてしまいます

この仕掛けの場合、アタリを待っている間、あまり激しく動かさない方が良いです。ゆっくり誘いを入れている時や、仕掛けを止めている時にアタリが多いです。

マシュマロボールなど、目立つ仕掛けは、サメや外道も寄せてしまいます。サメや外道が多い場合、目立つ仕掛けはすべて外します。

 

この仕掛けの利点

この仕掛けの最大の利点は、なんと言っても価格を抑えられるところです。価格を抑えたことによって、仕掛けをダメにされても、ためらうことなく新しいものに交換できます。

幹糸がしっかりしていれば、ハリスがダメになってもすぐ新しい針に変えられるところも大きな利点です。幹糸部も気がつかないうちに痛んでいる場合も結構あります。痛んでいることに気がついたら、ためらわずに新しいものに取替えましょう。

オマツリしてしまっても、仕掛けに親子サルカンやトリプルサルカンを使用していない為、シンプルで比較的簡単に解くことができると思います。もし仕掛けが傷んでしまっても、快適D-ビーズマーキングは再利用できます。

 

最後に

アカムツ釣りのタックルも紹介しています。代用で使用できる他の釣りのロッドや、現行版を中心にこの釣りで使用できる具体的なリール・ロッドやラインなどの情報はこちらへ

船釣りタックル紹介 アカムツ編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧