スポンサーリンク

タックル紹介 シーバスルアー(湾奥)ベイトタックル編

 

 

湾奥エリアでのシーバスの基本的なベイトタックルです。(イラストをクリックすると拡大して見る事ができます)

海のルアーフィッシングの中でも特に人気が高いターゲットがシーバスです。正式和名は「スズキ」という魚で出世魚としても有名です。

シーバスは夜釣りの方が釣りやすく、リールはライントラブルの少ないスピニングリールが多く使用されています。しかし、トップクラスの人気ターゲットだけに各メーカーからシーバス向けのリールやロッドが販売され、ブラックバスのルアーフィッシングでよく使用されるベイトリールもシーバス用のものも存在します。

スピニングリールに比べたら、シーバス向けのベイトリールの種類は少なくなりますが、現行機種を中心に、シーバスのルアーフィッシング向けのベイトタックルを紹介します。

 

リールの選び方

使用するラインが150m以上巻けるベイトリールを使用します。

ベイトリールを使用する場合は、海水に対応している機種か確認する事が必要です。それと、ベイトリールにはPEライン専用機種が存在します。PEライン専用機種にナイロン製やフロロカーボン製のラインを巻いてしまうと、スプール(糸が巻いてあるリールのパーツ)の破損につながる為、注意が必要です。

リールには「ギア比」があり、数値が大きいとリールのハンドル1回転でラインを巻き取れる長さが長くなります。ルアーをゆっくり動かす事がメインの場合や、リールにパワーが必要な場合はギア比の小さいリールを、ルアーを素早く回収し手返しよく釣りをする場合などは、ギア比の高いリールがオススメです。

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向けの海水対応ベイトリールです。

 

オススメリール

ダイワ、シマノのシーバス向けベイトリールです。初心者向けリールより基本性能が高く、扱いやすくなっています。

 

ロッドの選び方

シーバス用ベイトロッドを使用します。

湾奥エリアでは、長さ7.6~9.6フィート(約2.25~2.85m)で使用するルアーの重量が扱えるロッドが扱いやすくオススメです。

ルアーロッドの場合、長さはft(フィート)で表す事が多く、1ft=30.48cmとなります。

そして、ロッドには使用できるルアーの重量、アクションが記載されています。アクションはロッドの硬さで、シーバスロッドで主に使われている表記は以下のようになります。

L(ライト)

ML(ミディアムライト)

M(ミディアム)

MH(ミディアムヘビー)

H(ヘビー)

L(ライト)は柔らかめ、ML(ミディアムライト)→M(ミディアム)→MH(ミディアムヘビー)→H(ヘビー)と徐々に硬くなります。

使用できるルアーの重量とアクションは関係性があり、一般的なロッドではアクションがL(ライト)などの柔らかいロッドは、軽いルアーは扱いやすいけれど、重いルアーは投げる事すら困難です。H(ヘビー)などの硬いロッドは、重いルアーを使用できるようになりますが、軽いルアーは扱いにくくなります。

オススメロッド

スピニング用シーバスロッドに比べ、ベイト用シーバスロッドは少ないのが現状です。そんな中でも、ダイワ、シマノのベイト用シーバスロッドを集めてみました。

 

高性能オススメロッド

ダイワ、シマノの高性能ベイト用シーバスロッドです。性能重視の為、価格は上がってしまいますが、グリップの形状にもこだわり、細かい所の作りもしっかりしている為、見た目も良いロッドになっています。

 

ラインの選び方

PEラインは0.8~1.5号を使用します。

ナイロンやフロロカーボンラインは8~16lb(2~4号)を使用します。

長さは、ある程度の遠投や、ライントラブルを考慮して150mは必要になります。

素材については主にナイロン、フロロカーボン、PEラインの3種類ありますが、それぞれ以下のような特徴があります。

ナイロンラインの特徴
  • 価格が安い
  • 糸グセはフロロカーボン製より付きにくい
  • 扱いやすい
  • 伸縮性が一番ある為、感度は劣る

 

フロロカーボンラインの特徴
  • 根ズレに強い
  • 透明度が高い
  • 伸縮性はナイロンより少ない
  • 糸グセが付きやすい為、扱いにくい

 

PEラインの特徴
  • 糸グセは、ほぼ無し
  • ルアーの飛距離を出せる
  • 伸縮性は、ほぼ無し
  • ラインの中で一番高感度
  • 価格が高い
  • 根ズレに弱い
  • 熱に弱い(結ぶ時の摩擦熱に注意が必要。摩擦熱を発生させないようにゆっくり結ぶ)

 

リーダーの選び方

PEラインを使用する場合は、ナイロンかフロロカーボン製のリーダー(ショックリーダー)を使用します。PEラインは根ズレに弱く、透明なものがありません。この弱点を補う為にリーダーが必要になります。

12~25lb(3~7号)を1~1.5mの長さで使用します。

素材については主にナイロン、フロロカーボンの2種類あり、それぞれ以下のような特徴があります。

ナイロンリーダーの特徴
  • 価格が安い
  • 糸グセはフロロカーボン製より付きにくい
  • 扱いやすい
  • 伸縮性がある為、感度は劣る

 

フロロカーボンリーダーの特徴
  • 根ズレに強い
  • 透明度が高い
  • 伸縮性はナイロンより少ない
  • 糸グセが付きやすい為、扱いにくい

 

リーダーの結び方

PEラインを使用したルアーフィッシングではPEラインとリーダーを結ぶ事が必要不可欠です。色々な種類の結び方がありますが、この釣りではFGノットがオススメです。

 

FGノットの結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインとライン編

 

金具との結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインと金具編

 

ルアーの選び方

ペンシル、ミノー、バイブレーション、スピンテール、メタルジグ、ワームなどを使用します。

シーバスが捕食している小魚にルアーのサイズを合わせる事で反応が良くなりますが、分からない場合は、9~12cm程のミノー、15~25g程のバイブレーション、7~12gのジグヘッドと3~4インチのワームがオススメです。

 

色も重要で、時間帯によって反応が良い色は変わります。

  • 日中は青やシルバーなどの、本物の小魚に近いリアルカラー
  • 朝、夕は赤やゴールドなどのアピールカラー
  • 夜は白やパールなどのアピールカラー
ペンシルの特徴

主に水面~水面直下を狙えるルアーで、フローティングとシンキングの2種類あります。

フローティングは、浮く為、水面狙いのルアーでシーバスの活性が高い時に有効。

シンキングは、リールを巻くと浮き上がり、止めると沈むタイプ。フローティングより重い為、風に強い。

 

ミノーの特徴

ミノーには大きく分けてフローティング、サスペンド、シンキングの3種類あり、それぞれ異なる特徴があります。

フローティングは、水中でリールを巻くと潜り、止めると浮くタイプ。あまり深い水深まで潜らないものが多い。

サスペンドは、水中でほぼ停止するタイプ。(海水の塩分濃度により浮力が変わります)

シンキングは、水中で沈むタイプ。他の2種類より重い為、ミノーの中では風に強く、比較的深いポイントも狙える。

 

バイブレーションの特徴

水中をブルブル震えながら動くルアー。比較的重くリールを巻かないと沈む為、スピーディーに広範囲を狙える。

ほぼ金属でできている鉄板系バイブレーションもあり、メタルジグに匹敵する飛距離を出せるタイプもあり。

 

スピンテールの特徴

テール(尾)の部分に回転するブレードが付いているルアー。

重量もあり、バイブレーションのように広範囲を狙える。

 

メタルジグの特徴

ほぼ金属でできていて、ルアーの中でも飛距離は最強クラス。水中での沈むスピードが速い為、スローな動きは苦手。

 

ワームの特徴

柔らかい素材でできているルアー。

軽い為、ジグヘッドやオモリ(シンカー)と組み合わせて使用します。

便利グッズ

根掛かりする確率が高いこの釣りでは、根掛かりの対処が必要になります。根掛かりした仕掛けを無理やり引っ張ている人が見受けられますが、これではロッドやリールに負担が掛かってしまい、最悪の場合、ロッドやリールが破損してしまいます。

ここでオススメするものが、ラインブレーカーと言う道具です。

金属の筒の周りに滑り止めが巻いてある構造で、根掛かりした場合、ラインをラインブレーカーに巻き付けて引っ張り、ラインをカットします。

PEラインとリーダーを結ぶ場合にも使用できるので、一つは持っていたい便利グッズです。

 

最後に

湾奥でのスピニングタックルはこちらへ

タックル紹介 シーバスルアー(湾奥)スピニングタックル編

 

その他の場所でのタックルはこちらへ

タックル紹介 シーバスルアー(サーフ)編

タックル紹介 ヒラスズキ編

 

シーバスが釣りたいけど、なかなか釣る事ができない。そんな方は船でのシーバスのルアーフィッシングはいかがでしょうか?シーバス船は、プロの船長がポイントまで案内してくれ、初心者にはアドバイスをくれる為、オカッパリに比べ釣れる確率は格段にあがります。

船釣りタックル紹介 シーバス(スピニングタックル)編

船釣りタックル紹介 シーバス(ベイトタックル)編

船釣りタックル紹介 シーバスジギング編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧