スポンサーリンク

2018/12/26 萬栄丸でクロムツ釣り~釣行記録~

大人気の半夜クロムツ釣り。夜釣りの為、狙う水深はあまり深くなく、深海魚にしては比較的ライトタックルで釣りをすることができます。そして1匹数千円する高級魚が条件が良ければ2桁釣れることも珍しくありません。(そりゃ、人気出ますよね)人気の為、土曜日はなかなか予約が取れない状況だったので、有給休暇をとって行こうと思えば、台風や強風などでダメになると言った不運が続き、気が付けば2018年も終わりそうです・・・。そんな中、チャンスが巡ってきました。12月26、27日と仕事の休みがとれ、天気も問題無かったので、予約の電話をしてみると、前日にも関わらずあっさりOKでした。

と言うことなので、今回お世話になるのは、千葉県勝山港の「萬栄丸」さんです。

 

事前準備

電動リール、ロッドはもちろん、仕掛け、オモリ、クーラーボックスが必要になります。

電動リールはダイワの400番、ロッドは中深場ロッドを準備。この釣りで使用するタックルについて詳しく紹介していますので、こちらもどうぞ。

船釣りタックル紹介  萬栄丸 クロムツ編

仕掛けは自作の仕掛けです。スミヤキやサメに仕掛けを切られてしまう事を想定して多めに作成し船に持ち込みます。オモリも同様に切られてしまうことを想定して10個ほど船に持ち込みます。ちなみに、使用するオモリは150号です。仕掛けの作り方も紹介していますので、こちらもどうぞ。

クロムツの仕掛けを自作しよう

クーラーボックスは40Lを準備しました。この釣りでは、クロムツ以外にも外道で大型のアジやサバが良く釣れます。個人的にサバの味噌煮が好きなので、外道も持ち帰るために大きなクーラーボックスを使用します。

 

釣行当日

14:00に現地到着。

萬栄丸の船の座席の取り方は、早く船着き場に到着した順で好きな場所を確保することができます。

空いている座席に番号入りのペットボトルのフタがありますので、希望の位置のフタを確保します。出船2時間前だったので、残りは3つです。(写真は別の日に撮影)クロムツ船は、座席の位置でコマセ真鯛船みたいに釣果に差は出ることは少ないので、「座席はどこでもいいや」と言った感じです。

そして、出船時間の16:00になり、予定通りに出船です。

30分ほど船を走らせ最初のポイントへ到着。

今日の天気は、予報通りに風は弱く凪の状態だったので、釣りはやりやすそうです。

釣りを始める前に船長からの注意事項が3つありました。

  1. オモリは派手なものや鉄製のものは使用できません。
  2. 1~5mは底を切る。オモリが少しでも底に着いてしまうとオマツリの原因になる。
  3. リールは最高速巻き上げ。サメやサバの被害を減らす為

この釣りの経験者なら毎度お馴染みの注意事項ですが、初めてクロムツ釣りをされる方は、これを守らないと、クロムツの数を伸ばすことはできません。

餌を受け取ります。

餌はサバの切り身です。

餌を針に付け準備完了です。そして水深110mとアナウンスがあり、仕掛け投入の合図。

釣りスタート!

仕掛けを投入し底を確認後にすぐに1m巻き上げてアタリを待ちます。するとすぐにアタリが。電動リールを最高速巻きで巻き上げてみると、30cm超えのアジでした。周りを見ると、アジやサバばかりでクロムツはまだのようです。

少し移動し、再び仕掛け投入の合図があり、仕掛けを投入。底を確認後にアタリを待っていると、クロムツらしきアタリが。リールを巻き上げてくると、クロムツの姿を確認。サメに横取りされないように一気に船まで引き上げました。最初の1匹は35cm程のグッドサイズのクロムツをゲット。そして、この場所で立て続けに3匹の型の良いクロムツを釣り上げ、良型のクロムツを計4匹確保しました。自作の仕掛けで良型が連続で釣れると嬉しいものです。

良型のクロムツはここまでで、次に釣れたのは30cm無い位のクロムツです。そして、サバの邪魔も酷くなり、船のあちこちでサバが大暴れしていました。底まで仕掛けを落とせればクロムツは釣れますが、途中でサバが掛かってしまう事が多い状況が続きました。

時刻は17:20。サバが大人しくなったと思ったら、クロムツのアタリも遠のき、時々誰かがサバかアジを釣っていると言った感じです。

時刻は18:30。とうとうアイツが登場しました。アタリを待っていると、「ふわっ」と軽くなりすぐに仕掛けを切られた事がわかりました。そうです、スミヤキの登場です。なぜかラインを喰いちぎる厄介者です。周りを見ても、スミヤキの犠牲者が多数発生。そして50cm程のスミヤキを2匹釣り上げました。(釣りの邪魔はしますが美味しいんです。小骨が多くて食べにくいですが・・・)しかし、ここで仕掛けを切られたからと言って凹んでいたらクロムツの数を伸ばす事はできません。

時刻は19:30。アタリがあり、高速巻き上げでバレてしまう事が多くなりました。どうやらアジが掛かってきているようです。アジは口が柔らかい為、高速巻き上げに耐えられず口が切れてしまうようです。

時刻は20:15。久しぶりにクロムツらしきアタリがあり、巻き上げてくると30cm程のクロムツです。そして、ここからクロムツが再び釣れ始め、船に活気が出てきました。

沖上がりが21:30でしたが、サバやアジもお構い無しでクーラーボックスに入れていた為、21:10にはクーラーボックスが満タンになり本日の釣りは終了。

 

詳細情報

釣行日 : 2018年12月26日

出船 : 16:00

帰港 : 22:10

水深 : 100m前後

釣れた魚 : クロムツ 21匹(最大39cm 625g、35cmオーバー×4匹、他は30cm前後)

潮回り:中潮

天気 : 曇り

風 : 弱風

海の状態 : 凪

外道 : アジ 4匹(最大38cm)、サバ 12匹(最大40cm)、スミヤキ 2匹(最大 50cm)

根掛かり : 無し

使用した仕掛けの数(オモリ含む) : 6個

 

今回使用したタックルです。

 

本日の釣果