スポンサーリンク

船釣りの仕掛けを自作しよう タチウオ編

エサ釣りからルアーフィッシングまで、様々な釣り方で狙う事のできるタチウオは、人気の高いターゲットです。魚の切り身を使用するエサ釣り用のタチウオ仕掛けは、他の釣りで使用する針と形が少々違う事が特徴の仕掛けですが、針、ハリス、スナップ付きサルカンの3つの材料があれば仕掛けが完成してしまう簡単な作りの仕掛けです。

そんなタチウオの仕掛けを自作してみてはいかがでしょうか?

タチウオの鋭い歯に切られないように工夫したり、タチウオが興味を示すケミホタルなどの光る仕掛けを使用したりと、自作する事で仕掛けを改良し、オリジナルの仕掛けを作れる事も楽しみの一つです。そして、自作の仕掛けで釣れた時の喜びは完成品の仕掛けを使用して釣れた時より大きいと思います。そして、仕掛けを自作できる技術があれば、船の上で傷んだハリスを切って仕掛けを作り直す事もできるようになる為、一つの仕掛けを長持ちさせる事だってできます。

 

必要な材料

 

  • ハリス 5~10号
  • 針 タチウオ専用針(ワームフックでも代用可能)
  • スナップ付きサルカン 4~5号

場合により使用する材料

  • ケミホタル
  • 夜光チューブ

 

ハリスについて

5~10号のフロロカーボン製のハリスを使用します。

7~8号をメインで使用し、低活性時は細く、高活性時や大型狙いは太いハリスを使用します。

 

通常のハリスは100m前後で販売されているものが多いですが、こちらは200mでお買い得なハリスになります。

 

針について

タチウオ専用針を使用します。 ルアーフィッシングで使用するワームフックでも代用可能です。

タチウオ専用針は1/0~2/0号をメインで使用し、大型狙いは3/0号以上の大きい針を使用します。タチウオ専用針の利点は、エサがズレにくいように工夫されている事です。

 

スナップ付きサルカンについて

サイズ4~5号のスナップ付きサルカン、又はサルカンを使用します。

 

サルカンにはボールベアリングが組み込まれ、回転性能を高めた高性能サルカンも存在します。通常のサルカンは号数が上がればサイズは小さくなりますが、ボールベアリングサルカンは号数が上がるとサイズが大きくなる為、サイズ選びでは注意が必要です。

 

ケミホタルについて

ケミホタルは使い捨ての発光する仕掛けです。

タチウオは光るものに興味を示す為、使用すると釣果UPにつながる場合があります。

 

夜光チューブについて

ハリスや結び目をタチウオの鋭い歯から保護する為に使用します。

 

作ってみよう

材料がそろったら作ってみましょう。

 

針とハリスの結び方

 

サルカンと幹糸の結び方

幹糸、ハリスとサルカンの結び方はこちらへ
これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

仕掛けの保管方法

作成した仕掛けを保管する場合、そのままケースに入れてしまったら、糸が絡まって使えなくなってしまう場合があります。専用の仕掛け収納ケースなどを使用すると、糸が絡まることなく作成した仕掛けを収納することができ、船の上でもすぐに使用する事ができます。

 

最後に

タチウオ釣り(片テンビン)のタックルもイラスト付きで紹介しています。代用で使用できる他の釣りのロッドや、現行版を中心にこの釣りで使用できる具体的なリール・ロッドやラインなどの情報はこちらへ

船釣りタックル紹介 タチウオ(片テンビン)編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧