スポンサーリンク

船釣りタックル紹介 タチウオ(片テンビン)編

 

片テンビンを使用したタチウオの船釣りでの基本的なタックルです。(イラストをクリックすると拡大して見る事ができます)

釣って楽しく食べて美味しいタチウオは、船・堤防とも人気のターゲットの一つです。日により釣果の当たりハズレは大きい魚ですが、条件が良い日に当たれば2桁の釣果を狙える魚で、大きなタチウオ(明確な基準はありませんが)は「ドラゴン」と言われ、多くの釣り人はこのドラゴンサイズを狙っているかと思います。

タチウオは少々危険な魚で、歯が鋭い為に取り扱い注意です。直接魚体に触れないで、魚つかみなどを使用すると安全に扱う事ができます。慣れていないと、釣り上げた直後は暴れるので、魚つかみでつかむまでが大変ですが・・・

船でのタチウオ釣りは、テンヤを使用した釣りや、ルアーで狙うジギングなどありますが、今回は片テンビンを使用したエサ釣りの紹介です。

釣果を伸ばす為には、まず相手を知る事が大事です。と言う事でタチウオの紹介です。

 

タチウオってどんな魚?

全長2mを超える特大サイズのタチウオも存在しますが、通常は約1.5m前後にまで成長する魚です。肉食魚で、小魚、イカなどを捕食し、歯が鋭くエサ取りが上手な事が特徴です。

群れて行動し、夜は水深数百mと深い場所に潜んで、日中は上の方まで移動して朝夕の高活性時は水面付近まで小魚を捕食しにやってきます。その為、時間帯などによりタチウオのいる水深が変わります。

幼魚の行動パターンは成魚とは逆で、日中は深い場所にいて、夜になると上へ移動してきます。河口などの汽水域まで入ってくる事があり、夜の堤などで狙う事ができます。

産卵期は6~10月で、雌(メス)の方が大きくなる事も特徴です。

鱗(ウロコ)が無く、調理しやすい魚で、体を覆ている銀色のものは「グアニン」と言う無味無臭の物質です。グアニンはこすればすぐ取る事ができますが、熱(約360°)で分解します。

外見が太刀(たち)に見える事や、頭を上にして立ち泳ぎをすることがある事が名前の由来になっています。

 

リールの選び方

使用する道糸が200m以上巻ける 電動リール 又は 両軸リール、ベイトリールを使用します。

高活性時など、アタリが多い時は電動リールが便利です。

タチウオ釣りは手持ちで誘いを入れ続ける釣りの為、きるだけ小さく軽いリールが向いています。

オススメリールサイズは・・・

ダイワは200~400番

シマノは600~1000番

入門用オススメ電動リール

価格を抑えた初心者向けのタチウオ釣りに向いている電動リールです。このサイズは汎用性が高く、他の様々な釣りでも使用する事ができます。

 

ステップアップ用オススメ電動リール

初心者向けリールより基本性能が高く、耐久性も上がっている為、少し高性能なリールが欲しい、長くリールを使用したい方などにも向いています。

 

高性能オススメ電動リール

ダイワ、シマノの高性能の電動リールです。性能重視の為、価格は上がってしまいますが、グレードの低いリールには無い機能や、パワー、スピードなど様々な面で性能が高くなっています。

 

バッテリーについて

電動リールを使用する為にはバッテリーが必要になります。バッテリーの種類で電動リールのパワーやスピードが上がる事はご存じでしょうか?

電動リールの性能UP!? リチウムイオンバッテリーとは?

 

ロッドの選び方

タチウオ用ロッド、タチウオテンヤ用ロッドを使用します。

汎用の船釣りロッドの場合は、使用するオモリが扱える 全長1.6~2.4m程で、9:1~6:4調子のものを使用します。調子は幅が広いですが、9:1~8:2調子は操作性重視、7:3~6:4調子は食い込み重視です。

入門用オススメロッド

価格を抑えた初心者向け。このサイズは汎用性が高く、他の釣りでも使用できます。

 

ステップアップ用オススメロッド

初心者向けのロッドより基本性能が高く、しなやかさ、感度などが上がっている為、扱いやすくなっています。

 

高性能オススメロッド

ダイワ、シマノの高性能ロッドです。性能重視の為、価格は上がってしまいますが、グリップの形状にもこだわり、細かい所の作りもしっかりしている為、見た目も良いロッドになっています。

 

道糸の選び方

道糸はPE2~4号を使用します。200m巻いてあれば使用できますが、トラブルなどを考慮して300m以上巻いてあれば安心です。

軽いオモリを使用する時は道糸を細めに、重いオモリを使用する場合は道糸を太めにします。しかし、太い道糸ほど潮の影響を受けやすくなり、オマツリしやすくなったり、アタリを取りづらくなってしまう為、注意が必要です。

 

道糸の結び方はこちら

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

オススメ道糸

とにかく安い道糸を使用したい方にオススメ

 

安い道糸を使用したいけど、激安な物では心配と言う方にオススメです。

 

高性能な道糸を使用したい方にオススメです。高密度12ブレイドラインの為、PEライン特有の糸鳴り音が大幅に削減されています。

 

仕掛け

テンビン、オモリ、ハリス、針を使用した仕掛けです。場合により、ケミホタルや水中ランプを使用します。

テンビンについて

アーム長30~50cmの片テンビンを使用します。

軽いオモリを使用する時はアーム長を短めに、重いオモリを使用する時はアーム長を長めにすると扱いやすくなります。

 

オモリについて

60~120号のオモリを使用します。

オモリの号数は、エリアや船宿で決められている為、事前に確認が必要です。

 

ハリスについて

5~10号を2~3m使用します。素材はフロロカーボンがオススメです。

 

針について

タチウオ専用1/0~2/0のサイズをメインで使用しますが、大型狙いは3/0を使用します。

最初のイラストのように針とハリスの接続部を夜光チューブやウキ止めゴムを10~15mmほど使用すると、タチウオの鋭い歯からハリスを守る事ができます。しかし、低活性時や深場狙い、大型狙いの時は夜行チューブを使用しない方が釣果が上がる場合もあります。

ルアーフィッシングで使用する、形の似ているワームフックでも代用可能ですが、タチウオ専用はエサの切り身がズレないよう、ケン付きになっている為、タチウオ専用の針の方がオススメです。

 

エサのズレにくさにこだわった、がまかつのタチウオ専用の針

 

ケミホタルについて

タチウオは、ケミホタルや水中ランプを使用すると反応が良くなる場合があります。水中ランプはテンビン付近に、ケミホタルはテンビン~針の間に付けて使用します。

 

便利グッズ

高断熱性エサ箱

この釣りでは、エサに魚の切り身を使用します。気温が上がってくると、切り身が時間と共に傷んでしまい、傷んだ切り身では針持ちも悪く、すぐ針から外れてしまったり、魚の食いも悪くなります。

このような状況で活躍するのが、断熱性の高いエサ箱、シマノの「サーモベイト ステン」です。

このエサ箱は外部の素材がABS樹脂、内部の素材がステンレスでできていて、ABS樹脂とステンレスの間に空気層があり、外部の温度が直接内部まで伝わらない為、中の切り身が長持ちします。中に保冷剤を入れて使用すると更に効果的です。

 

マグネット仕掛け置き

風が強い日やポイント移動時、風で仕掛けが流され扱いにくい状況になる事があります。

このような状況で活躍するのが、第一精工の「ウルトラマグネット」です。

ウルトラマグネットは磁石で出来ている仕掛け置きで、ロッドホルダーなどに挟み込んで固定します。磁石が比較的強くなっている為、小さな針でもしっかり固定する事ができるので、ポイント移動時や、風が強い日などでも仕掛けが扱いやすくなり、仕掛けが絡まる事も防止できます。

 

釣り方

ポイントに到着し、船長から開始の合図が出たら指示された水深まで仕掛けを沈めます。ここでアタリを数秒待ち、反応が無ければ、ロッドをシャクリ誘いをかけます。あとは、アタリを待ち、誘いをかけるの繰り返しです。

誘いの間隔は状況により変わる為、船長に聞くか、一番釣れている人を参考にしたり、自分で見つけ出すのも面白いかもしれません。

この釣りで重要なのは、タチウオは神出鬼没な魚です。タチウオのいる水深は、時間帯などにより変わる為、船長の指示するタナ(深さ)を的確に狙う必要があります。それともう一つ、エサがズレていない事も重要です。

 

最後に

その他のタチウオ釣りはこちらへ

船釣りタックル紹介 タチウオジギング編

船釣りタックル紹介 タチウオ(テンヤ)編

 

タチウオの仕掛けを自作してみてはいかがでしょうか?作成方法はこちらへ

船釣りの仕掛けを自作しよう タチウオ編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧