スポンサーリンク

船釣りタックル紹介 ひとつテンヤ編

 

ひとつテンヤの基本的なタックルです。(イラストをクリックすると拡大して見る事ができます)

ひとつテンヤはシンプルなタックル・仕掛けで、主にマダイを狙う釣り方です。マダイ以外にも、イナダやワラサなどの青物や、マハタ、カサゴ、メバル、ソイなどの根魚、ヒラメ、マゴチ、ハナダイなど様々な魚を釣る事ができるのが特徴の釣りです。

専用ロッドも各メーカーから販売され、仕掛けも 色・形・重さ・素材など数多くの種類が存在し、状況に合わせて仕掛けを替える為、ルアーフィッシングに近い感覚の釣りです。

色々な種類の魚が釣れ、意外な高級魚も釣れるひとつテンヤですが、最大のターゲットはマダイです。マダイを釣る為には、まず相手を知る事が大事です。と言う事でマダイの紹介です。

 

マダイってどんな魚?

最大で120cm程にまで成長し、北海道~九州まで幅広く分布しています。

成魚は水深30~200mの岩礁域、砂礫底の底付近に生息し、産卵期になると浅い岩礁域にやってきます。産卵期は地域によって異なり、九州南部では1月下旬~4月、青森は5月下旬~6月上旬で北に行くほど遅くなります。

肉食性で、小魚、甲殻類、貝類など幅広く捕食する為、ルアー釣りでの好ターゲットの魚です。

群れを作らず単独で行動する為、数釣りを狙うのが難しい魚でもあります。

旬は春と言われる事が多いですが、産卵後の3~4カ月を除けば美味しく頂く事ができ、頭や骨やヒレが硬く怪我しやすいので、さばくのが難しい魚とも言われています。

 

リールの選び方

使用する道糸が150m以上巻けるスピニングリールを使用します。

ベイトリールや両軸リールを使用したタックルも登場しましたが、初心者や慣れていない人は、スピニングタックルの使用をオススメします。

細い道糸を使用し大きなマダイや、パワーのある青物が相手になる為、高性能ドラグが必要になります。ドラグの性能が低い安物のリールや、メンテナンスをしていなく、ドラグ性能が落ちているリールなどは、不意の大物に対応できない為、オススメできません。

オススメリールサイズは・・・

ダイワは2500~3000番

シマノは2500~3000番

各メーカーでシャロースプールモデルなど、同じ型番でも糸巻量が違うものがあるので、購入の際は糸巻量を確認して下さい。

入門用オススメリール

ひとつテンヤを始めるには、このクラスのリールがオススメです。

 

ステップアップ用オススメリール

性能も良いダイワ・シマノの中級機種。このサイズは汎用性が高く、他の釣りでも使用できます。

 

高性能オススメリール

ダイワ・シマノの上位機種。最高のものを使用したいならコレです。性能重視のリールになりますので価格は高めです。お財布と相談が必要になってしまいます・・・

 

ロッドの選び方

専用のひとつテンヤロッドが最も扱いやすいですが、陸っぱりで使用するシーバス、メバル、アジのルアーロッド、エギングロッドでも代用可能です。

汎用の船釣りロッドの場合は、全長2.1~2.7m(7~9フィート)で、8:2~7:3調子のスピニングロッドを使用します。

アワセた際にしっかりフッキングでき、大物とのやり取りが見込まれる為、バットパワーのあるロッドがオススメです。そして、小さなアタリも感じ取れる感度の高さも重要です。

入門用オススメロッド

価格を抑えた初心者向けのひとつテンヤ専用ロッド。

 

ステップアップ用オススメロッド

性能も良いダイワ・シマノの中級ロッド。安いロッドより感度が良く、しなやかに曲がります。

 

 高性能オススメロッド

ダイワ・シマノの上位ロッド。最高のものを使用したいならコレです。性能重視のロッドになりますので価格は高めです。お財布と相談が必要になってしまいます・・・

 

道糸の選び方

道糸はPE0.6~1.0号を使用します。狙う水深は数十m程ですが、青物が掛かると一気に走られてしまう可能性が高い為、長さは最低でも150mは必要になります。

道糸は10mごとに色が変わり、1mごとにマーキングしてあるものが正確なタナ取りができる為ベストですが、色が変わらない道糸はこの釣りには向いていません。理由は、大物が掛かってやり取りする場合に、残り何mかを把握する事が重要にもなる為です。

 

道糸の結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

オススメ道糸

とにかく安い道糸を使用したい方にオススメ

 

安い道糸を使用したいけど、激安な物では心配と言う方にオススメです。

 

高性能な道糸を使用したい方にオススメです。高密度12ブレイドラインの為、PEライン特有の糸鳴り音が大幅に削減されています。

 

リーダーの選び方

リーダーは2~3号(8~12lb)を3~6m使用します。

ナイロン、フロロカーボンのどちらでも使用できますが、根が多いポイントでは、根ズレに強いフロロカーボンの使用をオススメします。

この釣りでは、大きなマダイや、パワーのある青物が相手になる為、道糸とリーダーはしっかり結ぶ事が必要になります。結び方は「FGノット」がオススメですが、場合により最強と言われている「PRノット」も必要になるかもしれません。

 

FGノット、PRノットの結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインとライン編

 

仕掛け

仕掛けは「テンヤ」と「カブラ」の2種類あります。更に、テンヤやカブラは「固定式」と「遊動式」に分かれます。

通常、重さは2~15号を使用しますが、地域や時期などで更に重い仕掛けを使用する場合がある為、事前に船宿に確認が必要です。

根があるポイントを狙う事がある為、根掛かりは付き物です。予備の仕掛けは多めに持って行きましょう。

 

テンヤについて

テンヤはユラユラ落ちる事が特徴です。

その為、フォール中(落ちていく途中)に魚にアピールする事ができ、フォールで魚を掛ける使い方に向いています。スローフォール傾向になる為、潮の影響を受けやすく、流れが速い場所では扱いにくい場合もあります。

 

カブラについて

カブラはストレートに速く落ちる事が特徴です。

潮の影響を受けにくく底取りが簡単にでき、手返しが良い仕掛けです。

※メーカーにより、テンヤもカブラのようにストレートに落ちるものがあります。

 

固定式・遊動式の違い

固定式と遊動式の最大の違いは、オモリが固定されているか、されていないかの違いです。

固定式は、絡みが少なく、根掛かりしにくい特徴があります。最近では、エサのエビを固定できるものも販売されています。

遊動式はエサを自然に見せる事ができ、魚に違和感を与えにくく、高感度で、魚を掛けた時にバレにくい特徴がありますが、リーダーに絡みやすい欠点もあります。

 

エサの付け方

最初にエサのエビの尾を取ります。ハサミなどは使用せず、手でちぎってもOKです。イラストのように、まっすぐテンヤかカブラに付けたら完成です。

オススメ仕掛け

一つで、テンヤにもカブラにもなる仕掛けがあります。ダイワの紅牙 遊動テンヤと言う仕掛けです。

リーダーの通す場所次第で、テンヤ・カブラのどちらにもなる面白い仕掛けです。

 

この仕掛けは、替え針も販売されていて、替え針は用途別に4種類存在します。

 

 

釣り方

最初に、大物が掛かっても対応できるように、リールのドラグを調整します。慣れている人は すぐできると思いますが、初心者の人は船長にお願いしましょう。

ポイントに到着し、船長から釣り開始の合図があったら、仕掛けを底まで沈めます。底まで沈める事を「底取り」や「底を取る」と言いますが、これがすごく重要です。

底取り後は、船長から指示があればその水深まで、無ければ底付近を探ります。探り方は、ロッドをシャクリ誘いをかけ、仕掛けを沈めるの繰り返しです。

テンヤの場合はフォール中によくアタリがあるので、少しでも違和感を感じたら、すぐにアワセを入れます。

大きな魚が掛かると、道糸が細い為、ドラグを使用したやり取りになります。時には数十分のやり取りになりますので、オマツリ防止の為、魚が掛かっている以外の人は一度仕掛けを上げてしまいましょう。

仕掛けを回収した際は、毎回エサのエビの状態を確認します。ズレて曲がっていたりすると、魚に違和感を与えてしまう為、頭の良いマダイなどは釣れなくなってしまいます。

 

最後に

その他の釣りも色々紹介していますので、興味がある方はサイトマップもご覧ください。

サイトマップ