スポンサーリンク

船釣りタックル紹介 ナメタガレイ編

 

 

ナメタガレイ釣りの基本的なタックル・仕掛けです。(イラストをクリックすると拡大して見る事ができます)

カレイの船釣りでは、マコガレイを始め、数種類のカレイを釣る事ができます。その数種類のカレイの中でも、東北地方の一部地域などで人気なのがナメタガレイです。ナメタガレイは縁起物として扱われ、煮つけでよく食べられている魚です。

タックルや仕掛けは特殊なものは必要なく、通常のカレイのタックルや仕掛けで釣りをする事ができます。

釣果を伸ばす為には、まず相手を知る事が大事です。と言う事でナメタガレイの紹介です。

 

ナメタガレイってどんな魚?

ナメタガレイの正式名称は「ババガレイ」と言い、大きいものでは60cmを超える大型のカレイです。主に北海道、三陸~常磐の太平洋側に多く生息し、この地域ではババガレイよりナメタガレイと言う名で呼ばれる事が多いようです。

水深400mより浅い砂泥の底に生息し、主にゴカイなどの多毛類を捕食しています。

産卵期は3~4月、旬は冬~初夏で、旨みをあまり感じられない為、刺身には向いていませんが、煮つけにすると絶品です。

大量の粘液を出すのも特徴の一つで、調理時など、この魚を扱う時は注意が必要です。

 

リールの選び方

使用する道糸が150m以上巻ける 小型両軸リール 又は ベイトリールを使用します。

手持ちで誘いをかけ続ける釣りの為、あまり大きなサイズはこの釣りには向いていません。その為、できるだけ軽いものがオススメです。

オススメリールサイズは・・・

ダイワは100~200番

シマノは100~600番

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向けリール、このサイズは汎用性が高く、他の釣りでも使用できます。

 

 ステップアップ用オススメリール

ダイワ、シマノの中級機種。価格を抑えた初心者向けより、性能・耐久性も上がっています。

 

高性能オススメリール

ダイワ、シマノのルアー用ベイトリールの上位機種。最高のものを使用したいならコレです。ルアー用は高性能なものが多く、エサ釣りでも使用できます。性能重視のリールになりますので価格は高めです。

 

ロッドの選び方

カレイ専用ロッドが最も扱いやすいですが、カワハギロッドや、マルイカロッドなどでも代用可能です。

汎用の船釣りロッドの場合は、全長1.4~2.4m程で、9:1~7:3調子、使用するオモリが扱えるロッドを使用します。

誘いを入れ続ける為、軽く感度が良く、握りやすく疲れないロッドが向いています。

入門用オススメロッド

価格を抑えた初心者向け。カワハギやマルイカ釣りでも使用できます。

 

ステップアップ用オススメロッド

性能も良いダイワ、シマノの中級ロッド。安いロッドより感度が良く、扱いやすくなっています。

 

高性能オススメロッド

ダイワ、シマノの上位機種。最高のものを使用したいならコレです。性能重視になりますので価格は高めです。

 

道糸の選び方

道糸はPEラインの2~3号を使用します。マコガレイなどに比べると深い水深まで生息できる魚ですが、釣りをするポイントは100mより浅い場所がほとんどで、道糸の長さは150m以上が必要になります。

根が多い場所では、リーダーを使用する事によって道糸を守ります。リーダーは6~10号(22~35lb)で、ナイロンやフロロカーボン素材のものを使用します。道糸とリーダーの結び方は、強度のある「FGノット」などがオススメです。

 

FGノットの作成方法はこちら

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインとライン編

 

オススメ道糸

とにかく安い道糸を使用したい方にオススメ

 

安い道糸を使用したいけど、激安な物では心配と言う方にオススメです。

 

高性能な道糸を使用したい方にオススメです。高密度12ブレイドラインの為、PEライン特有の糸鳴り音が大幅に削減されています。

 

仕掛け

片テンビン、オモリ、ハリス、針、夜光ビーズなどの目立つ仕掛けを使用します。

カレイ釣りが慣れていない場合は、完成品の仕掛けを使用した方が楽です。

仕掛けを飲まれたり、根掛かりの可能性がある為、仕掛けの予備は多めに持って行きましょう。

 

テンビンについて

アーム長12~20cmの片テンビン 又は スネークテンビンを使用します。

 

オモリについて

40号前後のオモリを使用します。

オモリの号数は、エリアや船宿で決められている為、事前に確認が必要です。

 

幹糸について

ナイロン、フロロカーボンの5~8号を使用します。カレイ釣りの場合、幹糸は多少目立っても影響は少ない為、2・3本撚りにする事も可能です。

 

ハリスについて

フロロカーボンの3~4号を3~10cm程使用します。

ハリスに夜光ビーズや目立つ仕掛けを通して使用します。

 

針について

カレイ12~15号、丸セイゴ12~15号を使用します。

 

釣り方

基本は、マコガレイなどの通常のカレイ釣りと一緒です。

ポイントに到着し、船長から開始の合図が出たら仕掛けを海底まで沈めます。

オモリが着底したら、オモリで海底を10~20回程 小突き誘いをかけ、ゆっくり上げアタリを確認します。アタリが無かったら、仕掛けを下ろし、再び10~20回程 小突きます。

あとは、同じ動作の繰り返しです。

アタリがあった場合、高活性時は即アワセOKですが、低活性時は即アワセNGです。

カレイは口が小さくエサをゆっくり食べる為、低活性時はアタリがあったら、糸を送り込んでからアワセます。

 

最後に

マコガレイ、マガレイ、イシガレイ狙いのタックル・仕掛けはこちらへ

船釣りタックル紹介 カレイ編

 

その他の釣りも色々紹介していますので、興味がある方はサイトマップもご覧ください。

サイトマップ