スポンサーリンク

タックル紹介 ヒイカ(エギング)編

 

 

ヒイカ釣り(エギング)の基本的なタックルです。

ヒイカの正式名称はジンドウイカと言います。成長しても手のひらサイズの小型のイカです。イカの釣り方で代表的なものは、エギと言う疑似餌を使用したエギングです。ヒイカも他のイカ同様にエギングで狙うことができますが、他のイカに比べて体が小さいため、小型のエギを使用します。その為、ライトエギングなどとも言われています。

そして、通常のエギングとは大きな違いがあります。それは、数釣りが可能なところです。夜釣りメインですが、条件が良ければ一晩で100杯位釣れてしまうこともあります。

 

ヒイカの釣れる時期は?

11月~春先まで接岸してくるため、この時期が釣りやすいです。東京湾で特に数が狙える時期を具体的に言うと、11月~12月中旬になります。

意外なことですが、ヒイカは一年中釣れるポイント周辺に生息しています。夜間に投光器などでヒイカを寄せることができれば、一年中狙うことができます。しかし、ピーク時以外に数は、ほとんど期待できません。

 

どんな場所で釣れる?

ヒイカは、湾内の潮の流れが緩やかな場所に生息しています。

ヒイカ釣りは、夜釣りがメインとなりますので、狙うポイントは、常夜灯の下など、明かりが水面を照らしている場所です。しかし、このような場所は人気が高く、ヒイカも人も集まります。なので、常夜灯が無い場所で、小型発電機と投光器を持ってきて、水面を照らしてヒイカを寄せている人も結構います。要注意なのが、水面を照らすことによって、シーバスも寄せてしまう場合があります。シーバスはヒイカにとっては天敵です。天敵の登場で、ヒイカ達は驚いて明かりの下から散ってしまいます。シーバスの気配を感じた時などは、投光器を使用しない方がいいなんてこともあります。

 

どんなエギで釣れる?

ヒイカエギングで使用するエギの写真です。

エギのサイズは1.3~1.8号です。

ヒイカは水深が50cm程しかない場所へも平気でエギを追いかけてきます。水深が浅いポイントを狙う場合は、できるだけ沈下速度の遅いエギを使用すると根がかりのリスクが減り、釣りやすくなります。1.5号のエギが小さく軽い為、沈下速度は遅いですが、1.5号でも様々な重さのエギが存在します。

エギメーカー大手のヤマシタのエギを参考にすると・・・

ナオリーRH 1.5号でも3種類存在します。

  • シャロー  重量:3.0g  沈下速度:15~18秒/m
  • ベーシック 重量:3.5g  沈下速度:5.0~5.5秒/m
  • ディープ  重量:6.0g  沈下速度:2.5~3.0秒/m

この様に、同じ大きさの1.5号でも、重量と沈下速度に大きな違いがあります。水深が1mも無い場所で、ディープモデルを使用すると、根がかりのリスクが増え、扱いづらいです。ヒイカの活性が高い場合は水面直下でも釣れますので、シャローモデルのエギはオススメです。

カラーについては、日によって反応のいい色は違いますので、色々試してみて下さい。そして大事なのが、イカは魚とは違って匂いを感じることができないと言われています。その代わりに目が良いので、同じエギばっかり使用していると偽物と見破られて(イカに聞いたことないので、はっきりとわかりませんが・・・)反応が悪くなってしまいます。カラーローテーションはこまめに行いましょう。しかし、活性が高い場合は、一日中同じエギで釣れ続けるなんてこともありますので、状況に応じてカラーローテーションは行って下さい。

スナップに関しては、使用しなくても問題ありません。使用する場合は、出来るだけ小さく軽いものを使用しましょう。

 

リールの選び方

使用するリールはスピニングリールです。

この釣りは、ラインは75mもあれば足ります。しかし、念のために100m位は巻いてあったほうか良いと思います。

PEラインとナイロンラインでは太さが違い、ナイロンラインの方が太い為、リールのサイズも使用するラインによって変わってきます。

PEライン使用のオススメリールサイズは・・・

ダイワは1000、2000番

シマノは1000、2000番

 

ナイロンライン使用のオススメリールサイズは・・・

ダイワは2000、2500番

シマノは2000、2500番

 

ギア比に関しては、ハイギアの方がエギングには向いています。しかし、リールのサイズが1000番だと、ハイギアモデルがあまり存在しません。アオリイカのエギングほどシビアな釣りでは無いので、ノーマルギアでも問題はありません。

ドラグに関しては、ほとんど使用せず、締め付けた状態で釣りをします。なので、高価な高性能ドラグのリールは必要ありません。

ヒイカのアタリはすごく小さく、慣れていない人の場合は、アタリを取ることすらできないと思います。(いつのまにか釣れていたと言う感じ)アタリを取りやすくする為には、軽いリールが有利です。なので、軽いリールの使用をオススメします。

 

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向けリール。

 

PEラインとセットになったお得な機種になります。

 

ステップアップ用オススメリール

性能も良いダイワ、シマノの中級機種。入門用に比べて性能は上がり、頑丈になりますので、初心者でも長く使いたいと言う方にもオススメです。

 

高性能オススメリール

ダイワ、シマノの上位機種。性能重視のリールになりますので、価格は高めです。お財布と相談が必要になってしまいます・・・

 

ロッドの選び方

最近になりヒイカ釣りの専用ロッドが登場しましたが、まだ種類は少ない状態です。なので、他の釣りのロッドを代用で使用します。トラウトロッド、バスロッド、メバリングロッド、アジングロッドなどが使用可能です。エギのアクションや飛距離の事を考えると、アジングロッドがこの釣りに向いています。

エギの重量は1.5号で約4g前後、2号で9g前後なので、ロッドのルアー重量が最大10~14g程のものが使いやすいです。

こちらもリール同様に、軽く感度が良いものをオススメします。

 

入門用オススメロッド

入門用ロッドで評判のいい、メジャークラフトの「ソルパラ」が2018年にモデルチェンジしました。中級者~初心者まで使いやすい仕様になっています。

 

オススメロッド

ヒイカエギングに向いているロッドを集めてみました。

 

ヒイカ専用ロッド

港湾エリアのヒイカ専用ロッドです。

 

ラインの選び方

PEライン、ナイロンライン、フロロカーボンラインのどれかを使用します。

PEラインの場合は、0.3~0.4号を使用し、2~5lb(0.5~1.2号)のフロロカーボンのショックリーダーを50cm~1m使用します。

ナイロンライン、フロロカーボンラインの場合は、3~4lb(0.8~1号)を使用し、ショックリーダーは使用しません。

オススメは飛距離が出せ、感度の良いPEラインです。

ショックリーダーに関しては、ナイロンとフロロカーボンがありますが、フロロカーボンの方が透明度が高いので、目が良いイカが相手の場合は、フロロカーボンのショックリーダーを使用しましょう。

PEラインを使用する場合、PEラインとショックリーダーを結びます。ヒイカの引きは、あまり強くないので、どの結び方でも対応可能です。簡単なトリプルエイトノットと、作成するのが大変だけど結び目が細く、ルアー釣りでおなじみのFGノットなどがオススメです。

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインとライン編

 

釣り方

釣りをするポイントに到着したら、まず水面を見て下さい。活性が高い時などは浅いところを泳いでいる姿を確認できます。この場合は、迷わず水面~水深1m程のところを狙います。

姿が見えない場合は、できるだけ広範囲に水面~底付近まで探ります。

エギの動かし方は、竿先で「ちょん」と動かしてアタリを待ち、「ちょん」と動かしてアタリを待つの繰り返しです。動かす時のイメージは、エギがほんの少しの距離(数センチメートル)を素早く動く感じです。アオリイカのエギングのように、大きなアクションは必要ありません。

風が強い日などは、エギが軽いため、風の影響をかなり受けてしまいます。風が強い日などは、オモリ(シンカー)をイラストの右下のように、エギに取り付けて使用しましょう。

 

最後に

その他の釣りも色々紹介していますので、興味がある方はサイトマップもご覧ください。

サイトマップ