スポンサーリンク

船釣りタックル紹介 オニカサゴ編

 

オニカサゴ釣りでの基本的なタックルです。(イラストをクリックすると拡大して見る事ができます)

オニカサゴは食べて美味しく、水圧の変化に強く最後まで強い引きで楽しませてくれるので、中深場釣りで人気の高いターゲットです。そして、毒がある棘(とげ)がある事でも知られていて、取り扱うには注意が必要な魚です。

刺身、焼き、煮物など、色々な料理方法で美味しく頂く事ができる魚で、特に あら や かま などの部位から良いダシが出るので、鍋もオススメの食べ方です。

釣果を伸ばす為には、まず相手を知る事が大事です。と言う事でオニカサゴの紹介です。

 

オニカサゴってどんな魚?

「オニカサゴ」は釣り人の間で呼ばれている名前で、正式名称は「イズカサゴ」という魚です。

イズカサゴは最大で50cm、重量2kg程になり、カサゴの仲間では大型で、水深100m前後~300mより浅い砂礫底や岩礁域の底付近に生息し、エビなどの甲殻類や小魚を捕食しています。

この魚の大きな特徴は、毒がある棘(とげ)がある事です。

毒がある棘に刺さると、激痛に伴い幹部が腫れ上がったり、症状が重い場合は呼吸困難になります。刺されてしまった場合は、幹部を50℃程のお湯に火傷をしないように注意しながら浸けます。毒はタンパク質が主な成分の為、熱を加える事で毒は凝固し、症状を軽くする事ができます。

正式名称が「オニカサゴ」という別の種類の魚も存在しますが、ここではイズカサゴの事をオニカサゴとして紹介しています。

 

毒がある棘の位置

棘はペンチ等で切り落とすと安全に魚を扱う事ができます。しかし、棘を切り落としても毒は消えません。切り落とした棘をその辺に捨てる事はせず、誰も触れないようにしっかり管理しましょう。魚が死んでからも毒は消えない為、注意が必要です。

 

リールの選び方

狙う水深が100m以上ある為、電動リールを使用します。

使用する道糸が300m以上巻けるもので、仕掛けを素早く回収できるスピード重視タイプがこの釣りには向いています。

オススメリールサイズは・・・

ダイワは300~500番

シマノは1000~3000番

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向け電動リール。このサイズは汎用性が高く、他の釣りでも使用できます。

 

ステップアップ用オススメ電動リール

ダイワ、シマノの中級機種。安いリールよりパワーがあり、スピードも速いのが特徴です。

 

高性能オススメ電動リール

ダイワ、シマノの上位機種。最高のものを使用したいならコレです。性能重視のリールになりますので、価格は高めです。お財布と相談が必要になってしまいます・・・

 

バッテリーについて

電動リールを使用する為にはバッテリーが必要になります。バッテリーの種類で電動リールのパワーやスピードが上がる事はご存じでしょうか?

電動リールの性能UP!? リチウムイオンバッテリーとは?

 

ロッドの選び方

オニカサゴロッドや中深場ロッドを使用します。

汎用の船竿を使用する場合は、使用するオモリが扱える全長1.8~2.5mで、8:2~7:3調子のものを使用します。

ビシアジロッド、ヤリイカロッド、アカムツロッドでも代用可能です。

入門用オススメロッド

中深場ロッドで激安なものは、ほとんど見かけないと思います。中深場釣りでは竿への負担も大きいので、信頼性の高いメーカーのロッドをオススメします。

 

ステップアップ用オススメロッド

ダイワ、シマノの中級ロッド。安いロッドより感度が高い中深場用ロッド

 

高性能オススメロッド

ダイワ、シマノの上位ロッド。最高のものを使用したいならコレです。性能重視のロッドになりますので、価格は高めです。お財布と相談が必要になってしまいます・・・

 

道糸の選び方

道糸はPEラインの4~5号を使用します。水深100m以上のポイントを狙う事が多い為、300mは必要になります。

オニカサゴは底付近にいて、道糸が足りなかったら釣る事は出来ないので、リールに巻いてある道糸の長さはしっかり確認して下さい。

オニカサゴ釣りのような中深場釣りでは意外な大物が掛かる場合がありますので、糸はしっかり結びましょう。

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

オススメ道糸

とにかく安い道糸を使用したい方にオススメなPEラインです。

安い道糸を使用したいけど、激安な物では心配と言う方にオススメです。

 

高性能な道糸を使用したい方にオススメです。高密度12ブレイドラインの為、PEライン特有の糸鳴り音が大幅に削減されています。

 

仕掛け

オニカサゴの仕掛けは、片テンビンを使用した仕掛けです。

サメに仕掛けをダメにされたり、底付近を狙う為、根掛かりの可能性があります。予備の仕掛けは準備しておきましょう。

 

仕掛けの作成方法も紹介しています。自作を考えている方はこちらへ

オニカサゴの仕掛けを自作しよう

 

片テンビンについて

アーム長35~60cmの片テンビンを使用します。

軽いオモリを使用する時はアーム長を短めに、重いオモリを使用する時はアーム長を長めにすると扱いやすくなります。

 

オモリについて

80~200号のオモリを使用します。

オモリの号数は、エリアや船宿で決められている為、わからない場合は事前に確認が必要です。

 

幹糸について

6~10号を使用します。

素材は根ズレに強いフロロカーボンを使用します。

 

ハリスについて

5~8号を使用します。

素材は根ズレに強いフロロカーボンを使用します。

 

針について

ムツ16~20号を使用します。

通常2本針を使用しますが、高活性時は3本針にすると数を伸ばせる場合があります。

 

目立つ仕掛けについて

オニカサゴは目立つものを好む習性があります。目立つ仕掛けは以下のようなものが多く使用されています。

  • ケミホタル
  • 水中ランプ
  • 夜光ビーズ
  • タコベイト
  • マシュマロボール

中でもYAMASHITA マシュマロボールは人気が高く、色や大きさなど、色々な種類がある事が特徴です。

 

仕掛けを目立たせる事で釣果は上がるかもしれませんが、同時にサメや外道も寄せてしまいます。サメや外道が多い時は、目立つ仕掛けを使用しない方がいい場合もあります。

 

釣り方

オニカサゴは海底付近に潜んでいる為、底付近を狙います。

ポイントに到着し、船長から開始の合図がでたら、仕掛けを底まで沈めます。

仕掛けが底に到着したら、糸フケを取り、道糸を張らせオニカサゴの目の前をエサがヒラヒラさせるイメージでアタリを待ちます。底をトントンする小突きなどの誘いも有効で、誘いを兼ねた頻繁なタナ取りが釣果を伸ばすコツです。

アタリがあったら しっかりアワセて、道糸を巻き上げていきますが、オニカサゴは水圧の変化に強い為、水面付近まで暴れるので気を抜けません。

 

最後に

その他の釣りも色々紹介していますので、興味がある方はサイトマップもご覧ください。

サイトマップ