船釣りタックル紹介 カツオ(ジギング)編

 

カツオジギングの基本的なタックルです。(イラストをクリックすると拡大して見る事ができます)

ジギングは、ジグやメタルジグと呼ばれている金属製のルアーを魚のいるタナ(水深)まで沈め、生きているかのように動かし、小魚を捕食している大きな魚を釣る方法で、使用するジグの形や色、アクション(動かし方)、フックやタックルなどでも釣果が変わるゲーム性の高い釣りです。

今回のターゲットのカツオは、小魚を捕食しているフィッシュイーターで、ルアーにもよく反応する為、ルアーフィッシングの好ターゲットとして人気の魚です。

カツオは目が良い事が特徴で、カツオに違和感を与えないようにする為、スイベルやスプリットリングはあまり大きなサイズは使用しない、リーダーの結び目は小さくするなど、気を付けるポイントがいくつかあります。

釣果を伸ばす為には相手を知る事が大事です。と言う事でカツオの紹介です。

 

カツオってどんな魚?

大きい個体では1mを超えるまで成長し、主に魚やエビなどの甲殻類、イカなどの頭足類を捕食する肉食魚です。

暖かい海水温を好む為、南の海から春になると北上し、秋の海水温の低下と共に南下する回遊魚で、南下しているカツオは「戻りガツオ」とも言われ、脂乗りが良い事でも知られています。脂乗りが良い分、栄養を蓄えた魚はパワーも上がりますので、戻りガツオの強い引きも魅力の一つです。

他の魚に比べ目が良い事が特徴で、ルアーフィッシングでは糸の結び目が大きかったり、長かったりしただけで釣れなくなってしまう事もあります。

そして、カツオは泳ぐのを止めてしまうと死んでしまいます。エラ蓋が動かなく、泳ぎながら酸素を取り入れている為、止まると酸素を取り入れる事ができなくなってしまい、酸欠で窒息死してしまいます。

 

リールの選び方

使用するラインが200m以上巻けるスピニングリールを使用します。

リールは「スピニングリール」と「ベイトリール」がジギングで使用されていますが、カツオ狙いではスピニングリールの使用をオススメします。船の近くでナブラ(小魚が大きな魚に水面付近まで追い詰められてパニックになっている状態)が発生した場合、ベイトリールではジグを遠投する事が不向きな為、ナブラを狙う事は難しくなりますが、スピニングリールならジグを投げやすく飛距離を出せる為、ナブラを狙いやすくなります。

リールには「ギア比」があり、数値が大きいとリールのハンドル1回転でラインを巻き取れる長さが長くなります。ルアーをゆっくり動かす事がメインの場合や、リールにパワーが必要な場合はギア比の小さいリールを、ルアーを素早く回収し手返しよく釣りをする場合などは、ギア比の高いリールがオススメです。ジギングではギア比の小さいパワータイプのリールが向いています。

オススメリールサイズは・・・

ダイワは5000~8000番(旧サイズは4000~4500番)

シマノは5000~8000番

 

入門用オススメリール

価格を抑えたカツオジギングに向いているスピニングリールです。

 

ステップアップ用オススメリール

スピニングリールの中級機種。ドラグの性能も良く汎用性が高いです。そして安いリールより壊れにくいと言った利点があります。

 

高性能オススメリール

スピニングリールの上位機種。性能重視の為、価格は高額になってしまいますが、ドラグ性能、ハンドルを回した時の滑らかさなど、様々な面でトップクラスの性能を誇っています。

 

ロッドの選び方

スピニングリール用の青物ジギングロッドで、最大ルアー重量150g前後のものを使用します。

ルアーロッドの場合、長さはft(フィート)で表す事が多く、1ft=30.48cmとなります。

 

入門用オススメロッド

価格を抑えた、初心者向けのジギングロッドです。

 

ステップアップ用オススメロッド

初心者向けのロッドより基本性能が高く、しなやかさ、感度などが上がっている為、扱いやすくなっています。

 

高性能オススメロッド

高性能ロッドです。性能重視の為、価格は上がってしまいますが、グリップの形状にもこだわり、細かい所の作りもしっかりしている為、見た目も良いロッドになっています。

 

ラインの選び方

PEラインの2~3号を200~400mリールに巻いて使用します。

ラインは1mごと又は10mごとにマーキングや色分けされているものを使用します。色分けされていないラインは、船長から指示される魚のいるタナ(水深)を正確に狙う事ができません。キャスティング用PEラインは、マーキングや色分けが無いものが多い為、この釣りでは不向きです。(カウンター付きリールを使用していれば正確にタナを狙う事はできます)

 

リーダーの選び方

PEラインを使用する場合は、ナイロンかフロロカーボン製のリーダー(ショックリーダー)を使用します。PEラインは根ズレに弱く、透明なものがありません。この弱点を補う為にリーダーが必要になります。

30~50lb(8~14号)を1.5~3mの長さで使用します。

素材については主にナイロン、フロロカーボンの2種類あり、それぞれ以下のような特徴があります。

ナイロンリーダーの特徴
  • 価格が安い
  • 糸グセはフロロカーボン製より付きにくい
  • 扱いやすい
  • 伸縮性がある為、感度は劣る

 

フロロカーボンリーダーの特徴
  • 根ズレに強い
  • 透明度が高い
  • 伸縮性はナイロンより少ない
  • 糸グセが付きやすい為、扱いにくい

 

リーダーの結び方

カツオは目が良い為、結び目が小さく強度が高い結び方でリーダーと金具を結びます。エサ釣りでよく使用されている「完全結び」がオススメです。

完全結びの結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

PEラインとリーダーの結び方は「FGノット」や「PRノット」がオススメです。

FGノット、PRノットの結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインとライン編

 

メタルジグについて

カツオジギングで使用するメタルジグは、シルエットの小さなメタルジグ向いていて、多くのメタルジグの素材で使用されている「鉛」より比重の重い「タングステン」と言う金属でできているメタルジグが有効です。

通常(鉛製)のメタルジグは30~60gを使用し、タングステン製は120g前後のものまで使用できます。

カラーは、晴れている日中はシルバー系、ブルー系、グリーン系などのリアルカラーを中心に使用し、朝夕や雨で空が薄暗い場合はピンク系やゴールド系を使用します。

 

カツオ狙いでの高実績のタングステン製メタルジグ

 

フック(針)について

リーダー側のフックを「フロントフック」、ジグを魚で例えると尾ビレ側のフックを「リアフック」と言い、イラストのようにスナップやスプリットリングを使用して取付けます。

使用するフックは「アシストフック」を使用します。

カツオ狙いではフロントフックのみを使用し、リアフックは使用しません。アシストフックのサイズは最初のイラストのように、ジグの幅より大きなフックを使用します。

フックのヒモは太すぎるものはNGで、色は茶色や黒などの目立たないものを使用します。

フックの種類は、フックが一つの「シングルフック」と二つの「ダブル(ツイン)フック」があり特徴は以下のようになります。

シングルフックの特徴

  • 高活性時に有効
  • リーダーと絡まる確率が少ない
  • 魚をバラしにくい

ダブルフックの特徴

  • 低活性時に有効
  • 魚が針に掛かる確率がシングルフックより高い
  • アワセの時に力が分散される為、シングルより針掛かりが浅くなる
  • スレ掛かりが増える

 

 

スプリットリングについて

スプリットリングはジギング以外にもルアーフィッシングでは必須のアイテムです。スプリットリングは、ジグとソリッドリング又はスイベルやフックを接続する為に使用します。

そして、スプリットリングに直接リーダーを結ぶ事はNGです。大物とのやり取り時など、リングの端の角の部分とリーダーが擦れ、切れてしまう可能性があります。

サイズは#5~6を使用します。

 

ソリッドリングについて

ソリッドリングは「Oリング」や「溶接リング」とも呼ばれ、スプリットリングと組み合わせて使用し、リーダーはソリッドリングに結びます。ソリッドリングを使用する事でリーダーへのダメージを抑え、ジグの取替えもやりやすくなります。

サイズは#5~6を使用します。

 

スイベルについて

スイベルは「サルカン」とも呼ばれ、ルアーフィッシング以外にもエサ釣りでは必須のアイテムです。スイベルを使用する事でジグの動きを最大限に活かせる事ができます。

ジギングでは回転性能を高めた「ボールベアリングスイベル」を主に使用します。

サイズは#3~5を使用します。

 

最後に

キャスティング用タックルはこちらへ

船釣りタックル紹介 カツオ(キャスティング)編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧