スポンサーリンク

船釣りタックル紹介 ワラサ(メジロ)コマセ釣り編

 

ワラサ(メジロ)のコマセ釣りでの基本的なタックルです。(イラストをクリックすると拡大して見る事ができます)

ワラサ(メジロ)は「ブリ」のサイズが小さい時の呼び名です。ブリはスーパーなどではお馴染みの魚で、日本では多く消費され、養殖も盛んな有名な魚です。

ワラサ(メジロ)はパワーがあり、強烈な引きを味わう事ができる魚で、コマセ釣り、泳がせ釣り、ルアー釣りと色々な方法で狙う事ができる為、船釣りの中でも人気のターゲットです。

旬は冬で「寒ブリ」としても有名ですよね。養殖は一年中脂がのっていますが、天然物は寒くなる時期に脂がのります。養殖は、こってりした脂に対して、天然物はさっぱりした脂と言うイメージです。天然物にしかない味なので、美味しいワラサ(メジロ)が食べたいという方は、冬の釣りをオススメします。

釣果を伸ばす為には、相手を知る事が大事です。と言う事で、ワラサ(メジロ)の紹介です。

 

ワラサ(メジロ)ってどんな魚?

出世魚として有名なブリですが、地域やサイズにより呼び名が変わります。釣りでは、関東・関西での呼び名が多く使われていますので、関東・関西での呼び名の紹介です。

関東では

  • 幼魚 → モジャコ
  • 35cm未満 → ワカシ
  • 35~60cm未満 → イナダ
  • 60~80cm未満 → ワラサ
  • 80cm以上 → ブリ

関西では

  • 幼魚 → モジャコ
  • 40cm未満 → ツバス
  • 40~60cm未満 → ハマチ
  • 60~80cm未満 → メジロ
  • 80cm以上 → ブリ

ブリは1m、8kg程にまで成長する魚です。1年で32cm前後、2年で50cm前後、3年で65cm前後、4年で75cm前後、5年で80cm程にまで成長します。今回紹介するワラサは60~80cm未満の魚なので、3~4歳程のブリと言う事になります。

水温が上昇すると北上し、水温が下がると南下する回遊魚で、群れを作って行動する事が多く、活性が高い場合は、数を狙う事ができます。

ワラサは大型回遊魚特有の強烈な引きを味わう事ができる一方、船に引き揚げるまで、右へ左へ大暴れするので、オマツリの原因にもなる魚です。

肉食魚で、イワシやイカなどを捕食し、ルアーにもよく反応する為、ルアー釣りでも好ターゲットの魚です。

釣りでは、回遊魚を「青物」と呼んでいますが、もちろんワラサ(メジロ)も青物に含まれます。

 

リールの選び方

使用する道糸が200m以上巻ける 中型電動リール 又は 両軸リール、ベイトリールを使用し、パワーがあるものがこの釣りに向いています。

ワラサ(メジロ)の活性が高く爆釣ともなると、手巻きでは辛い状況になってしまいますので、電動リールの使用をオススメします。(体力に自信があれば別ですが・・・)

オススメリールサイズは・・・

ダイワは400~500番

シマノは2000~3000番

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向けのワラサ(メジロ)釣りに向いている電動リールです。このサイズは汎用性が高く、他の様々な釣りでも使用する事ができます。

 

ステップアップ用オススメリール

初心者向けリールより基本性能が高く、耐久性も上がっている為、少し高性能なリールが欲しい、長くリールを使用したい方などにも向いています。

 

高性能オススメ電動リール

ダイワ、シマノの最高性能の電動リールです。性能重視の為、価格は上がってしまいますが、グレードの低いリールには無い機能や、パワー、スピードなど様々な面で性能が高くなっています。

 

バッテリーについて

電動リールを使用する為にはバッテリーが必要になります。バッテリーの種類で電動リールのパワーやスピードが上がる事はご存じでしょうか?

電動リールの性能UP!? リチウムイオンバッテリーとは?

 

ロッドの選び方

ワラサロッドや青物ロッドが扱いやすいですが、コマセマダイロッドでも代用可能です。

汎用の船釣りロッドの場合は、全長1.8~3m程で、7:3~6:4調子が扱いやすく、使用するコマセカゴの号数が扱えるロッドを使用します。5:5調子のコマセマダイロッドでも代用可能です。

活性が低い場合は、長めの6:4調子のロッドやコマセマダイ用などを使用し、活性が高い場合は短めの7:3調子のパワーがあるロッドがオススメです。

入門用オススメロッド

価格を抑えた初心者向け。汎用性が高く、アジやイサキ釣りなどでも使用できます。

 

ステップアップ用オススメロッド

初心者向けのロッドより基本性能が高く、しなやかさ、感度などが上がっている為、扱いやすくなっています。

 

高性能オススメロッド

ダイワ、シマノの高性能ロッドです。性能重視の為、価格は上がってしまいますが、グリップの形状にもこだわり、細かい所の作りもしっかりしている為、見た目も良いロッドになっています。

 

道糸の選び方

道糸はPE4~6号を使用します。200mも巻いてあれば使用できますが、トラブルなどを考慮して300m以上巻いてあれば安心です。

船長が指示したタナ(水深)へ仕掛けを沈める事が重要なこの釣りでは、数mズレただけで、釣果に差が出てしまう場合もありますので、道糸は1mごとにマーキングしてあるものを使用します。電動リールのカウンターでもいいんじゃない?と思うかもしれませんが、多少のズレは発生してしまう為、電動リールのカウンターは参考にして、道糸のマーキングで水深を合わせると釣果UPにつながります。

 

道糸の結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

オススメ道糸

とにかく安い道糸を使用したい方にオススメ

 

安い道糸を使用したいけど、激安な物では心配と言う方にオススメです。

 

高性能な道糸を使用したい方にオススメです。高密度12ブレイドラインの為、PEライン特有の糸鳴り音が大幅に削減されています。

 

仕掛け

テンビンについて

アーム長40~60cmの片テンビンを使用します。

 

コマセカゴについて

ビシ、カゴ+オモリ又はステン缶の80~100号を使用します。サイズは船宿に確認して下さい。

ビシやカゴの場合、コマセの出る量を調整する事ができますので、ワラサ(メジロ)の場合は全開で使用します。

 

ビシとカゴの違いはこちらへ

船釣りで使う「ビシ」と「カゴ」は何が違うの?

 

クッションゴムについて

長さ1~1.5m、太さ2~3.5mmのものを使用します。

ワラサ専用も販売されています。

 

ハリスについて

ハリスはフロロカーボンの3~10号を使用します。

通常時、高活性時は6~10号を4.5~6m使用します。

低活性時は3~5号を7~9m使用します。

 

針について

ヒラマサ11~13号、マダイ11~13号のものを使用します。

ワラサ(メジロ)クラスの大きさになると、警戒心が上がる為、イナダ(ハマチ)で使用する、ウイリーやバケなどの疑似針は、ほとんど使用しません。

 

便利グッズ

指サック

釣れたワラサを船に引き揚げる時、テンビンを回収した後に、ハリスを手で手繰り寄せますが、ワラサの強烈な引きで、指を怪我してしまう可能性があります。フィッシンググローブや指サックを使用すると、安全に魚を扱う事ができます。

 

高断熱性エサ箱

コマセ釣りでは、別にサシ餌を準備したり、コマセの中から形の良いオキアミを選別してサシ餌として使用します。気温が上がってくると、別に準備したサシ餌や選別して取り分けておいたサシ餌が時間と共に傷んでしまい、真夏などは黒く変色してしまう事もあります。傷んだサシ餌では針持ちも悪く、すぐ針から外れてしまったり、魚の食いも悪くなります。

このような状況で活躍するのが、断熱性の高いエサ箱、シマノの「サーモベイト ステン」です。

このエサ箱は外部の素材がABS樹脂、内部の素材がステンレスでできていて、ABS樹脂とステンレスの間に空気層があり、外部の温度が直接内部まで伝わらない為、中のサシ餌が長持ちします。中に保冷剤を入れて使用すると更に効果的です。

 

マグネット仕掛け置き

コマセ釣りでは、他の釣りよりハリスが長い事が多く、長ければ長い程、船の上で扱う事が難しくなり、何も考えずにそのまま仕掛けを置いてしまうと、絡まってしまう事があります。風の強い日は、更に絡まりやすくなってしまいます。

このような状況で活躍するのが、第一精工の「ウルトラマグネット」です。

ウルトラマグネットは磁石で出来ている仕掛け置きで、ロッドホルダーなどに挟み込んで固定します。磁石が比較的強くなっている為、小さな針でもしっかり固定する事ができるので、ポイント移動時や、風が強い日などでも仕掛けが扱いやすくなり、絡まる事を防止できます。

 

釣りのコツ

  • 中層を主に狙う(船長から指示があります)
  • コマセの放出量を調整できるコマセカゴは全開(最大限コマセが放出される状態)にする
  • 仕掛けを船長から指示されたタナ(狙う水深)よりハリスの長さ分深く沈め、竿をシャクリ上げながらリールを素早く巻き、タナを合わせる
  • 時々、仕掛けを動かして誘いを入れる
  • アタリがあったら、しっかりアワセる
  • 仕掛けを投入して何分位でコマセが空になるか把握する

 

注意点

  • ハリスを持って魚を手繰り寄せる時、怪我をしないように注意
  • コマセの補給は、隣の人と同時に行わないようにする
  • 中身の入っていないコマセカゴを放置しない

 

周りが釣れているのに、自分だけが釣れない場合の確認ポイント

タナ(狙う水深)

タナを間違えていると、釣れなかったり、外道ばかり釣れます。船長からの指示通りにタナを合わせる事が大事です。

電動リールやカウンター付きリールは、仕掛けの水深が一目でわかる便利なカウンター機能が付いていますが、どうしても多少の誤差はでてしまいます。

ズレを感じたら、リールのカウンターは目安として使用し、1mごとにあるPEラインのマーキングでタナを合わせる事で、正確なタナ取りをする事ができます。

 

ハリス

使用する仕掛けのハリスの長さは4.5~9mと幅があります。ポイントの状況から船長が最適なハリスの長さを指示してくれる為、船長から指示されたハリスの長さに合わせましょう。

太さは、ワラサ(メジロ)が低活性時には細くすると効果的です。

 

コマセカゴ

コマセの放出量が調整できるコマセカゴの場合、コマセカゴを全開(コマセが最大限に出ていく状態)にする事が必要です。それと、全開にしてもコマセが詰まっていたら釣れません。コマセカゴにコマセを入れる時は、欲張って押し込みすぎると詰まりやすくなってしまう為、注意が必要です。

コマセカゴは全開の状態なので、コマセはすぐに無くなります。無くなった状態では釣る事は難しいので、自分のコマセがどの位の時間で無くなるか把握して、コマセが無い状態にしないようにしましょう。

 

仕掛けの落下速度

サバは比較的広範囲を泳いでいる為、仕掛けの落下速度が遅いとワラサ(メジロ)のいるタナに到着する前にサバにエサを食われ、サバばかり釣れてしまいます。リールのブレーキを弱め、素早く仕掛けをワラサ(メジロ)のいるタナまで降ろす事でサバの掛かる確率を減らす事ができます。

 

仕掛けの投入方法

針やハリスが、テンビンやコマセカゴに絡まる頻度が高い場合、仕掛けの投入方法が間違えている可能性があります。

ハリスが長い為、先に針を入れると絡まってしまったり、オマツリの原因になってしまいます。仕掛けの投入は先にコマセカゴを入れ、ある程度沈んだら針を投入します。

 

座席の位置

コマセ釣りでは、一番後ろの座席が有利になる確率が高い釣りです。悔しい思いをしたら、次回は後ろの座席を狙ってみて下さい。

 

最後に

イナダ(ハマチ)のコマセ釣りのタックルもイラスト付きで紹介しています。代用で使用できる他の釣りのロッドや、現行版を中心にこの釣りで使用できる具体的なリール・ロッドやラインなどの情報はこちらへ

船釣りタックル紹介 イナダ(ハマチ)コマセ釣り編

 

活き餌を使用した泳がせ釣りのタックル・仕掛けはこちらへ

船釣りタックル紹介 ブリ・ワラサ(泳がせ)編

 

魚のサイズ別、仕掛けの作り方はこちらへ

船釣りの仕掛けを自作しよう イナダ(ハマチ)コマセ釣り編

船釣りの仕掛けを自作しよう ワラサ(メジロ)コマセ釣り編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧