スポンサーリンク

2018/6/23 こなや丸でシロギス釣り ~釣行記録~

2018年6月23日(土)梅雨真っ最中。昼過ぎから比較的強めの雨の予報でしたので、今日は雨が降る前の午前船でシロギス釣りへ行きたいと思います。

お世話になるのは、千葉県長浦港の「こなや丸」さんです。

雨の予報のせいか、最近そこそこ調子の良いシロギス船でしたが、乗船人数は7人と少なめです。

AM7:00出船

まずは港から10分位のポイントで釣りスタート。

 

まるで湖かと思うくらい、海はべた凪です。

船は、ほとんど揺れなかったため釣りはやりやすい状況でした。

 

餌のアオイソメです。こちらは朝、船長から配られたものになります。追加購入しなくても十分でした。

本日使用の仕掛けです。これは持参しました。

ここは大型のポイントらしく、アタリは少ないものの本日最大の23cmを含む2匹のシロギスをゲット!しかし、アタリが続かず早めに見切りをつけて移動となりました。

AM7:40移動

次の場所へ移動。ここは数が狙えるらしく、最初の場所より型は小さいものの、アタリは多く数は伸びました。

ほぼ無風で船が移動しなかった為、広範囲に探った方が良さそうです。

その後、小さな移動を数回し12時過ぎに帰港(少し延長してくれました)

水深は、あまり深いところを狙わなかったため、一日を通してオモリ15号のみの使用でした。

詳細

本日使用のタックルです。

 

オススメリール

ダイワ・シマノの場合、サイズ2500前後のスピニングリール

ダイワ:レブロス2506H、フリームスLT2500S-XH、セルテート2508PE など

シマノ:サハラ2500HGS、アルテグラ2500HGS、ツインパワー2500HGS など

※PE1号100mのオススメサイズです。150m巻く場合は、1サイズ大きなものにしてください。

 

オススメロッド

ダイワ:キス X M-160、アナリスターキス M-160、極鋭キス シリーズ など

シマノ:キス BB M180、リアランサーX キス シリーズ など

※人が沢山いる場合は1.5m前後の短めが扱いやすい。スピニングのバスロッドでも代用可能

 

オススメライン

PE0.8号~PE1.0号(トラブルを考慮して100m以上は必要)

船用のラインは10mごとに色分けされていますが、この釣りの場合、底を引きずって探る釣り方ですので、色分けされていないラインを使用しても問題はありません。

 

オモリ

今回は15号のみ(釣り場によってサイズが変わる可能性がある為、船宿で確認してください)

水深

6~12m

外道

小サバ、ホウボウ(外道は1割位)

釣果

30匹

その他

根がかりは無し(仕掛けを放置すると根がかりする可能性あり)

仕掛けは5組使用(主にオマツリで使用不能に・・・)

道糸とリーダーの結び方はFGノットを使用していますが、大物釣りではないので、どのノットでも大丈夫かと思います。FGノットは作成に時間がかかりますが、結び目が小さいので私はよく使用しています。

これだけは覚えておきたいライン(釣り糸)の結び方 ラインとライン編

 

少し慣れてくると、仕掛けを遠くへ飛ばしたと思い、いざ投げてみるとテンビンと仕掛けが絡んで上がってくる・・・しかもかなり高確率で。こんな時は、ロッドの反発力を使って投げるを意識してみて下さい。多少改善されるとおもいます。

奥は深いが初心者でも楽しめる釣り、それがシロギス釣り

船でのシロギス釣りは、あまり沖に出ることが無く、岸から近い浅場メインで釣りをしますので初心者の方や親子連れでも十分楽しめます。一番の問題は、餌の青イソメを触れるかどうかですけど・・・

私は以前、シロギスは砂浜や堤防から釣れるから、わざわざ船に乗る必要は無いと思っていました。しかし、船でシロギス釣りをやってみると、すごく楽しい。ショートロッドでアタリをダイレクトに感じることができるので、ブラックバスなどのルアー釣りに近いイメージを持ちました。

まだやった事のない方も、ぜひチャレンジしてください。