スポンサーリンク

タックル紹介 アジング編

 

 

アジング(アジのルアー釣り)の基本的なタックルです。

アジは誰もが知っていると言ってもいいくらいの有名な魚です。釣り方も、サビキやカゴ釣り、ウキ釣りやルアー、船ではコマセやビシ釣りなど様々な方法で狙う事ができます。

アジングとは、小型のルアーを使用し、堤防や消波ブロックなどの陸っぱりや、ボートでアジを狙う釣り方です。アジと言っても、数種類存在し、アジングで狙うのは、主にマアジになります。

釣果を伸ばす為には、相手を知る事が大事です。と言う事で、マアジの紹介です。

 

マアジってどんな魚?

マアジは主にイワシなどの雑魚や、エビやプランクトンなどの甲殻類を食べ、最大で50cm程になる魚です。ゼイゴ と言う棘状のウロコが体の真ん中辺りから尾にかけてあり、素手で触れると手が切れてしまう可能性があります。魚ばさみ等で扱うと安心です。

スーパーなどでよく見かける、お馴染みのマアジですが、実は2種類存在します。

クロアジ」「キアジ」です。

スーパーなどでよく見かけるのは、クロアジが多いかと思います。クロアジは、背中が黒みを帯びていて、沖合を群れで回遊し痩せています。キアジは、背中が黄色みを帯びていて、一部地域の浅い場所に定着する居つき型で、太っていて脂肪分が多いのが特徴です。メタボなアジと言ったところで、食べると とても美味しいんです。

テレビなどで「美味しいアジ」として紹介されている「金アジ」の事は知っている方はいるかと思いますが、このキアジの事なんです。釣り場にもよりますが、アジングではキアジが釣れる可能性が高いです。

 

アジの釣れる時期、時間は?

1年中狙う事ができますが、夏と秋は数釣りが期待でき、釣りやすい時期となります。

日中は底付近など、深い場所に潜んでいる場合が多く、夜に浅い場所までやってきます。夜は水面直下でも釣れる場合があるので、夜釣りの方が釣りやすいです。

アジが回遊してくる時間帯が、だいたい決まっている釣り場もあるので、地元の釣具屋などで情報収集すると釣れる確率が上がると思います。

 

リールの選び方

使用するリールは、スピニングリールを使用します。

小型のルアーを使用する為、あまり遠投できないので、陸っぱりの場合、ラインは75mもあれば十分(150m巻きを2回に分けて使うイメージ)なので、リールのサイズは使用するラインを75m以上巻けるリールが基本となります。

PEライン使用時のオススメリールサイズは・・・

ダイワは1000~2000番

シマノは500~2000番

 

ナイロン、フロロカーボンライン使用時のオススメリールサイズは・・・

ダイワは1000~2500番

シマノは500~2500番

※各メーカーでシャロースプールモデルなど、同じ型番でも糸巻量が違うものがあるので、購入の際は糸巻量を確認して下さい。

ギア比に関しては、ノーマルギア、ハイギアのどちらでも使えます。ルアーをゆっくり巻くのをメインに考えている方はノーマルギア、素早くルアーを回収し手返し良く釣りをされる方はハイギアをオススメします。

細いラインを使用する為、ドラグ性能の良いリールをオススメします。ドラグの性能は、正直言ってリールの価格に比例します。(価格が高ければ、ドラグの性能も高い)

 

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向けリール。このサイズは汎用性が高く、他の釣りでも使用できます。

 

PEラインとセットになったお得な機種になります。

 

ステップアップ用オススメリール

性能も良いダイワ、シマノの中級機種。入門用に比べて性能は上がり、頑丈になりますので、初心者でも長く使いたいと言う方にもオススメです。

 

高性能オススメリール

ダイワ、シマノの上位機種。高性能なものを使用したいならコレです。性能重視のリールになりますので、価格は高めです。お財布と相談が必要になってしまいます・・・

 

ロッドの選び方

専用のアジングロッドがベストですが、メバリングロッド、バスロッド、トラウトロッドでも代用可能です。アジングロッドとメバリングロッドは、ほぼ一緒ですが、アジングロッドの方が先調子の傾向になります。

長さは6~8フィートが扱いやすく、遠投が必要な場合や飛ばしウキを使用し、仕掛けが長くなった場合に8フィート以上のロッドを使用します。

 

入門用オススメロッド

価格を抑えた初心者向け

 

ステップアップ用オススメロッド

性能も良いダイワ、シマノのオールラウンドタイプの中級ロッド

 

高性能オススメロッド

ダイワ、シマノの上位ロッド。高性能なものを使用したいならコレです。性能重視のロッドになりますので、価格は高めです。お財布と相談が必要になってしまいます・・・

 

ラインの選び方

ラインは、ナイロンやフロロカーボンを使用する場合は 2~5lb(0.5~1.2号)

PEラインを使用する場合は 0.2~0.5号と、3~5lb(0.8~1.2号)のショックリーダーを30~60cm使用します。

ナイロンやフロロカーボンの利点は、PEに比べて摩擦に強く価格が安い事です。PEラインの利点は、感度が良く飛距離が出せるところです。しかし、この細さのPEラインだと、何かに擦れてしまったら、すぐ切れてしまうので、釣りが慣れていない方は、ナイロンやフロロカーボンラインの使用をオススメします。

ラインの巻く長さは、ルアーが軽い為、他の釣りに比べて飛距離は出せないので、先ほどもありましたが、リールへは75mも巻いてあれば十分です。

PEラインを使用したルアーフィッシングではPEラインとリーダーを結ぶ事が必要不可欠です。色々な種類の結び方がありますが、アジングでは簡単なトリプルエイトノットで十分です。

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインとライン編

 

ルアーの選び方

ハードルアー系では、ミノー、メタルジグ、ソフトルアー系ではジグヘッドリグ、スプリットショットリグや飛ばしウキを使用した仕掛けがあります。

やはり、アジングやメバリング専用のルアーが良く釣れます。

ジグヘッドは0.5~3.5g程のものを使用し、スプリットショットのシンカー(オモリ)は1~5g程のものを使用します。(船でのアジングは、もっと重いものを使用する場合があります)

中でも注意したいのが、スプリットショットリグに使用する、シンカー(オモリ)です。ブラックバスなどで使用する、金属のみで作られたスプリットシンカーを取り付けてしまうと、この釣りで使用するラインが細い為、傷が付き、ラインやリーダーが切れてしまう可能性が高くなります。アジングやメバリング専用のシンカーは、ラインに傷がつかないように工夫されていますので、専用のシンカーの使用をオススメします。

 

ミノーでも注意が必要です。トラウト用のミノーも形がそっくりな為、使用出来そうにみえますが、海水と淡水では比重が違う為、トラウト用などの淡水用ミノーを海水で使用すると、バランスが崩れ変な動きになってしまいます。それと、フックなどの金属部がすぐに錆びてしまいます。なので、海水専用の小型ミノーを使用しましょう。サイズは3~5cm程がよく使用されています。

スナップを使用する場合は、小型のものを使用します。しかし、寒い時期や夜釣りなどで小さいスナップを扱うのは大変です。寒さで手が思うように動かず、ルアーの取り外しがなかなか上手くいかないので、イライラするなんて事を経験した人は沢山いるかと思います。ここで活躍するのが、エイトスナップです。普通のスナップに比べて、ルアーの取り外しを簡単にする事ができるアジングで大活躍するスナップです。

 

最後に

その他の釣りも色々紹介していますので、興味がある方はサイトマップもご覧ください。

サイトマップ