スポンサーリンク

タックル紹介 シーバスルアー(磯)編

磯でのシーバスルアーフィッシングの基本的なタックルの紹介です。

シーバスのルアーフィッシングと言えば、海のルアーフィッシングの中でも特に人気の高い釣りです。シーバスの正式名称はスズキと言う魚で、セイゴ→フッコ→スズキと大きさで名前の変わる出世魚です。

ここでは、リール、ロッド、ラインなどのタックルを中心に紹介したいと思います。

 

その他の場所でのタックルはこちらをどうぞ

タックル紹介 シーバスルアー(湾奥)編

タックル紹介 シーバスルアー(サーフ)編

磯でのタックル

磯でのオススメタックルです。こちらはスズキだけではなく、ヒラスズキもターゲットになります。そして、時期や場所によっては青物も釣れる為、遠投性能とパワーの両方を兼ね合わせたタックルが必要になります。

 

リールの選び方

ラインは最低でも150mは必要になります。この場所では、ルアーキャストの飛距離が重要なので、飛距離が出せるPEラインを使用します。ナイロンラインは飛距離が落ちるので、あまりオススメ出来ません。

オススメリールサイズは・・・

ダイワは3000、4000番

シマノは3000、4000番

※各メーカーでシャロースプールモデルなど、同じ型番でも糸巻量が違うものがあるので、購入の際は糸巻量を確認して下さい。

ギア比に関しては、ハイギアモデルをオススメします。磯では根がかりすることが多く、特にルアーを海から引きあげる時が要注意です。ハイギアのリールで素早くルアーを引きあげれば、根がかりの確立は減らせることができます。

磯では、大物がヒットする可能性が高いです。その為、やはりドラグ性能の高い高性能リールが必要になります。

 

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向け。PEラインは購入すると高いですが、この機種はPE1.5号が200m付いている、お得な機種になります。

 

ステップアップ用オススメリール

ダイワ、シマノの中級機種。ドラグの性能も良く汎用性が高いです。そして安いリールより壊れにくいと言った利点があります。

 

高性能オススメリール

ダイワ、シマノのシーバス用スピニングリールの上位機種。最高のものを使用したいならコレです。性能重視のリールになりますので、価格は高めです。お財布と相談が必要になってしまいます・・・

 

ロッドの選び方

ロッドの長さは、10~15ft位を使用します。

ルアーの重量は、10~40g位のものをメインで使用することが多いので、使用するルアーに合わせてロッドを選びましょう。

この場所では、湾奥に比べてロッドの長さが長くなるので、重量が増します。軽くパワーがあるロッドが扱いやすいです。

 

入門用オススメロッド

入門用ロッドで評判のいい、メジャークラフトの「ソルパラ」が2018年にモデルチェンジしました。中級者~初心者まで使いやすい仕様になています。

 

ステップアップ用オススメロッド

安いロッドより軽く感度もいい遠投用シーバスルアーロッド。

 

高性能オススメロッド

ダイワ、シマノのシーバス用ルアーロッドの上位機種。最高のものを使用したいならコレです。性能重視のロッドになりますので、価格は高めです。お財布と相談が必要になってしまいます・・・

 

ラインの選び方

PE1.2~2号を使用します。飛距離が必要な場所ですが、根がかりが多いので、場合によっては根ズレに強いナイロンラインを使用します。ナイロンラインを使用する場合は12~16lb位が目安になります。

ショックリーダーはフロロカーボンの30~40lb(8~12号)を1.5~2m使用します。

PEラインとショックリーダーの結び方はFGノットをオススメします。FGノットは時間がかかりますが、結び目が細いなどの利点があります。しかし、釣り場でラインが切れてしまい、現地でPEラインとショックリーダーを結ぶ事が必要な状況もあるかと思います。夜や風が強いなど、FGノットの作成が難しい場合は簡単なトリプルエイトノットで対応しましょう。

 

FGノットやトリプルエイトノットの作成方法を詳細なイラストで紹介していますので、必要な方はこちらもどうぞ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインとライン編

 

最後に

その他の釣りも色々紹介していますので、興味がある方はサイトマップもご覧ください。

サイトマップ