スポンサーリンク

船釣りタックル紹介 エギタコ編

 

タコエギを使用した船でのタコ釣りの基本的なタックルです。(イラストをクリックすると拡大して見る事ができます)

タコ釣りは、リールや竿を使用しない昔ながらの手釣りの船宿もありますが、最近はイカ釣りで使用するエギをタコ用に改良したタコエギを使用した釣りの人気が高まっています。それが今回紹介するエギタコ釣りです。

タコと言っても、マダコ、ミズダコ、イイダコなど色々な種類が存在しますが、タコエギを使用した船釣りでの主なターゲットはマダコになります。

釣果を伸ばす為には、相手を知る事が大事です。と言う事でマダコの紹介です。

 

マダコについて

墨を吐き、8本の腕と吸盤がマダコの特徴です。

胴体と腕を合わせて最大で60cm程になり、沿岸の浅い岩礁や、砂と石が混ざったような海底に生息し、8本の腕と甲殻類や貝などを捕食しています。夜行性の為、昼間は巣穴に隠れていて、活発的に泳ぎ回る事は少ないようです。

タコは危険を感じると墨を吐きます。そして、タコは自ら腕を切る事ができ、切った腕は時間の経過とともに再生します。トカゲのしっぽと似ていますよね。

マダコ釣りのシーズンは夏がメインとなります。

 

リールの選び方

使用する道糸が150m以上巻ける 両軸リール 又は ベイトリールを使用します。

青物ジギングロッドを使用する場合は、スピニングリールも使用可能です。

この釣りでは、ギア比の高い巻き上げ速度が速いリールより、ギア比の低いパワーがあるものがオススメです。

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向け。まずはエギタコ釣りを始めよう と言う方にオススメです。

 

ステップアップ用オススメリール

ダイワ、シマノの中級リール。入門用に比べて性能は上がり、頑丈になりますので、初心者でも長く使いたいと言う方にもオススメです。

 

高性能オススメリール

ダイワ、シマノのルアー用リールの上位機種。ルアー用リールは性能が高いものが多いですが、価格が上がってしまいます。

 

ロッドの選び方

専用のエギタコロッドが最も扱いやすいですが、青物ジギングロッドや、ベイジギングロッドなどでも代用可能です。

汎用の船釣りロッドの場合は、全長1.5~1.9m程で、9:1~7:3調子、使用できるオモリが最大60~100号程のロッドを使用します。

タコは泳ぐ力はそれほど無いものの、吸盤の吸い付く力が強く、海底の貝殻や小石と一緒に釣れてしまう事があり、結構な重量になってしまう場合があります。そして、海底の岩などにへばり付き、動かなくなってしまう事もあります。その時は多少強引に引っ張る事もありますので、ロッドはパワーのあるものを使用します。

入門用オススメロッド

価格を抑えた初心者向け。まずはエギタコ釣りを始めよう と言う方にオススメです。

 

高性能オススメロッド

他の釣りに比べて、まだ種類が少ないエギタコロッドなので、こちらのモデルがダイワ、シマノの上位機種になります。

 

道糸の選び方

道糸はPEラインの3~4号を使用します。マダコはあまり深い場所にはいないので、道糸の長さは100mもあれば釣りはできますが、根掛かりが多い釣りなので、ライントラブルを考慮して150m以上は巻いておいたほうが安心です。

リーダーは8~12号(30~40lb)で、根ズレに強いフロロカーボンを使用します。道糸とリーダーを結ぶ場合は、強度のあるFGノットなどがオススメです。

 

道糸とリーダーの結び方も紹介していますので、興味がある方はこちらもどうぞ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインとライン編

 

オススメ道糸

とにかく安い道糸を使用したい方にオススメ

 

安い道糸を使用したいけど、激安な物では心配と言う方にオススメです。

 

高性能な道糸を使用したい方にオススメです。高密度12ブレイドラインの為、PEライン特有の糸鳴り音が大幅に削減されています。

 

仕掛け

この釣りで使用するタコエギ、スナップ、オモリについての紹介です。

タコエギについて

タコエギ3.5~4号を使用しますが、3.5号をメインで使用する場所が多いようです。

イカ用のエギと似ていて、タコ釣りでもイカ用のエギは使えないの?って思う方がいるかもしれません。イカ用のエギでもタコは釣れます。しかし、違うところもあるのでイラストにしてみました。

一番の違いは、フック(針)の部分になります。

タコエギのフックは、タコが海底にへばり付いても負けない位の強度がありますが、イカ用のエギでタコが海底にへばり付いてしまうと、フック(カンナ)が変形してしまう可能性が高い為、強い力で引き揚げる事が難しいです。なので、タコ釣りではタコエギを使用しましょう。

タコ釣りに関しては、エギを2個や3個付けても釣れます。とにかく目立つものが好きなようです。2個以上同時に使用する場合は、色がまったく違うものを使用します。

 

スナップについて

タコエギスナップを使用すると、簡単にエギやオモリを取付ける事ができます。

イラストでもわかるように、タコエギスナップは作りが簡単なものになります。サルカンやスナップ付きサルカン、ルアーで使用されるスプリットリングなどを組合わせると、タコエギスナップと同じようなものを作れます。

根掛かりが多く、仕掛けのロスが多い釣りの為、少しでも仕掛けのコストを下げたいですよね。スナップ付きサルカンなどを組合わせて使用した方がコストダウンになります。

 

オモリについて

オモリは20~60号を使用します。

エリアや釣り場の状況により重さは決められているので、初めて行く船宿の場合などは事前に確認しましょう。

タコは目立つものが好きな為、オモリも派手なものや ラトル入りを使用しても効果的です。

 

釣り方

基本的に底を狙います。底を小さくピョンピョン跳ねるようにエギを動かします。タコは動いているものに反応する為、常に動かし続けると効果的です。

タコが掛かるとズシッと重くなるので、アワセて一気に海底から引き離します。アワセのタイミングは、タコの重みを感じてからで、重みを感じる前の早アワセや、アワセを入れない事はNGです。アワセを入れなかった場合、タコは途中まで上がってきますが、エギに抱き着いているだけの状態なので、バレやすく、すぐに逃げられてしまいます。

出来れば、仕掛けを投げて広範囲に探りたいところですが、人が多い場合や、仕掛けを投げる事に自信が無い方は、真下でも十分に釣る事ができます。

 

根掛かり対策

この釣りで気を付けなくてはいけないのは、根掛かりが多い事です。岩礁があるエリアで底を狙うので、そりゃ根掛かりしますよね。

そこで根掛かりの確立を少しでも減らせる仕掛けの紹介です。仕掛けは簡単!5連結サルカンなどを使用し、エギと海底との距離を少しあけるだけです。

根掛かりが多いエリアなどで使用してみて下さい。

 

便利グッズ

根掛かりする確率が多いこの釣りでは、根掛かりの対処が必要になります。根掛かりした仕掛けを無理やり引っ張ている人が見受けられますが、これではロッドやリールに負担が掛かってしまい、最悪の場合、ロッドやリールが破損してしまいます。

ここでオススメするものが、ラインブレーカーと言う道具です。

金属の筒の周りに滑り止めが巻いてある構造で、根掛かりした場合、PEラインをラインブレーカーに巻き付けて引け上げ、ラインをカットします。

ラインと仕掛けを結ぶ時にも使用できるので、一つは持っていたい便利グッズです。

 

最後に

その他の釣りも色々紹介していますので、興味がある方はサイトマップもご覧ください。

サイトマップ