船釣りタックル紹介 サワラ・サゴシ(キャスティング)編

 

船から狙う、サワラ、サゴシの基本的なキャスティングタックルです。(イラストをクリックすると拡大して見る事ができます)

サワラ、サゴシ(サワラのサイズが40~50cm程の時の呼び名)は船釣り、陸っぱり共に人気の高いターゲットで、群れの移動速度が速く、エサでじっくり狙う事は難しい魚の為、主にルアーフィッシングで狙います。

船からの釣りでは、キャスティング(ルアーを投げる)で狙う方法と、ジギング(ジグと呼ばれるルアーを真下に沈める)で狙う方法があります。

今回はキャスティングで狙うタックル、ルアーを紹介します。

キャスティングゲームとも言われ、ゲーム性が高く、ルアーを投げるテクニックが必要になります。乗合船では基本的にアンダーキャスト(下投げ)になる為、慣れていないと飛距離を出す事が少々難しいかもしれません。

ジギングは主に真下を狙う為、スピーディーに深いポイントから浅いポイントまで狙う事が得意なのに対して、キャスティングは広範囲を狙う事ができ、ナブラが発生した場合は、ナブラを狙う事もできます。

サワラは歯が鋭くリーダーを簡単に切られてしまう為、ルアーのロスが多い事もこの釣りの特徴です。

釣果を伸ばす為には相手を知る事が大事です。と言う事でサワラの紹介です。

 

サワラってどんな魚?

大きい個体では1m程に成長し、細長い魚体で頭が小さい割には口が大きく開き、鋭い歯が特徴の魚です。

そして、大きさで呼び名が変わる出世魚です。

  • 40~50cm未満 → サゴシ(サゴチ)
  • 50~60cm未満 → ナギ(ヤナギ)
  • 60cm以上 → サワラ

肉食性で主に小魚、エビやカニなどの甲殻類、イカなどの軟体動物を捕食するフィッシュイーターで、ルアーにもよく反応する為、ルアーフィッシングの人気の高いターゲットです。しかし、ルアーを丸のみされる事が多く、丸のみされた場合、鋭い歯でリーダーを高確率で切られてしまうので、ルアーのロスが多い事も特徴です。

春~秋にかけては表層を群れで泳ぎます。この時期はミノーやペンシル系のルアーで狙う事ができ、群れの移動速度が速い事も特徴の一つです。冬が近づき水温が下がる頃になると深場に移る習性があります。

 

リールの選び方

使用するラインが150m以上巻ける、ハイギア(巻上速度の速い)のスピニングリールを使用します。

リールには「ギア比」があり、数値が大きいとリールのハンドル1回転でラインを巻き取れる長さが長くなります。サワラやサゴシ狙いでは、ルアーを丸のみされる事を防ぐ為、ルアーを高速で動かし、ルアーのテール(後ろ)から食いつかせるようにします。その為、ギア比の低いローギア(巻上速度の遅い)のリールはこの釣りには向いていません。

オススメリールサイズは・・・

ダイワは4000~5000番

シマノは3000~4000番

※各メーカーでシャロースプールモデルなど、同じ型番でも糸巻量が違うものがあるので、購入の際は糸巻量を確認して下さい。

 

入門用オススメリール

価格を抑えた初心者向けスピニングリールです。多くのスピニングリールのハンドルは、右巻き、左巻きのどちらにも自由に変えられる特徴があります。

 

ステップアップ用オススメリール

初心者向けリールより基本性能が高く、耐久性も上がっている為、少し高性能なリールが欲しい、長くリールを使用したい方などにも向いています。

 

高性能オススメリール

スピニングリールの上位機種。性能重視の為、価格は高額になってしまいますが、ドラグ性能、ハンドルを回した時の滑らかさなど、様々な面でトップクラスの性能を誇っています。

 

ロッドの選び方

キャスティング用のボートシーバスロッドで最大ルアー重量が40g前後、オフショアキャスティングロッドで最大ルアー重量が40~60g程のものを使用します。

乗合船の場合、ルアーはアンダーキャスト(下投げ)の為、長いロッドは扱いにくく、7フィート前後(約2.1m)のものがオススメです。

ルアーロッドの場合、長さはft(フィート)で表す事が多く、1ft=30.48cmとなります。

 

オススメ ボートシーバスロッド

サワラ、サゴシ向きのボートシーバスロッドです。オフショアキャスティングロッドに比べると軽く、扱いやすくなっています。

 

オススメ オフショアキャスティングロッド

サワラ、サゴシ向きのオフショアキャスティングロッドです。ボートシーバスロッドよりパワーがあり、ワラサなどのパワーがある青物が掛かっても、やり取りが楽になります。

 

ラインの選び方

PEラインは1.2~1.5号を主に使用し、ワラサなどのパワーのある青物が混ざる場合は1.5~2号を使用します。

長さは、最低でも150mはリールに巻いておきましょう。

 

リーダーの選び方

PEラインを使用する場合は、ナイロンかフロロカーボン製のリーダー(ショックリーダー)を使用します。PEラインは根ズレに弱く、透明なものがありません。この弱点を補う為にリーダーが必要になります。

30~50lb(8~14号)を1.5~2.0mの長さで使用します。

素材については主にナイロン、フロロカーボンの2種類あり、それぞれ以下のような特徴があります。

ナイロンリーダーの特徴
  • 価格が安い
  • 糸グセはフロロカーボン製より付きにくい
  • 扱いやすい
  • 伸縮性がある為、感度は劣る

 

フロロカーボンリーダーの特徴
  • 根ズレに強い
  • 透明度が高い
  • 伸縮性はナイロンより少ない
  • 糸グセが付きやすい為、扱いにくい

 

リーダーの結び方

太いリーダーを結ぶ場合、ルアーフィッシングでよく使用されている「クリンチノット」で結んでしまうと、解けやすくなってしまいます。その為、太いリーダーの結び方は「編込み結び」がオススメです。

 

PEラインとリーダーの結び方は「FGノット」や「PRノット」がオススメです。

FGノット、PRノットの結び方はこちらへ

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインとライン編

 

ルアーの選び方

ミノー、スピンテールを中心に、ペンシル、バイブレーションなどを使用し、重量25~40g程のものを使用します。サワラやサゴシのルアーフィッシングは、リーダーを切られてしまう可能性が高い釣りの為、予備のルアーは他の釣りより多めに準備しましょう。

 

色が重要で、時間帯や状況によって反応が良い色は変わります。

  • 日中の晴れている状況では、青やシルバーなどの、本物の小魚に近いリアルカラー
  • 朝、夕や曇りなどの薄暗い状況では、ピンクやゴールドなどのアピールカラー

 

ミノーの特徴

ミノーには大きく分けてフローティング、サスペンド、シンキングの3種類あり、それぞれ異なる特徴があります。

フローティングは、水中でリールを巻くと潜り、止めると浮くタイプ。あまり深い水深まで潜らないものが多い。

サスペンドは、水中でほぼ停止するタイプ。(海水の塩分濃度により浮力が変わります)

シンキングは、水中で沈むタイプ。他の2種類より重い為、ミノーの中では風に強く、比較的深いポイントも狙える。

サワラやサゴシ狙いでは、8~15cmで重量25~40gのシンキングミノーを使用します。高速で動かしてもバランスが崩れないものが向いています。

 

サゴシ狙いの専用ミノー

 

スピンテールの特徴

テール(尾)の部分に回転するブレードが付いているルアー。ほとんどのパーツが金属でできている為、飛距離は抜群。比重が重い「タングステン」製がオススメ。

キャストを繰り返しているうちに、フックの先端が欠けてしまう為、予備のフックやヤスリが必要なものもあります。

 

高実績のスピンテール

 

ペンシルの特徴

主に水面~水面直下を狙えるルアーで、フローティングとシンキングの2種類あります。

フローティングは浮く為、水面狙いのルアーでサワラ、サゴシの活性が高い時に有効。

シンキングはリールを巻くと浮き上がり、止めると沈むタイプ。フローティングより重い為、風に強い。

 

バイブレーションの特徴

水中をブルブル震えながら動くルアー。比較的重くリールを巻かないと沈む為、スピーディーに広範囲を狙える。

ほぼ金属でできている鉄板系バイブレーションもあり、スピンテールに匹敵する飛距離を出せるタイプもあり。

 

最後に

ジギング用タックルはこちらへ

船釣りタックル紹介 サワラ・サゴシ(ジギング)編

 

東京湾でのキャスティング用タックルはこちらへ

船釣りタックル紹介 サゴシ(東京湾キャスティング)編

 

船釣りから堤防、砂浜などの陸っぱりまで、様々な釣りのタックルや仕掛け、仕掛けの作成方法を対象魚別に詳細なイラスト付きで紹介しています。

タックル・仕掛け一覧