スポンサーリンク

船釣りタックル紹介 ライトタックルアジ(サビキ)編

 

 

サビキを使用したライトタックルアジ(LTアジ)の基本的なタックル・仕掛けです。(イラストをクリックすると拡大して見る事ができます)

ライトタックルアジは、略して「LTアジ」と言われ、その名の通り、ライト(軽い)タックルや仕掛けを使用して、主に浅場でマアジを狙う釣りです。2~3本針を使用したコマセ釣りで狙う事が多い釣りですが、アジのサイズが小さい場合、サビキ釣りで狙う事ができます。

堤防などでもお馴染みのサビキ釣りですが、特徴は仕掛けの針の数が多く、数を狙う事ができる為、アジが高活性時には100匹を超える3桁の釣果になる事もあります。

釣果を伸ばす為には、相手を知る事が大事です。と言う事でマアジの紹介です。

 

マアジってどんな魚?

大きい個体では、最大50cm程になり、主にエビなどの甲殻類、ゴカイなどの多毛類、小魚やプランクトンを捕食しています。

マアジは「クロアジ」、「キアジ」の2種類存在します。

クロアジは沖合を群れで回遊し、背中に黒みを帯びていて、脂肪分が少なく痩せています。

キアジは一部地域の浅場の岩礁域などに定着し、背中に黄色みを帯びていて、クロアジより体高があり、脂肪分が多いマアジです。

キアジは別名「黄金アジ」や「金アジ」とも呼ばれ、メディアなどでも美味しいアジとして紹介されています。

マアジを扱う注意点として、ゼイゴ と言う棘状のウロコが体の真ん中辺りから尾にかけてあり、素手で触れると手が切れてしまう可能性がある為、手袋や魚ばさみ等で扱うと安全です。

 

リールの選び方

使用する道糸が100m以上巻ける 両軸リール 又は ベイトリールを使用します。

手持ちで誘いをかけ続ける釣りの為、あまり大きなサイズはこの釣りには向いていません。その為、できるだけ小さく軽いものがオススメです。

ほとんどの場合、ドラグはきつく締めた状態で使用し、ドラグを使った魚とのやりとりは行わないので、高性能ドラグなどの高価なリールは必要ありません。

オススメリールサイズは・・・

ダイワは100~200番

シマノは100~400番

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向けのライトタックルアジ釣りに向いている両軸リールです。このサイズは汎用性が高く、他の様々な釣りでも使用する事ができます。

 

ステップアップ用オススメリール

初心者向けリールより基本性能が高く、耐久性も上がっている為、少し高性能なリールが欲しい、長くリールを使用したい方などにも向いています。

 

高性能オススメリール

ダイワ、シマノの最上位機種。性能重視のリールになりますので価格は高めです。この釣りでは性能を持て余してしまいますが、汎用性は高いです。

 

ロッドの選び方

アジは口が弱く、硬いロッドなどでグイグイ引き上げてしまうと、すぐ口が切れて逃げられてしまいます。なので、ロッドは比較的柔らかいものをオススメします。

汎用の船釣りロッドの場合は、全長1.8~2.4m程で、7:3~6:4調子、使用するオモリが扱えるロッドを使用します。

入門用オススメロッド

価格を抑えたライトタックルアジ釣りに向いている初心者向けロッドです。

 

ステップアップ用オススメロッド

初心者向けのロッドより基本性能が高く、しなやかさ、感度などが上がっている為、扱いやすくなっています。

 

高性能オススメロッド

ダイワ、シマノの高性能ロッドです。性能重視の為、価格は上がってしまいますが、グリップの形状にもこだわり、細かい所の作りもしっかりしている為、見た目も良いロッドになっています。

 

道糸の選び方

道糸はPE1.5~2号を使用します。最低でも100m、ライントラブルを考慮して150mは巻いておくと安心です。

この釣りでは、「タナは底から2m」などと船長から指示があります。その為、1mごとにマーキングしてある船釣り専用の道糸を使用します。カウンター付きのリールを使用していれば問題ありませんが、マーキングの無いシーバスルアー用などの道糸を使用してしまうと、タナを合わせる事が難しくなってしまいます。

 

道糸の結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

オススメ道糸

とにかく安い道糸を使用したい方にオススメ

 

安い道糸を使用したいけど、激安な物では心配と言う方にオススメです。

 

高性能な道糸を使用したい方にオススメです。高密度12ブレイドラインの為、PEライン特有の糸鳴り音が大幅に削減されています。

 

仕掛けの選び方

コマセカゴ、クッションゴム、幹糸、枝糸(ハリス)、針、オモリを使用した仕掛けです。

サビキ釣りでは完成品の仕掛けが便利です。

 

コマセカゴについて

プラスチック製のカゴ、アンドンカゴを使用し、下サビキの場合はアンドンビシの30号前後を使用します。アンドンカゴとアンドンビシは、主にコマセがイワシミンチの時に使用します。

サイズは、時期や地域、船宿で決められている場合があるので、わからない時は事前に船宿に確認しましょう。

 

ビシとカゴの違いはこちらへ

船釣りで使う「ビシ」と「カゴ」は何が違うの?

 

クッションゴムについて

長さ20~30cm、太さ1.0~1.5mmのものを使用します。

 

幹糸・枝糸(ハリス)について

幹糸は3号、枝糸(ハリス)は1.0~1.5号、4~8cmの長さを使用します。

アジの活性が低く、食いが悪い場合は、ハリスを細くする事で釣れる確率が上がります。

 

針について

アジ7~8号、7~15本針を使用します。

 

オモリについて

30号前後を使用します。下サビキでアンドンビシを使用する場合は必要ありません。

サイズは、時期や地域、船宿で決められている場合があるので、わからない時は事前に船宿に確認しましょう。

 

釣りのコツ

  • 一度、仕掛けを海底まで沈め、竿をシャクリ上げながら、船長から指示されたタナまで仕掛けを巻き上げる
  • 針にイソメを付けると効果的(1cm位に切って使用する)
  • 1匹掛かってもすぐにリールを巻き上げず、追い食いを狙って数匹同時に釣り上げる。

 

注意点

  • アジのゼイゴ(体の真ん中辺りから尾にかけてある棘状のウロコ)は硬く手を切りやすい為、素手で扱う場合は注意が必要
  • コマセの補給は、隣の人と同時に行わないようにする
  • 中身の入っていないコマセカゴを放置しない
  • アカクラゲを触った手で、鼻などの皮膚が弱い所を触らないようにする

 

周りが釣れているのに、自分だけが釣れない場合の確認ポイント

タナ(狙う水深)

タナ(狙う水深)を間違えていると、ほとんど釣れません。イシモチやシロギスばかり釣れる場合、仕掛けの位置が深すぎ、底を引きずっている可能性が高いです。

道糸のマーカーを確認しながら、船長から指示されたタナに合わせましょう。

 

コマセカゴ

しばらく釣りをしていると、コマセカゴが目詰まりを起こします。この状態では、うまくコマセを撒く事ができない為、定期的にコマセカゴの掃除をしましょう。

コマセカゴにコマセを入れる時は、欲張って押し込みすぎると詰まりやすくなってしまう為、注意が必要です。

 

アワセの強さ

アジは他に魚に比べて口が柔らかい為、アワセが強すぎると口が切れてバレやすく(逃げられやすく)なってしまいます。

 

リールの巻上速度

アジは他に魚に比べて口が柔らかい為、リールの巻上速度が速すぎると、口が切れてバレやすく(逃げられやすく)なってしまいます。

 

魚の取り込み

アジを船に引き揚げ時、仕掛けを手で手繰り寄せますが、アジが抵抗している時に無理やり引っ張ってしまうと、クッションゴムが無い分、力がダイレクトにアジに掛かってしまい、バレやすく(逃げられやすく)なってしまいます。アジの動きに合わせて手繰り寄せ、船に揚げます。

 

アカクラゲ

仕掛けにアカクラゲが絡まる事があります。細くて赤い糸のような見た目です。アカクラゲが針や餌に絡まっていると、アジが餌に食いついてくれなくなります。アカクラゲが絡まっていたら、キレイに取りましょう。

尚、アカクラゲには毒があります。手で触ってもあまり影響はありませんが、一度触ると、しばらく小さな触手が手に残ってしまい、その手で皮膚の弱い所を触ってしまうと、触手の毒の影響で腫れてしまう為、注意が必要です。皮膚の弱い人は、できるだけ素手で触らないように気をつけて下さい。

 

最後に

通常のライトタックルアジ釣りはこちらへ

船釣りタックル紹介 ライトタックルアジ(LTアジ)編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧