スポンサーリンク

船釣りタックル紹介 ティップラン エギング(ボート エギング)編

 

ティップラン エギング(ボート エギング)の基本的なタックルです。

イカ釣りの中でも、アオリイカは特に人気の高いターゲットです。アオリイカは浅い岩礁域に生息している為、堤防や消波ブロック、磯からも狙う事ができ、アオリイカ船を出船している船宿もあります。

市場では高級イカとして扱われ、うまみ成分はイカの中でもトップクラスなので、釣ってよし、食べてよしの魅力的なイカです。

釣り方は、生き餌を使用したエサ釣りや、アオリイカが捕食している小魚に似せた「エギ」という疑似餌を使用するエギングがあります。

今回は、船からエギでアオリイカを狙う、ティップランエギングの紹介です。ティップエギングやボートエギングとも呼ばれ、ティップラン用のタックルやエギを使用した釣り方で、腕や経験で釣果に差がでてしまう少々難しい釣りです。

アオリイカ以外にも、コウイカ、モンゴウイカ、ケンサキイカなど、様々なイカが釣れる魅力的な釣りです。

釣果を伸ばす為には相手を知る事が大事です。と言う事でアオリイカの紹介です。

 

アオリイカってどんなイカ?

胴体部の長さが50cm程にまで成長し、日本の沿岸で生息しているイカの中では大型です。甲殻類や小魚を捕食し、岩などに擬態して近づいてきた弱った小魚を襲い捕食しています。

海水のキレイな岩礁域に生息し、目が非常に良い事も特徴で、寿命は1年と言われています。

地域により多少差はありますが、産卵期は4~9月で、浅場の海藻や沈んでいる木などに産卵します。夏に孵化したアオリイカは浅場で過ごし、冬で海水温が下がってくると深場へ移動します。春になると成長したアオリイカは産卵の為、再び浅場へ移動してきます。

 

リールの選び方

使用するラインが150m以上巻けるスピニングリールを使用します。

リールには「ギア比」があり、数値が大きいとリールのハンドル1回転でラインを巻き取れる長さが長くなります。リールにパワーが必要な場合はギア比の小さいリールを、エギを素早く回収し手返しよく釣りをする場合や、糸フケを素早く取りたい場合などはギア比の高いリールを使用します。

アオリイカのエギングは、ギア比の高いリールの方が利点が多い為、オススメです。

エギング用リールでは、ダブルハンドルのリールもあります。ダブルハンドルの利点は、バランスが良く手返し重視、多くのリールで使用されているシングルハンドルの利点は、ダブルハンドルのリールより軽い事です。

オススメリールサイズは・・・

ダイワは2000~3000番

シマノは2000~3000番

※各メーカーでシャロースプールモデルなど、同じ型番でも糸巻量が違うものがあるので、購入の際は糸巻量を確認して下さい。

 

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向けスピニングリールです。多くのスピニングリールのハンドルは、右巻き、左巻きのどちらにも自由に変えられる特徴があります。

 

ステップアップ用オススメリール

ダイワ、シマノのエギング専用の中級機種。初心者向けリールより基本性能が高く、耐久性も上がっている為、少し高性能なリールが欲しい、長くリールを使用したい方などにも向いています。(メーカーの説明ではエギング用と記載されていますが、他の釣りでも使用可能です)

 

高性能オススメリール

ダイワ、シマノの最高性能のスピニングリールです。性能重視の為、価格は高額になってしまいますが、ドラグ性能、ハンドルを回した時の滑らかさなど、様々な面でトップクラスの性能を誇っています。

 

ロッドの選び方

専用のティップラン エギングロッドが最も扱いやすいですが、アジングロッドで代用する事も可能です。

こちらもリール同様に、軽く感度が良いものをオススメします。

ティップラン エギングロッドは大きく分けて「スピニングロッド」「ベイトロッド」の2種類に分かれます。

スピニングロッドにはスピニングリールを組合わせて使用(通称:スピニングタックル)し、ベイトロッドにはベイトリールを組合わせて使用(通称:ベイトタックル)します。

初心者はスピニングタックルの使用をオススメします。スピニングタックルは扱いやすく、ベイトタックルに比べトラブルが少ない事が特徴です。

ルアーロッドの場合、長さはft(フィート)で表す事が多く、1ft=30.48cmとなります。

そして、ロッドには使用できるエギの号数や重量、アクションが記載されています。アクションはロッドの硬さで、ティップラン エギングロッドで主に使われている表記は以下のようになります。

L(ライト)

ML(ミディアムライト)

M(ミディアム)

MH(ミディアムヘビー)

L(ライト)は柔らかめ、ML(ミディアムライト)→M(ミディアム)→MH(ミディアムヘビー)と徐々に硬くなります。

使用できるルアーの重量とアクションは関係性があり、一般的なロッドではアクションがL(ライト)などの柔らかいロッドは、軽いエギは扱いやすいけれど、重いエギは扱いにくくなります。H(ヘビー)などの硬いロッドは、重いエギを使用できるようになりますが、軽いエギは扱いにくく多少感度も落ちます。

入門用オススメロッド

価格を抑えた初心者向けのボート専用エギングロッドです。

 

ステップアップ用オススメロッド

初心者向けのロッドより基本性能が高く、しなやかさ、感度などが上がっている為、扱いやすくなっています。

 

高性能オススメロッド

ダイワ、シマノの高性能ロッドです。性能重視の為、価格は上がってしまいますが、グリップの形状にもこだわり、細かい所の作りもしっかりしている為、見た目も良いロッドになっています。

 

 

ラインの選び方

PEラインの0.4~0.8号を使用します。

長さは最低でも150mは必要になります。

素材については主にナイロン、フロロカーボン、PEラインの3種類ありますが、感度が重要なエギングでは感度に優れたPEラインを使用します。

ラインには、それぞれ以下のような特徴があります。

ナイロンラインの特徴
  • 価格が安い
  • 糸グセはフロロカーボン製より付きにくい
  • 扱いやすい
  • 伸縮性が一番ある為、感度は劣る

 

フロロカーボンラインの特徴
  • 根ズレに強い
  • 透明度が高い
  • 伸縮性はナイロンより少ない
  • 糸グセが付きやすい為、扱いにくい

 

PEラインの特徴
  • 糸グセは、ほぼ無し
  • ルアーの飛距離を出せる
  • 伸縮性は、ほぼ無し
  • ラインの中で一番高感度
  • 価格が高い
  • 根ズレに弱い
  • 熱に弱い(結ぶ時の摩擦熱に注意が必要。摩擦熱を発生させないようにゆっくり結ぶ)

 

リーダーの選び方

PEラインを使用する場合は、ナイロンかフロロカーボン製のリーダー(ショックリーダー)を使用します。PEラインは根ズレに弱く、透明なものがありません。この弱点を補う為にリーダーが必要になります。

6~12lb(1.5~2.5号)を2~3mの長さで使用します。

素材については主にナイロン、フロロカーボンの2種類あり、それぞれ以下のような特徴があります。

ナイロンリーダーの特徴
  • 価格が安い
  • 糸グセはフロロカーボン製より付きにくい
  • 扱いやすい
  • 伸縮性がある為、感度は劣る

 

フロロカーボンリーダーの特徴
  • 根ズレに強い
  • 透明度が高い
  • 伸縮性はナイロンより少ない
  • 糸グセが付きやすい為、扱いにくい

イカは目が良い為、透明度の高いフロロカーボン製のリーダーをオススメします。

 

リーダーの結び方

PEラインを使用したエギングではPEラインとリーダーを結ぶ事が必要不可欠です。色々な種類の結び方がありますが、この釣りではFGノットがオススメです。

 

FGノットの結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインとライン編

 

金具との結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

エギの選び方

ティップラン エギングでは、3.0~3.5号のエギを使用します。

オカッパリ用のエギとは違って、3.5号でも20g前後~50g以上と色々な重さのエギがあり、水深や潮の速さにより使い分けます。

エギの中には、音が出るラトル入りのタイプもあります。このラトル入りのエギにイカの反応が良い事が多いので、ラトル入りのエギはオススメです。

 

カラーについて

晴れ、潮が澄んでいる時は ブルー・グリーン・パープル

曇りや雨、朝夕、潮が濁っている時は オレンジ・ピンク

 

スナップについて

エギングでは、状況に合わせたエギの交換が必要になります。スナップを使用する事でリーダーやラインを切らずにエギの交換が簡単にできるようになり、スナップにオモリを付ける事もできるようになります。

エギングに特化した専用スナップもあります。

 

便利グッズ

根掛かりする確率が高いこの釣りでは、根掛かりの対処が必要になります。根掛かりした仕掛けを無理やり引っ張ている人が見受けられますが、これではロッドやリールに負担が掛かってしまい、最悪の場合、ロッドやリールが破損してしまいます。

ここでオススメするものが、ラインブレーカーと言う道具です。

金属の筒の周りに滑り止めが巻いてある構造で、根掛かりした場合、ラインをラインブレーカーに巻き付けて引っ張り、ラインをカットします。

PEラインとリーダーを結ぶ場合にも使用できるので、一つは持っていたい便利グッズです。

 

釣りのコツ

  • 底は確実にとる(エギを海底まで沈める)
  • 底をとる → シャクる → イカの反応を待つ の繰り返し
  • シャクる時は、エギが瞬間的に上に跳ね上がるイメージで素早く行う
  • シャクる回数は5~8回で、底から2~3mの位置で反応を待つ
  • 反応を待つ時間は長くても10秒
  • フォール中(エギが沈んでいる状態)は常にラインを張る
  • アワセはしっかり行う

 

注意点

  • いきなり重いエギは使用しない
  • エギにはカエシが無い為、イカが乗っている(針に掛かっている)状態ではラインをたるませない
  • エギやリーダーに墨が付いていたら、ブラシ等でキレイに取る
  • 釣り場によっては根掛かりが多い為、予備のエギは多めに準備する

 

釣れない場合の確認ポイント

底をとれていない

底を取れていない(エギが海底まで沈められていない)と釣れる確率は大きく下がります。潮が速く、底を取れているかわかならい状況の場合、エギの重さを重くします。

 

エギ

時期や時間、状況に合わせたエギを使用する事が重要です。

エギの選び方参照にして下さい。

エギの重さは、できるだけ軽いエギを使用した方が釣れる確率は上がりまが、軽すぎると底をとる事が難しくなってしまいます。いかに軽いエギを使用して底をとれるかが、この釣りのポイントです。

 

探る場所

この釣りは、船の真下でも釣る事はできますが、低活性時や潮が止まっていてイカの反応が悪い時は、エギを投げて広範囲を探ります。

 

アワセ

アワセは、エギにイカを引っ掛ける為には必要です。方法はエギに違和感を感じたら、ロッドを上に大きく動かし、エギを瞬間的に強く引っ張ります。イカが掛かっても、すぐにバレて(針から外れ逃げられる)しまう場合は、アワセていないか、アワセの力が弱い可能性があります。

アワセていなくても、しばらくはイカが乗っている(針に掛かっている)ような感覚ですが、イカがエギに抱き着いているだけの状態なので、すぐにバレてしまいます。

イカの重みを十分に感じてからアワセてもOKです。

 

ライン

ラインは常に張っている状態でないと、アタリを取る事はできません。そして、イカのアタリは魚に比べ分かりにくいのが特徴です。イカが高活性時は一気にエギに抱き着いてきますが、エギを腕で突っついているような状況もあります。手元に何も感じなくても、ラインに反応が出る場合もあるので、違和感を感じたらアワセてみましょう。

 

リーダー

リーダーが太すぎると、イカに警戒されてしまいます。目が良いイカが相手の場合は、透明度の高いフロロカーボンのリーダーがオススメです。

 

最後に

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧